子供向け取り扱いのタグをアプリの広告リクエストに設定する

米児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)は、13 歳以下の子供を対象とするウェブサイト、アプリ、サービス、および(大人以外に)13 歳以下の子供も利用する一般向けアプリ、ウェブサイト、サービスに適用されます。

通常、COPPA のもとでコンテンツをどのように取り扱うかは、コンテンツ所有者であるアプリ開発者様が決定します。ただし、COPPA で定められている義務に従い、アプリ開発者様から通知がなくても、Google の判断でアプリを子供向けとして扱う場合があります。その際はアプリ開発者様に通知いたしますので、以下のツールを使用して具体的な取り扱い方法をご指定ください。

アプリ開発者様には、COPPA によってその他の法的義務も課せられている可能性があります。FTC のガイダンスを確認し、お客様の顧問弁護士にご相談ください。Google のツールは、アプリ開発者様による法令遵守の支援を目的としています。これらのツールを使っても、法律上の義務を果たす必要がなくなるわけではないことにご注意ください。

Google の広告サービスをご利用中のお客様で、広告リクエストを行う際に Google で子供向けとしての取り扱いを希望されるアプリがある場合は、次のいずれかの方法でお知らせください。

子供向け取り扱いのタグをアプリの広告リクエストに設定すると、そのコンテンツに対してインタレスト ベース広告とリマーケティング広告が無効になります。この設定が反映されるまで、少し時間がかかることがあります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。