通知

マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

ブランド保護

AdSense の一般カテゴリをブロックする

コントロールを使用して、一般カテゴリの広告をブロックします #blockingcontrols #generalcategories

アパレル、インターネット、不動産、自動車などの一般カテゴリを指定して広告をブロックできます。一般カテゴリのブロック機能は、サイトの言語にかかわらず、一部の言語の広告でのみご利用いただけます。

広告のカテゴリは Google のシステムで自動的に分類されます。広告主から申告されたカテゴリのみから判断されるわけではありません。Google の技術により、指定されたカテゴリに属する広告は可能な限りブロックされますが、関連するすべての広告が完全にブロックされるという保証はありません。

最大 200 個の一般カテゴリをブロックできます。一般カテゴリとデリケートなカテゴリが一部で重複している場合もあります。

サイトで一般カテゴリをブロックする

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [ブランド保護] をクリックします。
  3. AdSense サービスをクリックします。たとえば、コンテンツ向け AdSense 広告の場合は [コンテンツ] をクリックします。
  4. [ブロックのコントロール] をクリックします。
  5. ブロックを設定するサイトの名前を入力し、[検索] をクリックします。
  6. [検索サイト] ダイアログでサイトの名前をクリックします。
    ヒント: 対象のサイトが表示されていない場合は、サイト管理機能を使用すればサイトを追加できます。
  7. [一般カテゴリを管理] をクリックします。
  8. [一般カテゴリ] ページの設定で、カテゴリの許可やブロックを行います。設定の変更は自動的に保存されます。

一般カテゴリをすべてのサイトでブロックする

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [ブランド保護] をクリックします。
  3. AdSense サービスをクリックします。たとえば、コンテンツ向け AdSense 広告の場合は [コンテンツ] をクリックします。
  4. [ブロックのコントロール] をクリックします。
  5. [一般カテゴリを管理] をクリックします。
  6. [一般カテゴリ] ページの設定で、カテゴリの許可やブロックを行います。設定の変更は自動的に保存されます。
: 一般カテゴリのページに表示される広告表示回数のパーセンテージは、合計しても 100% にならないことがあります。これは、同じ広告が複数のカテゴリに分類される場合や、どのカテゴリにも分類されない場合があるためです。

一般カテゴリのブロックでサポートされる言語

一般カテゴリのブロック機能は下記の言語でご利用いただけます。一般カテゴリをブロックすると、そのカテゴリの広告がサポート言語に該当する場合にブロックされます。

言語によっては、特定のカテゴリがご利用いただけない場合や、追加のカテゴリをご利用いただける場合もあります。詳しくは、下記の表をご覧ください。

サポートされている言語 例外:
中国語(簡体字) 該当なし
オランダ語 該当なし
英語 該当なし
フランス語
  • 減量補助食品
  • 確定拠出年金
  • インタレスト オンリー住宅ローン
ドイツ語
  • ペイデイローン、緊急融資
イタリア語
  • 無担保のクレジット、融資
  • 確定拠出年金
日本語
  • 銃、小火器
ポーランド語 該当なし
ポルトガル語
  • デビットカード、チェックカード
  • スプレッド ベッティング
  • 確定拠出年金
  • 住宅ローン借り換え
ロシア語 該当なし
スペイン語
  • 抵当権ローン
トルコ語 該当なし

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16493329779572932151
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
157