このたび、Your AdSense Page をリリースしました。お客様のアカウントについてカスタマイズされた情報を確認して、AdSense での成果向上にお役立ていただけます。

広告ユニット

data-ad-status パラメータを使用して、広告未配信の広告ユニットを非表示にする

広告リクエストが行われると AdSense 広告ユニットが更新され、広告ユニットに広告クリエイティブが配信されたか、または未配信かが表示されます。広告未配信の広告ユニットの割合は、AdSense レポートの平均一致率で確認できます。

広告ユニットで広告のリクエストが完了すると、AdSense では data-ad-status というパラメータを <ins> 要素に追加します。注: data-ad-status を、広告処理のために広告コードによって使用される data-adsbygoogle-status と混同しないようにしてください。

このパラメータは、広告が返されたかどうかに応じて次のいずれかに更新されます。

data-ad-status="filled" 広告が広告ユニットに返され、現在表示されています。
data-ad-status="unfilled" 広告が返されず、広告ユニットが空です。

広告未配信の広告ユニットに関する AdSense の対応

AdSense の広告ユニットに広告が配信されない場合、その広告ユニットが折りたたまれるか、空白スペースが表示されます。広告が折りたたまれるのはページのリフローが発生しない場合のみです。つまり、ビューポートの外にある広告ユニットのみが折りたたまれることになります。広告が配信されない他のすべての広告ユニットについては、広告ユニットのサイズが保持され、代わりに空白スペースが表示されます。

広告未配信の広告ユニットを非表示にする方法

高度なコンテンツ(上級ユーザー向け)CSS または JavaScript を使用して、この動作を拡張できます。たとえば、広告未配信の広告ユニットをすべて非表示にする場合は、CSS で「display: none !important;」スタイルを要素に適用します。

例 1: CSS を使用して広告未配信の広告ユニットを非表示にする

ページに以下の CSS スタイルを追加して、広告未配信の広告ユニットを自動的に非表示にできます。

HTML
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-1234567890"
     data-ad-slot="1234567890"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
CSS
ins.adsbygoogle[data-ad-status="unfilled"] {
    display: none !important;
}

例 2: 広告ユニットに広告が未配信の場合にのみ画像を表示する

広告ユニットに広告が表示されない場合、代わりに自社広告を表示するように指定できます。

HTML
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pub-1234567890"
     data-ad-slot="1234567890">
    <a href="/page"><img src="/backup.jpg" width="300px" height="250px"></a>
</ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
CSS
ins.adsbygoogle a {
    display: none !important;
}
ins.adsbygoogle[data-ad-status="unfilled"] a {
    display: block;
}

別の方法として、JavaScript を使用してページを更新する場合は、MutationObserver を使用して data-ad-status パラメータの変更を検出し、その変更内容に基づいて JavaScript コードを実行できます。

制限事項

data-ad-status パラメータは、最前面ウィンドウに存在する広告ユニットにのみ追加されます。つまり、クロスドメイン ウィンドウ経由で配信されている広告ユニットの場合、data-ad-status パラメータは広告ユニットに追加されません。

また、AdSense 広告ユニットを最初は非表示にして、data-ad-status パラメータの変更時に表示できるようにすることはおすすめしません。広告ユニットがページに最初に表示されていない場合、その広告ユニットの広告リクエストが実行されないことがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
' data-mime-type=
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
157
false