収益化と広告

アカウントを良好な状態に維持する方法

アカウントを良好な状態に維持する方法や無効なクリックについてご不明な点がありましたら、まずはこちらの記事をお読みください。サイト運営者様にとって一般的な問題や懸念事項について説明します。

ヒント: 質問の回答が見つからない場合は、AdSense ヘルプ フォーラムをお試しください。

ご自身のサイトに表示された広告を誤ってクリックした場合

サイト運営者様がご自身の広告を故意にクリックすることは許可されませんが、誤ってクリックするケースは十分に考えられます。このため、こうしたケースでは特に Google までご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたすべてのクリックやインプレッションに対する収益は、アカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。

無効なクリックの発生に気付いた場合にアカウントを保護する方法

サイトのユーザーによる無効なクリックが疑われる場合は、サイトのログで疑わしいアクティビティを確認して、その情報を Google までお知らせいただくことをおすすめします。なお、こうした情報は問題解決に役立てさせていただきますが、AdSense の利用規約に記載されているとおり、Google は独自の裁量で無効なトラフィックを判別します。サイトのトラフィックの監視方法については、Google 検索で次の語句を検索してみてください。

  • ウェブマスター リソース
  • ウェブサイトのトラッキングとログ
  • サイト トラフィック分析

また、アカウントを良好な状態に保つためのヒントとガイドラインもご覧ください。

最後に、アカウントの状態は Google で細部まで監視しているため、有効と見なされたクリックおよびインプレッションの収益についてはこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

無効なインプレッションを発生させずにご自身のサイトを閲覧する

無効なインプレッションを発生させなければ、ご自身のウェブページを自由に閲覧していただけます。ご自身のページを表示するだけで AdSense アカウントに問題が生じることはありませんが、広告をクリックしたりページの再読み込みを過度に繰り返したりすることは避けてください。Google では、無効なクリックやインプレッションに関する問題を深刻に受け止めており、自動監視システムの他に専門のスペシャリスト チームを編成し、不正な操作の検出と確認を行っています。

ご自身やサイトのユーザーの IP アドレスのブロックについて

IP アドレスはさまざまなソースから割り当て可能であり、IP アドレスをブロックすると有効なクリックもブロックされることが考えられるため、Google ではサイト運営者様から提供された IP アドレスをブロックすることはできません。

他のユーザーと同じ IP アドレスを使用している場合

他のユーザーと同じパソコンや IP アドレスが使われる場合があることは Google でも認識しています。クリック操作を監視する方法について情報を公開することはできませんが、Google ではサイト運営者様と広告主様の双方の利益を保護するため、Google 広告のクリックとインプレッションを継続的に監視して、AdSense プログラムの不正使用を防いでおります。アカウントの状態は Google で詳細に監視されており、有効と見なされたすべてのクリックとインプレッションに対する収益がアカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。

サイトでトラフィックの急増が見込まれる場合の報告の必要性

サイトのトラフィックがさまざまな理由で急増する場合があることは Google でも認識しております。しかし、Google では AdSense プログラムの不正使用を防ぐため、Google 広告のすべてのクリックとインプレッションを継続的に監視しているため、トラフィックの急激な変化をご連絡いただく必要はありません。アカウントの状態は Google で詳細に監視されており、有効と見なされたすべてのクリックとインプレッションに対する収益がアカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。

レポートに広告のクリックが記録されていても収益が発生していない場合

このような場合、アカウントで発生したクリックとインプレッションの一部が、Google の監視システムで無効と見なされた可能性があります。Google ではサイト運営者様と広告主様の双方の利益を保護するため、Google 広告のクリックを監視し、AdSense プログラムの不正使用を防いでおります。その一環として、Google 独自の技術により、広告のクリックをすべて分析し、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる不正なクリック操作が発生しないよう検証しています。監視システムにより無効と判断されたクリックも、レポートに集計されます。

ただし、広告主様は無効と見なされたクリックに対しては課金されないため、該当するクリックに対する収益も発生しません。このため、収益につながらないクリックが発生することがあります。有効と見なされたすべてのクリックに対する収益は、アカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。

ご自身のサイトの検索向け AdSense ボックスを使用して検索する

サイトに設置した検索向け AdSense ボックスをご自身で使用することは避けてください。検索向け AdSense のご利用は、ご自身の広告を誤ってクリックする危険性を高めるだけでなく、ページへのトラフィックが適切にレポートに反映されない事態を招きます。

ご自身で検索される場合は、Google.co.jp をご利用いただくか、Windows で Internet Explorer か Firefox をお使いの場合は Google ツールバーをご利用になることをおすすめします。Google ツールバーを使用すると、ブラウザ内で簡単に検索ができるだけでなく、Google サービスへのさまざまなショートカットもご利用いただけます。詳しくは Google ツールバーのウェブサイトをご覧ください。

ご自身のサイトで動画広告を再生する

ご自身のサイトに掲載される動画広告については、再生ボタンをクリックして視聴しても問題ありません。再生ボタンをクリックしただけではクリックとしてカウントされず、表示 URL や再生中の動画をクリックして広告主様のサイトにアクセスした場合にのみクリックとしてカウントされます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。