通知

改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

アプリ

SupplyChain オブジェクトによる入札の透明性

SupplyChain オブジェクトを使用すると、購入者と仲介販売者は、広告枠を販売または再販売するすべての当事者を確認できるようになります。このオブジェクトは、ads.txt / app-ads.txt および sellers.json と連携して機能し、広告エコシステムの透明性を実現します。

  1. パブリッシャーが入札リクエストを送信します。
  2. 購入者が SupplyChain オブジェクトから入札リクエストとデータを受け取ります。
  3. 購入者は、広告枠を再販売するすべての仲介販売者の ID を確認します。
  4. 購入者は、広告枠の認定販売者かどうかをクロールして確認します。

該当する場合、OpenRTB リクエストまたは Google RTB プロトコル内に、このオブジェクトが自動的に作成されます。

SupplyChain オブジェクトの仕組み

SupplyChain オブジェクト(schain)は、OpenRTB 入札リクエストに含まれており、「ノード」で構成されます。schain オブジェクトの各ノードは、入札リクエストに関与する特定のエンティティを表します。入札リクエストには、広告枠の支払いに直接かかわるすべてのエンティティが含まれます。

// オブジェクトの例
"schain": {
    "complete": 1,
    "nodes": [{
         "asi":"google.com",
         "sid":"pub-1234567891234567", // sellers.json に含まれるパブリッシャーの seller_id と同じ
         "hp":1
    }],
    "ver":"1.0"
}

詳しくは、OpenRTB のデベロッパー向けドキュメントIAB のドキュメントをご覧ください。

SupplyChain オブジェクトは、購入者との関係に応じて構成が異なります。

Google で直接販売を行うサイト運営者(パブリッシャー)

アド マネージャー、AdMob、または AdSense を介して広告枠を直接販売するサイト運営者(パブリッシャー)の場合、schain オブジェクトには「google.com」のノード 1 つのみが含まれ、そのseller_id は sellers.json 記載のものと同じになります。

Open Bidding を使用するパブリッシャー

Open Bidding を使用して第三者エクスチェンジと連携するパブリッシャーの場合、schain オブジェクトに 2 つのノードが存在します。1 つは sellers.json に記載のものと同じ seller_id を持つ google.com のノード、もう 1 つはエクスチェンジの収益パートナーのノードです。

Google が入札リクエストを送信する前に google.com のノードを作成するのと同じように、第三者エクスチェンジは、リクエストを渡す前にノードを追加します。

支払い処理を行わないすべての仲介販売者

支払い処理を行わない仲介販売者は、SupplyChain オブジェクトに含まれません。これには、クライアントサイドのヘッダー入札、支払いを伴わないヘッダー入札、その他のメディエーションが含まれます。

クライアント管理を使用するパブリッシャー

クライアント管理(MCM)を使用すると、ご自身のアカウントを管理する場合と同じ方法で、クライアントの AdMob アカウントを管理できます。

「AdMob MCM」を使用する親パブリッシャーと子パブリッシャーの場合、schain オブジェクトには子パブリッシャーの販売者 ID を含むノードが 1 つ、親パブリッシャー用に 1 つのノードが設定され、チェーンが完了とマークされます。AdMob の MCM では、子パブリッシャーのアカウントで収益が発生します。子パブリッシャーは最終的なパブリッシャーとして扱われます。

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Show your support to promote DEI in Gaming by turning intentions into action!

Check out the newly launched Diversity in Gaming website, where you can find video stories and written pledges from global gaming developers. This campaign centers on 3 pillars: diverse teams, diverse games and diverse audiences showing how diversity is not just good for gamers, but for business as well. Show your support by taking the pledge to promote DEI in Gaming and share it on social!

Learn More

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
14257577064690667126
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true