アド マネージャー レポートの基本

アクティブ ビューによる視認性の測定方法

MRC の視認可能な広告インプレッションのガイドラインでは、視認性ツールのベンダーが広告を含む iframe ではなく広告自体を測定するよう要件付けられています。アクティブ ビューでは、次の技術を使用して、この要件を実装しています。

  1. レンダリング時: id=GoogleActiveViewElement を指定した <div> をクリエイティブ要素の近くに挿入して、広告レスポンス内の正確な位置を特定します。
  2. 視認性の測定時: アクティブ ビューで、この <div> の場所を特定し、広告を含む iframe ではなく、ラップされたクリエイティブ要素の表示を測定します。

アクティブ ビューでは、ラップされたクリエイティブ要素の読み込みが検出されるとすぐに測定を開始します。ほとんどの場合、視認性の測定には Intersection Observer API が使用されますが、古いブラウザでは他の方法も使用されます。

場合によっては、クリエイティブの <div> が 0 サイズに折りたたまれ、測定に直接使用できないことがあります。この主な原因としては次の 2 つが挙げられます。

  • スタイル属性の使用によって、<div> が正しい配置(例: position=absolute)を取得できなくなっている。
    • アクティブ ビューでは、最小サイズの 30 ピクセルを上回る image、frame、または iframe 要素を <div> 内で検索します。そして、該当する要素が見つかった場合は、その要素の表示を直接測定します。
    • 同じクリエイティブの <div> 内に該当する要素が複数ある場合は、一番大きい要素を測定します。
  • カスタム JavaScript をクリエイティブのペイロードとして実行したことにより、実際のコンテンツが、広告の iframe 内の、クリエイティブの <div> 外に挿入されている。
    • アクティブ ビューでは、クラス属性の GoogleActiveViewInnerContainer が含まれる 2 つ目の <div> を検索します。この <div> は広告コンテナのサイズに展開されますが、このコンテナのサイズは広告の iframe 内から測定可能となります。

よくある質問

広告スロットの視認性が突然低下して、「閲覧なし」に分類されたのはなぜですか?

最もよくある原因はヘッダー入札で、広告クリエイティブがページに挿入されなかったか、クリエイティブの <div> 外に挿入されました。

カスタム クリエイティブやページ外クリエイティブは測定できますか?

<div> でクリエイティブ コンテンツのサイズを取得できないようなクリエイティブのレンダリング動作はサポートされていないため、アクティブ ビューでの測定も保証されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
リリースノート

アド マネージャーの最新の機能とヘルプセンターの更新情報を紹介しています。

最新情報をご覧ください

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false