ポリシー

無効な操作を防止する

Google では、トラフィック品質管理チームにより無効なクリックが自動または手動で除外されていますが、無効な操作の発生件数を減らすには、パブリッシャー様にも、ポリシーを遵守していただく必要があります。

原則として、パブリッシャー様には常にユーザーのことを第一に考えていただく必要があります。広告が必要以上に注目を集めたり、ユーザーの誤解を招いたり、クリックすることを推奨したり、無効なクリックを促すような場所に表示されたりすることがないようにしてください。パブリッシャー様のアプリで無効な操作が多数実行されている場合、アカウントを無効化させていただく場合があります。無効なクリックにより発生した収益は、影響を受けた広告主様に返金されます。詳しくは、見積もり収益額と収益の確定額をご確認ください。

パブリッシャー様の広告掲載が AdSense プログラム ポリシーに準拠しており、信頼性の低いソースからの有料トラフィックを集めていないことをご確認ください。

無効な操作を防止するためのシステムやプロセスについて詳しくは、広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

この他、アプリでの無効な操作を防止するヒントを次にご紹介いたします。

どのような場合でも、ご自身のサイトに掲載される広告を自らクリックしない

パブリッシャー様が自分のサイトに掲載される広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。また、自分のサイトに掲載される広告をクリックしてテストすることは許可されていません。無効なクリックとして扱われないよう、テスト広告(AndroidiOS 対応)をご利用ください。

テスト広告を使用する

ご自分のアプリ内で実際の広告をクリックすることは許可されていません。無効なクリックとして扱われないよう、テスト広告(Android、iOS 対応)を使用してください。開発中はテスト広告を有効にして、広告をクリックしても Google の広告主が課金されないようにすることが重要です。

テストモードを使わずに多くの広告をクリックすると、アカウントでの不正な操作として検出される恐れがあります。

テスト広告を実装するには、次の 2 つの方法があります。

  1. Google のサンプル広告ユニットを使用する。Google では、広告をテストするためのサンプル広告ユニット ID を提供しています。
  2. 独自の広告ユニットを使用し、テストデバイスを有効にする。デバイスをテストデバイスとして設定し、AdMob 管理画面で作成した独自の広告ユニット ID を使用できます。

テスト広告を実装するには、Google Developer の手順(Android 向けiOS 向け)をご覧ください。

広告のトラフィックとアプリユーザーを把握する

アプリ名や広告ユニット、国または地域などのフィルタを使用して、トラフィック レポートのデータを適切に分類します。これにより、トラフィック ソースの変化や広告掲載による広告のトラフィックへの影響を把握できます。Google アナリティクスを使用して、アプリを使用したユーザーの詳細情報を取得し、ユーザーが疑わしい行為をしていないかを監視します。次のような点を確認してください。

  • ユーザーのアクセス元はどこか?
  • ユーザーはアプリでどのように行動しているか?
  • ユーザーはアプリのどの画面を閲覧しているか?

AdMob で Google アナリティクスを使用する方法や、Android 向けアナリティクス SDK の実装方法についてご確認ください(iOS 向けの SDK も提供されています)。

信頼度や品質の低い事業者との提携は避ける

パブリッシャー様がアプリへのトラフィックを増やす取り組みの中で、質の低い広告ネットワークやアプリの宣伝サイトと提携した場合に無効な操作の問題が発生した事例があります。

広告フォーマットとその実装方法を理解する

広告をクリックするようユーザーに促したり、誤ってクリックさせたりする形で広告を掲載することはできません。アプリでの無効な操作を防止するために、以下の記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。