検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告設定について

広告設定を使って有用な Google 広告を表示するための基準となる情報を管理し、広告表示をパーソナライズすることができます。

この設定でできること

  • 表示される広告の有用性を高める: 広告のパーソナライズを有効にすると、Google の各種サービスはもちろん、Google と提携して広告を掲載している 200 万以上のウェブサイトやアプリでも、より的確な広告が表示されるようになります。また、パーソナライズド広告をまったく表示しないように設定することも可能です。この場合、広告自体は引き続き表示されますが、パーソナライズド広告ほどユーザーに合った内容ではなくなります。
  • 広告の表示基準となる情報を管理する: 広告設定では、見たい広告のトピックを自分で指定したり、広告の表示基準となる自分の情報(年齢や性別など)を確認したりすることができます。なお、現時点ではトピック指定が有効なのは YouTube のみですので、あらかじめご了承ください。
  • 表示された広告の選定基準を調べる: 広告設定では、ユーザーの年齢や性別、関心分野など、広告表示の基準となっている情報を確認することができます。
  • ブロックされた広告を確認する: Google のサービスで表示をブロックした広告を確認できます。

広告設定を開く

設定項目

広告設定には、主に 3 つの設定項目があります。

  • Google アカウントにログインしている場合
    • 広告のパーソナライズ
  • Google アカウントにログインしていない場合
    • ウェブ全体での広告のパーソナライズ
    • Google 検索での広告のパーソナライズ

広告のパーソナライズ

Google が広告を表示する場は多岐にわたりますが、大きく分けると 2 種類あります。

  • Google のサービス(例: Google 検索、YouTube)
  • Google と提携して広告を表示している 200 万以上の(Google のものでない)ウェブサイトやアプリ

広告のパーソナライズによって表示が調整されるのは、Google アカウントにログインしているときに表示される Google 広告です。ユーザーがログインしていることが認識できさえすれば、ブラウザやデバイスを問わず同じ設定が適用されます。仕組みは次のとおりです。

  • 広告のパーソナライズを有効にしている場合: ユーザーの Google アカウントに保存されている情報をもとに、Google のサービスだけでなく、Google と提携して広告を表示しているウェブサイトやアプリでも広告がパーソナライズされます。
  • 広告のパーソナライズを無効にしている場合: ユーザー情報に基づく広告のパーソナライズは行われません。ただし、閲覧中のウェブサイトやアプリのコンテンツ、現在地といった情報は広告の表示基準として使用されます。

広告のパーソナライズを有効にしている場合、その下のチェックボックスをオンにすると、Google アカウントに記録されたアクティビティや情報も、広告表示の精度向上に使用されます。この設定は、Google と提携している 200 万以上のウェブサイトやアプリでの広告表示に反映されます。追加アクティビティを使用する設定にした場合、次のような動作になります。

  1. Google と提携している多数のウェブサイトやアプリ(Google の広告を表示しているものを含む)での閲覧データが Google アカウントに記録されます。
  2. そのデータは他のデータとともに、ユーザーのアクティビティ管理の設定内容に沿って Google アカウントに保存されます。
  3. Google アカウントに保存されたアクティビティをもとに、各ウェブサイトやアプリでより的確な広告が表示されるようになり、Google の各種サービスの品質も向上します。

アカウントのタイプまたはアカウント設定によっては、このチェックボックスが表示されない場合があります。たとえば、次の場合にチェックボックスが表示されないことがあります。

  1. Google Apps for Work(Google for Education を含む)を使用している。
  2. 現在、[広告のカスタマイズ] または [ウェブとアプリのアクティビティ] の設定がオフになっている。

チェックボックスが表示されない場合は、この設定が有効になっていません。Google が提携関係にある 200 万以上のウェブサイトとアプリでの広告掲載を改善するために、Google アカウントのアクティビティと情報を利用することはありません。

ウェブ全体での広告のパーソナライズ

ウェブ全体での広告のパーソナライズは、Google アカウントにログインせずに Google 以外のウェブサイトやアプリを使用しているときの Google 広告の表示をコントロールする設定です。Google の提携先のウェブサイトやアプリでの閲覧データが、それらのサイトやアプリでの広告表示に反映されます。

Google 検索での広告のパーソナライズ

Google 検索での広告のパーソナライズは、Google アカウントにログインせずに Google 検索を利用しているときの広告の表示をコントロールする設定です。Google 検索でのアクティビティ(たとえば検索履歴)が、Google 検索での広告表示に反映されます。

広告設定の適用先

広告のパーソナライズ

広告のパーソナライズの設定は、Google アカウントにログインしているすべてのブラウザと端末に反映されます。次の点にご注意ください。

Google へのログインに複数のアカウントを使用している場合
それぞれの Google アカウントに個別の広告設定があります。複数のアカウントを使用している場合は、それぞれのアカウントで設定が必要です。Google と連携して広告を表示しているウェブサイトやアプリの閲覧データは、Google にログインした際にブラウザまたは端末で最初に使用したアカウントに保存される場合があります。詳細

複数の端末やサービスで Google を利用している場合
ユーザーは、さまざまなメーカーの端末やサービスを組み合わせて Google のサービスを利用しているため、利用者が同一であることを確実に検出することはできません。

H さんは iPhone で Chrome アプリとソーシャル メディア アプリを利用しています。Chrome アプリは Google アカウントにログインした状態になっているため、Chrome で表示される広告には広告設定が反映されます。一方、アプリ内でブラウザが開くタイプのソーシャル メディア アプリでリンクをクリックした場合、Google の広告設定は反映されません。

広告設定をなるべく幅広く適用させるには、次のポイントをご確認ください。

iOS
  • Google が iOS に提供しているアプリ(Google アプリなど)をインストールし、少なくとも 1 つのアプリでは Google にログインしておくようにします。
  • Safari で Google アカウントにログインしておくようにします。ログイン状態を確認するには、Safari を開いて www.google.co.jp にアクセスします。画面右上に自分の情報(名前、メールアドレス、名前の頭文字の画像など)が表示されていれば、アカウントにログインしていることになります。iOS で他のブラウザを使用している場合も、同様の手順でログイン状態を確認できます。
Android
  • 主に使用しているブラウザで Google アカウントにログインしておくようにします。ログイン状態を確認するには、そのブラウザで www.google.co.jp にアクセスします。画面右上に自分の情報(名前、メールアドレス、名前の頭文字の画像など)が表示されていれば、アカウントにログインしていることになります。
  • Play ストアで Google アカウントにログインしておくようにします。ログイン状態を確認するには、Play ストアアプリを開き、三本線のメニュー アイコンをクリックします。画面上部に自分の情報が表示されていれば、アカウントにログインしていることになります。
モバイル端末のアプリ内のブラウザ

多くのアプリでは、普段使用しているウェブブラウザではなく、アプリ内で直接ウェブサイトを閲覧できるようになっています。こういったアプリでウェブサイトを閲覧する場合、基本的に広告設定を適用することはできません。

また、こういったアプリでウェブを閲覧する際は十分に注意してください。アプリ経由でアクセスしたウェブサイトでパスワードを入力するのは危険かもしれません(URL が表示されない場合は特に注意が必要です)。

デスクトップ PC やノート パソコン のブラウザ
  • Google アカウントにログインしておくようにします。ログイン状態を確認するには www.google.co.jp にアクセスします。画面右上に自分の情報(名前、メールアドレス、名前の頭文字の画像など)が表示されていれば、アカウントにログインしていることになります。
Cookie を無効にするブラウザ
Google は広告のパーソナライズや広告設定の検出など、さまざまな目的のために cookie を使用しています。お使いのブラウザが cookie を無効にする設定になっている場合、Google アカウントへのログイン時に広告設定の検出ができないことがあります。

 

ウェブ全体での広告のパーソナライズ

ウェブ全体での広告のパーソナライズは、Google アカウントにログインしていないときのエクスペリエンスを制御する設定のため、そのときに使用しているブラウザや端末にしか反映されません。

Google 検索での広告のパーソナライズ

Google 検索での広告のパーソナライズは、Google アカウントにログインしていないときのエクスペリエンスを制御する設定のため、そのときに使用しているブラウザや端末にしか反映されません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。