メディエーション

Open Bidding に対応している広告ソース(ベータ版)

この機能は現在、ベータ版でのみ公開されています。

現在 Open Bidding に対応している広告ソースについては、次の表で詳細をご確認ください。Open Bidding でご利用可能な広告ソースは、今後も増やしてまいります。

: Open Bidding 広告ソースをご利用の際は、お客様の AdMob アカウントからの広告リクエストをその広告ソースで受け付けられるように、事前に相手とパートナーシップを結んでください。ほとんどの場合は、その広告ソースのウェブサイトでアカウントを作成すればパートナーシップが成立します。

どの広告ソースでも、Open Bidding の広告リクエストを受け付ける前に契約を結ぶことが求められます。Open Bidding 広告ソースの連絡先情報については、下の表をご覧ください。

すべてのパブリッシャー様が利用可能な広告ソース

次に記載された広告ソースを使用するには、事前にその広告ソースとパートナーシップを結ぶ必要があります。そのうえで、その広告ソースをメディエーション グループに追加して、Open Bidding を開始します。

なお、お客様の広告リクエストに入札するかどうかは、広告ソースが独自の見解に基づいて判断できます。つまり、その広告ソースが関心を持たないトラフィックについては、入札が行われない可能性があります。Open Bidding における広告ソースの詳しいパフォーマンスについては、各広告ソースにお問い合わせください。

広告ソース サードパーティ SDK の必要性 パートナーシップ情報 その他の情報
AdColony 必要 AdColony アカウントを申し込み、Google Developers に記載された手順(Android 向けiOS 向け)を行います。 問題点や不明点については、AdColony アカウント マネージャーにお問い合わせください。
Ad Generation 不要

Ad Generation アカウントが必要です。

こちらのフォームにご記入ください。3 日以内にアカウント担当者よりご連絡いたします。

Ad Generation で現在サポートされているのは日本国内のアプリのみです。

詳しくは、同社のサイトをご覧になるか、AdGeneration アカウント担当者にお問い合わせください。
AppLovin 必要 AppLovin アカウントを申し込みます。既存のお客様は、Google のドキュメント(Android 向け、iOS 向け)に記載された手順で Open Bidding を有効にできます。 AppLovin アカウント マネージャーか AppLovin サポートまでお問い合わせください。
Chocolate Platform 不要 まずはオンボーディング フォームにご記入ください。 --
Facebook Audience Network 必要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細 設定に問題があった場合は、Facebook Audience Network アカウントを直接お申し込みください。
Fluct 不要 この申請書を送って、Open Bidding のオンボーディング プロセスを開始します。 Fluct が申請書を受け取ると、確認メールが届きます。パブリッシャー様の組み込みが確認されると、Fluct で入札が始まります。
Improve Digital 不要 こちらのフォームをお送りください。 --
Index Exchange 不要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細 --
Media.net 不要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細 Media.net から承認されると、Media.net のアカウント管理専任チームから組み込み開始のサポートがあります。
Mobfox 不要 まずはこちらのフォームにご記入ください。 このフォームをお送りいただいた後に、メディア営業担当者からご連絡いたします。
OpenX 不要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細 --
PubMatic 不要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細

PubMatic のよくある質問をご覧ください。

Rubicon(Magnite) 不要 AdMob アカウントでパートナーシップを直接設定できます。詳細 開始日や ads.txt 情報などの重要な点に関するよくある質問については、よくある質問の回答をご覧ください。
Sharethrough 不要 まずはこちらのフォームにご記入ください。 Sharethrough の連絡担当者は、契約が完了した後に決まります。
Smaato 不要 まずはこちらのフォームにご記入ください。

このフォームをお送りいただいた後に、Smaato の担当者からご連絡いたします。

Smart Ad Server 不要 まずはこちらのフォームにご記入ください。 --
Sonobi 不要 このフォームを送信していただきましたら、クライアント サービスの担当者より追ってご連絡いたします。 --
Tapjoy 必要 Tapjoy のダッシュボードでアカウントを作成し、サポートページの手順に沿ってお手続きください。 SDK アダプタの詳細については、AdMob デベロッパー サイト(Android 向けiOS 向け)をご覧ください。
Yieldmo 不要 オンボーディング申請書をお送りください。 --
YieldOne 不要 まずはこちらのフォームにご記入ください。 すでに YieldOne をご利用の場合は、担当の PlatformOne アカウント マネージャーにお問い合わせください。YieldOne は日本語メディアのみをサポートしています。ご利用の詳細と要件については、YieldOne の申し込みページの利用規約をご覧ください。

有効化の前に追加の手順が必要な広告ソース

: 現在のところ、次に示す Open Bidding 広告ソースは独自の条件に基づいて、ベータ版をご利用の一部のパブリッシャー様に対象者を限定しています。

次に示す広告ソースのいずれかを使用するには、Google アカウント マネージャーにその旨をご連絡のうえ、その広告ソースとパートナーシップを結ぶ必要があります。パートナーシップを結ぶ手続きは、相手の広告ソースのウェブサイトでアカウントを作成するだけで完了します。詳しくは、Google アカウント マネージャーにお問い合わせください。

広告ソース サードパーティ SDK の必要性
Triplelift 不要
UnrulyX 不要
Open Bidding で利用できる広告ソースとその要件について詳しくは、Google Developers のガイド(Android 向けiOS 向け)をご覧ください。

Open Bidding のご利用にあたって

Open Bidding には Google のアプリ プラットフォームの機能ポリシーが適用されます。Open Bidding を有効にする前に、AdMob の行動ポリシーをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。