ポリシー

バナー導入における推奨事項

インタラクティブな要素から離れている広告

バナー広告をアプリのインタラクティブな要素から離して設置すると、ユーザーの混乱や偶発的クリックを軽減できます。携帯端末は画面のサイズ上の制約があるので、偶発的クリックを防止するために広告とクリック可能な要素を切り離しておくことが重要です。クリックできない枠線をつくったり、広告とアプリのインタラクティブな部分をなんらかの方法で分けるなどして、バナー広告をアプリのコンテンツから分離すると効果があります。以下は、カスタム ナビゲーション ボタンを含むインタラクティブなコンテンツからバナー広告を分離した導入例です。

クリックして例を表示

アプリの上部

アプリの下部

枠線でインタラクティブなアプリ コンテンツから切り離されている広告

バナー広告を画面の上部または下部に配置し、メニューバーなどのナビゲーション要素などのアプリ コンテンツとの間に適切な枠線または十分なスペースがあれば、ユーザーが他のコンテンツをスクロールしても広告はそのまま画面上に表示されます。枠線を使用する場合は、枠線をクリックできないようにしてください。以下の例では、アプリの上部または下部にあるバナー広告が、アプリ コンテンツまたはカスタム ナビゲーションやメニューボタンから枠線によってはっきり切り離されています。

クリックして例を表示

アプリの上部

アプリの下部

カスタム ナビゲーション ボタン付近

バナー広告に一定のスペースを確保

アプリ コンテンツが画面上で読み込まれた後に、バナー広告は読み込まれます。読み込み時間の遅延によって画面上のアプリ コンテンツが動き、アプリ コンテンツがあった箇所に広告が表示されることがあります。このような場合、ユーザーは実際のアプリ コンテンツではなく、誤って広告をクリックしてしまう可能性があります。バナー広告に一定のスペースを確保して、アプリ コンテンツがそのスペースに表示されないようにしてください。

クリックして例を表示

スマートバナーの導入でさまざまな端末の画面サイズに対応

スマートバナーは、さまざまな端末において、画面サイズや画面の向きに関係なく、画面の横幅いっぱいに広告を表示できる広告ユニットです。スマートバナーは、市場に流通している多くの端末や画面サイズに対応しており、バナー広告が各画面に対して小さく見えすぎないようにします。イメージ広告をバナーの割り当てられたスペース全体に表示すると余白ができる場合は、画像が中央に配置され、六角形のテキスタイル フィラー(以下の画像を参照)で残りのスペースが埋められます。詳しくは、Google Developers ページをご覧ください。

クリックして例を表示

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。