第三者配信による広告

AdSense が Google 認定の広告ネットワークと連携する仕組み

AdSense では Google 認定の複数の広告ネットワークから、広告ユニットに掲載する広告が選ばれます。収益管理と呼ばれる、Google アド マネージャーのこの新しい機能は、サイトに掲載される広告 1 つひとつに最大限の利益をもたらすのに役立ちます。広告ネットワークが大きくなって競争率が増せば、Google 広告の落札単価か他の広告ネットワークの落札単価かに関係なく、あらゆる広告ユニットに最大限の利益をもたらすことができます。

詳細は次のとおりです。

  • Google 認定の広告ネットワークでは、カテゴリ ターゲット、プレースメント ターゲット、リマーケティングの広告がページの掲載対象となるため、広告ユニットに対する競合率が増し、所有する広告枠の価値が高まります。
  • 広告レビュー センターの管理機能を使って、Google 認定の広告ネットワークによる広告枠入札から簡単にオプトアウトできます。
  • Google 認定の広告ネットワークが Google AdSense 利用者のサイトに広告を掲載するには、Google 広告のポリシーに準拠していなければなりません。それにより、以前のままの品質が保証されます。さらに、広告主が AdSense 広告枠を使用するには、サードパーティの広告配信基準に準拠していることが要件となります。
  • Google 認定のすべての広告ネットワークは、標準の Google 広告フォーマット ポリシーに準拠している必要があります。
  • [レポート] ページの広告ネットワーク レポートで、Google 認定の広告ネットワークから生成されたインプレッション数、クリック数、収益額を確認できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。