ポリシー

無効な操作に対する Google の対策について

Google ではパブリッシャー様と広告主様の双方の利益を守るため、Google 広告のクリックと表示を注意深く監視しています。具体的には、システムによる自動検出とスタッフによる審査の両方を実施して広告のクリックとインプレッションをすべて分析し、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる不正な操作がないかどうかを調べています。

Google では独自の技術を駆使して広告のクリックやインプレッションを分析し、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる使用パターンに該当しないかどうかを判断しています。Google システムでは高度なフィルタ機能を使用して、ユーザーの通常の操作と、広告主様へのリスクが生じる可能性のある操作とを判別します。後者の操作の例には、ユーザーの不正行為や自動ロボット、トラフィック ソース、サイト運営者様の誘導による広告のクリックやインプレッションなどがあります。Google システムでは広告の無効なクリックとインプレッションがほとんど自動的に除外され、このような操作に対して広告主様に料金が請求されることはありません。

また、システムによる自動処理に加えて、専門チームが特殊な各種ツールや、ユーザーの行動の追跡と監視や事例分析などの幅広い経験に基づくさまざまな技術を駆使して、無効な操作を検出します。Google では、検出システムを常に改善し、無効な操作に対して積極的に対処しております。

無効な操作を防止するためのシステムやプロセスについての詳細は、広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。