検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

広告掲載に関するポリシー

AdSense 広告コードの修正

AdSense ポリシーは、AdSense コードを改変して広告の掲載結果を偽装したり、広告主様のコンバージョンを阻害したりすることを禁止しています。AdSense アカウントでは広告コードを生成する際にさまざまなオプションを提供しており、サイトのデザインに合った広告のレイアウトを設定していただけます。一般的には、この広告コードをそのままコピーして貼り付けることをおすすめしますが、ユーザー エクスペリエンスの向上のために、コードの改変が不可欠になる場合もあります。

禁止されているコードの改変方法

AdSense コードを以下の方法で改変することは禁止されています。

  • display:none などを使用して広告ユニットを隠す(ただし、レスポンシブ広告ユニットを実装している場合を除く
  • コンテンツが隠れてしまうような方法、またはコンテンツが広告を覆い隠すような方法で AdSense 広告コードを設定する
  • モバイルサイトやレスポンシブ デザインのサイトでコンテンツと広告が重なるような方法で広告ユニットを配置する
  • 非表示キーワード、iframe、その他の方法を使用して広告のターゲット設定を操作する
  • メールやソフトウェアで広告を配信する
  • 広告の配信方法や表示方法を操作して不当に注目を集める(画面内にスライドイン表示される広告、ズームイン / ズームアウトされる広告など)
  • ユーザーがモバイル ウェブページでドラッグ操作を行ったときに広告クリックを発生させる

改変が許可される場合

AdSense コードについて、許可される改変方法は次のとおりです。

レスポンシブ デザイン

新しい非同期広告コードを使用すると、CSS またはメディアクエリ(オプション)を使って、レスポンシブ デザインを採り入れたサイトに合わせて広告のサイズを設定できます。詳しくは、レスポンシブ広告ユニットの使用方法をご覧ください。

A/B テスト

AdSense のテストを実施すると、広告ユニットの広告タイプやテキスト広告のスタイル設定をいろいろなパターンで試して、掲載結果を比較できます。これにより、データに基づいて広告ユニットの設定の善し悪しを判断できるため、収益の増加につながりやすくなります。詳細については、テストについてをご覧ください。

A/B テストの設定をより細かく指定する場合は、次のコード スニペットをご覧ください。

  • 同期広告コード:
    <script type="text/javascript">
        var random_number = Math.random();
        google_ad_client = "ca-publisher-id";
        google_ad_width = 728;
        google_ad_height = 90;

        if (random_number < .5){
            google_ad_slot = "1234567890";
        } else {
            google_ad_slot = "2345678901";
        }

    </script>
    <script type="text/javascript"
        src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
    </script>
  • 非同期広告コード:
    <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
        data-ad-client="ca-publisher-id">
    </ins>
    <script>
        if (Math.random() < .5) {
          mySlotId = '1234567890';
        } else {
          mySlotId = '2345678901';
        }
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
          params: { google_ad_slot: mySlotId }
        });
    </script>
動的にカスタム チャネルを設定する
  • 同期広告コード:
    <script type="text/javascript">
        var channel_condition = object.booleanMethod();
        google_ad_client = "ca-publisher-id";
        google_ad_slot = "1234567890";
        google_ad_width = 728;
        google_ad_height = 90;
        if (channel_condition){
            google_ad_channel = "123457789";
        } else {
            google_ad_channel = "263477489";
        }

    </script>
    <script type="text/javascript"
        src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
    </script>
  • 非同期広告コード:
    <script async src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/adsbygoogle.js">
    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
        data-ad-client="ca-publisher-id"
        data-ad-slot="1234567890">
    </ins>
    <script>
        channel_condition = object.booleanMethod();
        if (channel_condition) {
          my_google_ad_channel = '123457789';
        }
        else {
          my_google_ad_channel = '263477489';
        }
        (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
          params: { google_ad_channel: my_google_ad_channel}
        });
    </script>
広告タグを最小化
  • 同期広告コード:
    <script type="text/javascript">
        google_ad_client = "ca-publisher-id";
        google_ad_slot = "1234567890";
        google_ad_width = 728;google_ad_height = 90;
    </script>
    <script type="text/javascript"
        src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
    </script>
  • 非同期広告コード:
    <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
    <ins class="adsbygoogle"
        style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
        data-ad-client="ca-publisher-id"
        data-ad-slot="1234567890"></ins>
    <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>

検索向け AdSense の広告コードに対して許可される改変方法の詳細については、検索向け AdSense のポリシーをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。