ポリシー

導入に関するガイドライン

ユーザーの利便性を考慮する

AdMob 広告は、アプリのデザインに適したものが表示されます。広告のプレースメントが適切であれば、ユーザーの利便性を損なうことなく、アプリ開発者様に安定した収益がもたらされます。

ユーザーが偶発的にクリックしてしまいそうな状況で AdMob 広告を表示する場合は、特に注意が必要です。子ども向けのアプリを例に挙げると、幼い子どもは広告とアプリ コンテンツを区別することが難しい場合があるので、広告を表示して収益化を図ること自体が不適切なケースもあります。

広告を表示する場所を決めるときは、ユーザーがアプリをどのように操作するのかを常に考慮する必要があります。たとえば、読書アプリで画面が切り替わるタイミングや、ゲーミング アプリでレベルが変わる場面など、ユーザーがあまりアプリのコンテンツを操作しないタイミングで広告を表示するようにしてください。

ユーザーに広告のクリックを促さない

「広告をクリックしてください」などのフレーズを表示することは許可されません。広告のクリックに対し報酬や特典を提供することも、固く禁止されています。また、リンクや AdMob 以外の広告をクリックすることを奨励することも、ユーザーの無効な操作につながる可能性があるため、禁止されています。

アプリページ読み込み時の広告スペースを確保する

アプリで新しい画面を読み込む段階で、広告の表示に必要なスペースも確保するようにしてください。信号強度や携帯電話の処理能力が低い場合などは、アプリのコンテンツに遅れて広告が読み込まれる場合があります。その場合は、偶発的クリックを防ぐためにも、コンテンツの上に重ねて広告が表示されたり、広告を表示するためにコンテンツが移動したりすることのないようにしてください。

コンテンツを提供しない画面に広告を表示しない

ユーザーがなんらかの操作をできない画面、またはコンテンツがない画面(手続き完了画面、ログイン画面、終了する際の確認画面、エラー画面など)に広告を表示することはできません。このような画面は、訪問者がアプリを起動している際や終了しようとしている際のほか、画面上で購入やダウンロードなどの特定のアクションを実行した後に表示されます。この種の画面に広告があると、実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、掲載は避けてください。広告が表示される画面には、[戻る] または [メニュー] ボタンなどを追加して、広告をクリックしなくても別の画面に移動できる方法を用意しておく必要があります。あるいは、ホームボタンをタップしてアプリを終了できることを示すメッセージを表示してください。

ユーザーが画面に注目していないときに、アプリ画面に広告を表示することもできません。スマートフォンがツールとして使用されるようなユーティリティ アプリでは、ユーザーが画面に注意を向けていないことが多く、偶発的クリックが発生しやすくなります。たとえば「懐中電灯」アプリのようなユーティリティ アプリでは、アプリの使用中に広告が画面に表示されないようにしてください。ただし、アプリのメニュー画面が分離されていて、操作するためにユーザーの注意が画面に向けられる場合であれば、メニュー画面に広告を表示することができます。

広告を表示する前に、まずユーザーの利便性や、ユーザーがアプリをどのように操作するかを考慮してください。

広告の更新

アプリの機能に応じて、広告は 60 秒以上表示することをおすすめします。これにより、ユーザーにアピールする十分な時間が確保され、広告主様とアプリ開発者様の双方にとって最良の結果が得られることが、Google の内部テストで確認されています。テストでは、更新間隔が 60 秒を下回ると、広告の掲載率が低下することも判明しました。

アプリで広告を自動更新する場合は、画面がオフのときに広告リクエストが送信されないようにしてください。また、ユーザーがアプリのページを短時間で切り替える際にも、60 秒未満で広告がリクエストされないようご配慮ください。

最新の SDK を使用する

常に最新の SDK(AndroidiOS 向け)にアップデートして、最新の広告フォーマット、機能、バグ修正を備えたバージョンをご利用ください。

適切な広告フォーマットをリクエストする

AdMob は多様な広告フォーマットをサポートしています。端末の種類やプレースメントに合わせて適切なサイズをリクエストしてください。

適切な広告フォーマットを使用する

画面の向き(横向き、縦向き)を考慮して、適切な広告タイプを使用するようにしてください。たとえば、横向きモードのアプリに縦向きの広告を表示すると、広告のパフォーマンスが低下する場合があります。アプリに合わせて広告を適切に表示するには、スマートバナー(AndroidiOS)をご利用ください。

高度なターゲティング

AdMob のデベロッパー向けフォーラムの情報によれば、ユーザー属性情報でもターゲットを指定できます。ただし、ユーザーのプライバシーを尊重する観点から、アプリ開発者様においては、ターゲティングで使用する位置情報やユーザー属性情報は、アプリのコア機能で取得済みの情報に限定するようにしてください。

ユーザーの位置情報に対する AdMob のアクセスを無効にするには、[アプリ] をクリックしてアプリを選択し、[アプリの設定] をクリックします。広告配信設定で、編集 をクリックしてユーザーの所在地へのアクセス権を変更します。

広告のプレースメントの最適化

複数の広告プレースメントをテストし、掲載結果を比較評価することをおすすめします。AdMob では、対象ユーザーに合わせて最適な広告を表示し、収益を最大化できるよう、広告の配信が自動的に調整されます。とはいえ、アカウントのレポートで地域統計情報などの掲載結果を確認したり、トラフィックを慎重に分類したりすることも、アプリの成果を高めるうえで重要になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。