通知

改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

パブリッシャー様による IAB ヨーロッパの TCF の統合

IAB ヨーロッパの TCF を組み込むためには、IAB TCF 登録済みの CMP をアプリに実装する必要があります。CMP が作成、送信する TC(Transparency & Consent: 透明性と同意)文字列を、Google の SDK が受け取って使用します。

: アプリで IAB ヨーロッパの TCF の機能を利用するには、Google Mobile Ads SDK(Android の場合は v19.0.0 以降、iOS の場合は v7.60.0 以降)をインストールする必要があります。

Google による目的 1(デバイスに情報を保存する、またはデバイスに保存した情報にアクセスする)の実施に対して同意が得られていない場合、Google の広告タグを呼び出すべきではありません

一般的なガイダンス

IAB ヨーロッパの TCF 登録済みの CMP をアプリに実装している場合、AdMob では CMP の TC 文字列が自動的に使用されます。

: IAB TCF 登録済みの CMP で CMP ベンダーを選択すると、EU ユーザーの同意設定で選択した広告技術プロバイダがオーバーライドされます。これは、EU ユーザーの同意設定で EEA、英国、スイスのすべてのユーザーに非パーソナライズド広告を配信するよう選択している場合も適用されます。

広告リクエストで非パーソナライズド広告を設定した場合、その内容と、TC 文字列で示される同意が確認され、最も厳格な設定が適用されます。

  • TC 文字列をタグに渡す場合: GPT、GPT パスバック、AdSense、Ad Exchange のタグは、IAB CMP と自動通信を行って TC 文字列を AdMob に転送します。パブリッシャー様による設定は必要ありません。IMA SDK と Mobile Ads SDK では、ローカル ストレージにある TC 文字列が自動的に取得、解析、適用されます。その他の種類のタグについては、シグナル(gdpr={0,1} および gdpr_consent={tc string})を手動で受け渡す必要があります。
  • TC 文字列をプログラマティックに渡す場合: IAB TC 文字列は Google のプログラマティック チャネルに自動的に渡されます。パブリッシャー様による設定は必要ありません。
  • TC 文字列をプログラマティック以外のクリエイティブに渡す場合: TC 文字列が正しく使用されるためには、クリエイティブで追加の設定を行う必要があるかどうかを、クリエイティブの提供元に確認します。AdMob は IAB TCF マクロ(GDPR および GDPR_CONSENT_XXXX)に対応しているため、必要に応じて他のクリエイティブ ベンダーに TC 文字列を手動で渡すことができます。
  • TC 文字列をメディエーション パートナーに渡す場合: IAB TC 文字列は、デバイスのローカル ストレージ(iOS の場合は NSUserDefaults、Android の場合は SharedPreferences)から取得できます。メディエーション ウォーターフォール リクエストが呼び出されたときは、すべてのメディエーション パートナーがこの TC 文字列にアクセスして取得、解析、適用できます。

要件: パーソナライズド広告と非パーソナライズド広告

Google の相互運用に関するガイドラインは、Google の既存のポリシー要件、特に Google の EU ユーザーの同意ポリシーと、本人確認を目的としたフィンガープリントの使用に関する Google のポリシー(たとえば、第三者広告配信に関する要件に含まれるポリシー)を反映させるために設けられたものです。Google のポリシーは今後も引き続き適用され、場合によっては IAB ヨーロッパの TCF に関するポリシーより厳格な制限事項が適用されることがあります。

パブリッシャー様は、IAB ヨーロッパの TCF で使用するベンダーの登録設定を確認する必要があります。特に CMP で Google をベンダーとして登録する場合は、次の要件が適用されます。

パーソナライズド広告の配信要件

次の条件がすべて満たされていれば、パーソナライズド広告が配信されます。

  • Google が次の行為をとることにエンドユーザーが同意していること。
    • デバイスに情報を保存またはアクセスする(目的 1)
    • パーソナライズド広告のプロファイルを作成する(目的 3)
    • パーソナライズド広告を選択する(目的 4)
  • Google が行う以下の行為について、正当な利益が確立されていること(または、パブリッシャー様が CMP で同意を取得するよう指定している場合は同意が得られていること)。
    • 基本的な広告を選択する(目的 2)
    • 広告のパフォーマンスを測定する(目的 7)
    • マーケット リサーチを適用してオーディエンス分析を生成する(目的 9)
    • 商品の開発と改善を行う(目的 10)

非パーソナライズド広告の配信要件

パーソナライズド広告の同意要件が満たされていない場合、次の条件がすべて満たされていれば、非パーソナライズド広告が配信されます。

  • Google が次の行為をとることにエンドユーザーが同意していること。
    • デバイスに情報を保存またはアクセスする(目的 1)
  • Google が行う以下の行為について、正当な利益が確立されていること(または、パブリッシャー様が CMP で同意を取得するよう指定している場合は同意が得られていること)。
    • 基本的な広告を選択する(目的 2)
    • 広告のパフォーマンスを測定する(目的 7)
    • マーケット リサーチを適用してオーディエンス分析を生成する(目的 9)
    • 商品の開発と改善を行う(目的 10)

