未閲覧インプレッション フィルタ

未閲覧インプレッション フィルタとは、機会は十分にあってもユーザーによる閲覧やクリックが発生していない Google ディスプレイ ネットワークの広告ユニットに広告が掲載されるのを回避できるようにする、広告主のための AdWords の機能です。AdSense をご利用のサイト運営者様のウェブサイト上の広告ユニットも、この機能の対象となります。

未閲覧インプレッション フィルタは、広告ができるだけ多くのユーザーに閲覧されることを望むブランド認知重視の広告主にも、Google ディスプレイ ネットワークの広告枠を有効に活用していただくことを目的としています。新規広告主の獲得や既存広告主の支払額増加につながるという意味で、サイト運営者様の収益増加にも寄与できる機能といえます。

AdSense からの収益を最大化するためには、広告を目立つ位置に掲載することをおすすめします。ユーザーが広告を確実に閲覧できる掲載位置の詳細については、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。