レポート

自動的に収集されるユーザー プロパティ

Google Mobile Ads SDK を使用していれば、追加のコードを記述しなくても、多くのユーザー プロパティを自動的に収集できます。収集したユーザー プロパティは AdMob レポートで表示されない場合がありますが、Firebase にリンクすると利用できるようになります。Firebase では、こうしたユーザー プロパティはすべて [オーディエンス] の条件で使用でき、中には一般的なレポート フィルタとして使用できるものもあります。

iOS アプリで年齢、性別、インタレスト カテゴリの各プロパティを自動的に取得するには、IDFA を収集する必要があります。
ユーザー プロパティ タイプ 説明
年齢 テキスト ユーザーを 6 つのカテゴリ(18~24、25~34、35~44、45~54、55~64、65 以上)に分類します。
アプリストア テキスト インストールしたアプリのダウンロード元のストア。
アプリのバージョン テキスト versionName(Android)またはバンドルのバージョン(iOS)。
テキスト ユーザーが居住している国。
デバイスのブランド テキスト モバイル デバイスのブランド名(Motorola、LG、Samsung など)。
デバイス カテゴリ テキスト モバイル デバイスのカテゴリ(モバイル、タブレットなど)。
デバイスのモデル テキスト モバイル デバイスの機種名(iPhone 5s、SM-J500M など)。
最初の開始時間 数字 ユーザーが最初にアプリを起動した時間(ミリ秒単位、UTC)。1 時間単位で切り上げられます。
性別 テキスト ユーザーを男性または女性に分類します。
インタレスト カテゴリ テキスト ユーザーの興味や関心(例:「アート、エンターテインメント、ゲーム、スポーツ」)を一覧表示します。
言語 テキスト デバイスの OS の言語設定(en-us、pt-br など)。
新規 / 既存 なし 新規: 最初にアプリを起動したのが過去 7 日以内。
既存: 最初にアプリを起動したのが 7 日以上前。
OS のバージョン テキスト デバイスの OS のバージョン(9.3.2、5.1.1 など)。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。