次の各シナリオにおける Google の処理を下の表にまとめています。

説明 広告配信の処理

Google がデバイスに情報を保存する、またはデバイスの情報にアクセスする(目的 1)ことについての同意がない

既存の EU ユーザーの同意ポリシーに準拠するためには、パーソナライズド広告と非パーソナライズド広告の両方で Cookie やモバイル識別子についての同意が必要です。非パーソナライズド広告でも Cookie やモバイル識別子について同意が必要なのは、詐欺や不正使用の防止、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計の目的で、Cookie やモバイル識別子が使用されるためです。

パブリッシャー様は Google の広告タグを呼び出すべきではありません。

TC 文字列に、Google による目的 1 の実施に対する同意が含まれていない場合、Google は広告リクエストを破棄し、広告は配信されません。

無効な TC 文字列

TC 文字列が解析不可能である(一部の項目がないなど)。

TC 文字列が無効な場合、広告は配信されません。

柔軟な設定でのベンダー登録とパブリッシャーによる制限

IAB ヨーロッパの TCF では、パブリッシャー様が独自の制限を柔軟に設定できます。この設定は、可能な場合はベンダーの設定よりも優先されます。パブリッシャー様の設定が原因で、ベンダーのグローバル ベンダー リストの登録と矛盾する法的根拠または目的でベンダーが運用を行うことがあってはなりません。したがって、これらは「制限」と表現され、ベンダーが処理できる範囲を拡大するものではなく、その制限のみ行うものとなっています。

パブリッシャー様は、IAB ヨーロッパの TCF で使用するベンダーの登録設定を確認する必要があります。ベンダーが柔軟に設定を変えられる登録になっていて、目的におけるデフォルトの法的根拠が「正当な利益」の場合、Google では相互運用のガイドラインに沿って「同意」が必要となります。パブリッシャー様が Google のサービスを介してこれらのベンダーを使用する場合は、CMP でパブリッシャーによる制限を設定し、ベンダーについて「同意」を選択する必要があります。

Google は、目的 2、7、9、10 について、デフォルトで正当な利益を必要とする柔軟な登録を行っています。CMP の設定でパブリッシャー様がこれらの目的について Google に対する「同意」を制限した場合を除き、Google は CMP でユーザーに対して確立された正当な利益を根拠として目的の処理を行います。Google は、目的 1、3、4 について柔軟な登録は行っておらず、これらの目的の場合は常にユーザーの同意が必要です。

リアルタイム ビッダー(RTB)と入札

IAB ヨーロッパの TCF のロジックは、入札リクエスト、入札レスポンス、クリエイティブ、Cookie マッチング リクエストに適用されます。

Google では、ベンダーが「同意」で登録されている場合、または一部の限られたケースで広告のパーソナライズ(TC 文字列の目的 3、4)について「不使用」で登録されている場合、入札リクエストの送信を許可して、Cookie マッチングを有効にします。パーソナライズド広告(TC 文字列の目的 3、4)について「同意」で登録されているベンダーについて、ユーザーの同意が得られていない場合は、次のようになります。

  • 入札リクエストを受信できなくなります。
  • Cookie マッチング リクエストに対するレスポンスを受信できなくなります。
  • オークションで落札することはできません。ポリシー要件を満たさないベンダーを含むクリエイティブは、オークションで落札することや広告が配信されることがないよう、Google によりブロックされます。

さらに、ユーザーは目的 1、3、4 について Google に同意している必要があります。

メディエーション

IAB TCF ソリューションを導入する際は、CMP にメディエーション パートナーがすべて表示されていることを確認してください。表示されていれば、Google では引き続きメディエーション ウォーターフォールですべてのパートナーを呼び出すことができます。

TC 文字列と AC 文字列は、メディエーション ウォーターフォールを構築する前に配信および評価され、メディエーション パートナーがどちらかの文字列に含まれているかどうかが確認されます。

  • メディエーション パートナーが含まれていて、少なくとも 1 つの目的についてユーザーが同意しているか正当な利益が確立されている場合は、メディエーション ウォーターフォールの構築時にメディエーション パートナーが追加されます。
  • メディエーション パートナーが含まれていないか、ユーザーにより完全に拒否された場合は、メディエーション ウォーターフォールでメディエーション パートナーは呼び出されません。

IAB TC 文字列と Google AC 文字列は、デバイスのローカル ストレージ(iOS の場合は NSUserDefaults、Android の場合は SharedPreferences)から取得できます。メディエーション ウォーターフォール リクエストが呼び出されたときは、すべてのメディエーション パートナーがこの文字列にアクセスして取得、解析、適用できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Show your support to promote DEI in Gaming by turning intentions into action!

Check out the newly launched Diversity in Gaming website, where you can find video stories and written pledges from global gaming developers. This campaign centers on 3 pillars: diverse teams, diverse games and diverse audiences showing how diversity is not just good for gamers, but for business as well. Show your support by taking the pledge to promote DEI in Gaming and share it on social!

Learn More

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー