検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

不要な広告を削除する

広告を一切表示しないようにすることはできませんが、一部の不要な広告を削除することは可能です。Google 検索、Google マップ、YouTube、および Gmail では、特定の広告主の広告をブロックできます。また、Google と提携して広告を表示しているウェブサイトやアプリでは、表示したくない広告を「ミュート」状態にできる場合もあります。

特定の広告主のブロック

Google 検索、Google マップ、YouTube、および Gmail では、Google アカウントにログイン中であれば、特定の広告主の広告をブロックすることができます。広告をブロックする手順は次のとおりです。

Google 検索の場合

  1. パソコンの場合は URL の横にある下向きの三角形のアイコンをクリック、モバイルでは一連の広告の横にある をタップします。
  2. この広告について」ページをクリックまたはタップします。
  3. [この広告主をブロック] をクリックまたはタップします。

YouTube の場合

  1. クリックまたはタップします。
  2. [この広告の表示を停止] をクリックまたはタップします。

Gmail の場合

  1. 広告の横にある をクリックまたはタップします。
  2. [同様の広告を管理] をクリックまたはタップします。
  3. [この広告主をブロック] をクリックまたはタップします。

広告主をブロックすると、その広告主のウェブサイトにリンク先が設定されている広告がブロックされます。ただし、宣伝対象のウェブサイトが複数ある広告主の場合は、それらのウェブサイトをすべてブロックしない限り、同じ広告主の広告が引き続き表示されることもあります。

複数の端末やブラウザをご使用の場合は、広告主をブロックする際に Google アカウントにログインしておけば、他の端末やブラウザでも(ログインしている限り)同じ設定が適用されます。

表示したくない広告のミュート

Google と提携して広告を表示しているウェブサイトやアプリで目にしたくない広告がある場合、「ミュート」することで表示を抑制できる場合があります。広告をミュートすると、その広告はあなたに表示されなくなります。また、同じ広告主が購入したその広告とよく似た他の広告や、同じ広告主の同じウェブ URL(ウェブサイトのドメインまたは特定のページ)を使用する他の広告も表示されなくなります。たとえば example.com というサイトが掲載している広告をミュートした場合、同じドメイン(example.com)の広告がすべてミュートされるため、そのドメイン内の個別のページ(example.com/hikingboots や example.com/climbinggear など)の広告もミュートされます。

Google アカウントにログイン中で、広告のパーソナライズを有効にされている場合、ミュート設定はログイン中の他の端末にも可能な限り適用されます。広告のパーソナライズを無効にしていても広告をミュートできる場合はありますが、ミュート機能を十分に活用するには広告のパーソナライズを有効にしてください。

広告をミュートする方法:

  1. ミュートしたい広告の上部隅にある [×] をクリックまたはタップします。
  2. [この広告の表示を停止] をクリックまたはタップします。このオプションは、プルダウン メニュー内に表示される場合と、ボタンで表示される場合があります。

注: Google が [この広告の表示を停止] オプションを提供できないケースもあります。この場合、代わりに [問題がある広告として報告] というオプションが表示されます。

ミュートした広告が依然として表示される場合もあります。たとえば、ブラウザの Cookie がクリアされた場合や Google ディスプレイ ネットワーク以外のサイトを訪れている場合、広告主が同じ広告を別の代理店経由で表示している場合、ご利用の端末で Google へのログインが認められない場合、広告のコンテンツではなく広告の位置について問題を報告するための [広告が邪魔] を選択された場合などが挙げられます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。