キャンペーン

目標達成予測に関するよくある質問

AdMob で実施する広告サーバーのシミュレーションの仕組みは複雑で、予期しない結果が出る場合もあります。予測に関するよくある質問とその回答を以下にまとめましたので、ご覧ください。

キャンペーンの目標達成予測の仕組みは?

AdMob のキャンペーンの目標達成予測では、過去 30 日間にネットワークで発生したインプレッションをサンプルとして、今後のトラフィック パターンのモデルを作成します。予測シミュレーションでは、予測を実行する新しいキャンペーンと、すでに運用されているか、運用開始が予定されているキャンペーンを競合させます。使用可能なクリックやインプレッションの数は、過去 30 日間のサンプルに基づいて推定します。

予測を実行すると、AdMob は次のように動作します。

  1. ネットワークの現在の状態を確認します。

  2. 予測を行うキャンペーンのシミュレーションを実行します。
    • シミュレーションでは、まず対象キャンペーンの優先度をネットワークの他のキャンペーンより低く設定します。これにより、予測対象のキャンペーンが他のキャンペーンからインプレッションを「横取り」できなくなります。
    • 次に、所定の優先度でキャンペーンの予測をもう一度実行します。
  3. シミュレーションの結果を分析して、予測値を算出します。

予測シミュレーションではどのキャンペーンが考慮の対象となりますか?

すべてのアクティブなキャンペーンが使用されます。一時停止、削除、終了状態のキャンペーンはシミュレーションでは無視されます。

使用可能なクリックやインプレッションはどうすれば増やせますか?

キャンペーンのターゲット設定を修正すれば、キャンペーンで使用できるクリックやインプレッションを増やせる場合があります。例:

  • より多くの広告ユニットをターゲットに設定します。
  • 対象国や対象デバイスを増やすなど、ターゲットの範囲を拡大します。
  • 競合するキャンペーンのターゲット設定を修正します。こうした修正はキャンペーンの成果に影響する可能性があるので、保存する前に予測を再実行し、目標を達成できる状態を維持するようにしてください。

ターゲットが同じでも、目標は異なる 2 つのキャンペーンで予測の結果が異なるのはどうしてですか?

2 つのキャンペーンのターゲット設定が同じでも、「使用可能」、「競合」、「使用不可」の数字は異なる場合があります。これは、予測シミュレーションの最初の段階で対象キャンペーンの優先度を低く設定することにより、クリックやインプレッションの余剰または不足が生じることが主な原因です(キャンペーンの目標達成予測の仕組みをご覧ください)。そのように優先度を設定すると、本来なら予測対象キャンペーンに割り当てられるはずのインプレッションやクリックについて、他のキャンペーンが割り当てを要求できるようになり、その結果として未使用のまま放置されるインプレッションやクリックが出てきます。

期間の長い 1 つの予測の結果は、同じ期間をカバーする複数の短期間の予測の合計と同じになりますか?

たとえば、次のような状況を考えます。

  1. 4 月 1 日から 14 日までの予測を実行します。

  2. 続いて、4 月 1 日から 14 日まで 1 日単位で 14 の予測を実行し、結果を合計します。

値は同じになるかもしれませんが、フリークエンシー キャップなどの要素により完全に一致しないこともあります。たとえば、次のような場合です。

  1. 14 日間でインプレッション 1 回のフリークエンシー キャップがキャンペーンで設定されている。

  2. 14 日間毎日、数回のインプレッションが発生するユーザー セッションがある。

  3. 14 日間の予測ではそのセッションにインプレッションを 1 回のみ割り当てているが、1 日単位の予測ではそれぞれ別々にインプレッションを割り当てている。

予測でフリークエンシー キャップは考慮されますか?

フリークエンシー キャップは考慮の対象です。ただし、AdMob では過去 30 日間のデータをサンプルとして使用するため、月単位のフリークエンシー キャップはサンプルデータに適用されません。このため、月単位のフリークエンシー キャップが設定されている場合は、使用可能なクリックやインプレッションが多めに予測されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。