Ad Manager と Ad Exchange のプログラム ポリシー

LGPD への対応としてアド マネージャーの予約キャンペーンのクリエイティブで使用する広告技術プロバイダを宣言する

Lei Geral de Proteção de Dados(LGPD)は 2020 年 8 月 16 日に施行されるブラジルの新しいプライバシー法で、ブラジル在住ユーザーの個人データ(オンライン識別子を含む)の処理に適用されます。Google は、広告主、サイト運営者、パブリッシャーをはじめとするパートナーの皆様による LGPD 遵守の取り組みをサポートし、皆様ができるだけスムーズに対応できるよう引き続き連携してまいります。

Lei Geral de Proteção de Dados(LGPD)について

今後ブラジルのトラフィックを対象とした広告の配信と測定が認められるのは、社内でのデータの使用方法を説明するリンクを Google と共有し、特定の情報を提供し、Google のデータ利用ポリシーの遵守に同意した広告技術プロバイダに限られます。予約キャンペーンで使用する広告技術プロバイダが認定広告技術プロバイダのリストにない場合は、[EU ユーザーの同意] 設定でネットワーク レベルのホワイトリストに登録できます。Google で予約広告を配信する際は、LGPD 関連の広告技術プロバイダのリストと自己申告の URL リストが使用されます。

ネットワーク レベルで予約クリエイティブの LGPD 設定を行う

予約クリエイティブで使用する広告技術プロバイダを宣言します。予約クリエイティブは、保証型(スポンサーシップ、標準)と非保証型(ネットワーク、バルク、価格優先、自社)を含む、プログラマティック以外の広告申込情報に関連付けられます。

Google では、宣言されたすべての広告技術プロバイダを確認し、予約クリエイティブが配信可能どうかを判別します。

EU ユーザーの同意ページは、一般に GDPR の対象となるリクエストを管理するために使用されます。ただし、[予約クリエイティブ用の広告技術プロバイダを宣言する] と [所有している広告技術を追加する] の設定については、LGPD の対象となるリクエストに追加で適用されます。

ネットワーク レベルで予約クリエイティブの広告技術プロバイダを宣言する手順は次のとおりです。

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次に [EU ユーザーの同意] をクリックします。
  3. 自社の広告技術の URL を入力します。コンテンツ配信ネットワークなど、サイトやアプリで自社の広告技術を使用している場合は、予約広告のリクエストでブロックされないように、広告技術の URL を入力します。入力する URL の使用については、関連するプライバシー法を遵守するよう、ご自身の責任のもとで管理していただく必要があります。
  4. [保存] をクリックします。

広告技術プロバイダの宣言ステータス

Google では、すべてのクリエイティブをスキャンして、宣言された広告技術プロバイダを検出します。宣言されていない広告技術プロバイダが検出された場合は、ユーザーの同意設定で宣言を更新できるよう、リストに表示されます。

ステータスには次のものがあります。

  • 要確認: 検出された広告技術プロバイダにネットワーク レベルで宣言されていないものが 1 つ以上あります。
  • 完成: 検出された広告技術プロバイダはすべてネットワーク レベルで宣言されています。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。