表示される広告の管理

表示される広告の利便性を高めたり、より関連性の高い広告が表示されるようにしたりできます。Google 広告は次のような場所に表示されます。

  • Google サービス(検索、YouTube など)
  • Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイトやアプリ

自分の興味や関心、個人情報を編集する

  1. 広告設定ページに移動します。
  2. ログインしていない場合は、右上の [ログイン] をクリックします。手順に沿って操作します。
  3. [広告のカスタマイズ] が無効になっている場合は、有効にします。
  4. 必要な設定を編集します。
    • [好みのトピック] や [好みではないトピック] で、トピックを追加または削除します。
    • [リマインダー広告] で、すでに見た広告主やアクセスしたウェブサイトを削除します。削除すると、関連する広告が少なくとも 90 日間は非表示になります。
    • [プロフィール] で、性別や年齢を更新します。この情報を編集すると、Google アカウント全体に反映されます。

カスタマイズされた広告を表示したくない場合は、[広告のカスタマイズ] を無効にします。詳しくは、カスタマイズされた広告の停止についての記事をご覧ください。

すべてのプラットフォームで広告表示設定を適用する

設定に応じた広告を表示するには、すべての端末でアカウントにログインします。

端末で

端末に Google アカウントを追加する方法についての記事をご覧ください。

ブラウザで

  1. Android 搭載のスマートフォンかタブレットで、Chrome や Firefox などのブラウザを開きます。
  2. google.com にアクセスします。
  3. ログインしていない場合は、右上の [ログイン] をタップします。手順に沿って操作します。

広告設定の仕組み

すべての Google アカウントには固有の広告設定があります。複数のアカウントをお持ちの場合、広告設定はアカウントごとに固有のものとなります。広告設定は Google アカウントにログインしている場合に保存されます。

ログインしている場合、お使いの Google アカウントのアクティビティと情報に基づいて広告がカスタマイズされます。マイ アクティビティで自分のアクティビティを表示、編集できます。

ログインしていない場合、広告設定は端末やブラウザに保存されます。ブラウザの Cookie を削除した場合や、新しい端末を入手した場合、広告 ID をリセットした場合などには、広告設定は引き継がれません。

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。