About key-values

Key-Value を追加する

ネットワークで Key-Value を作成する方法

Key-Value を使用すると、カスタム ターゲティングを定義できます。Key-Value は広告タグに含まれ、広告申込情報のターゲティングなどで使用されます。詳しくは Key-Value についてをご覧ください。Key-Value を追加する手順については、この記事の後半のキーと値を追加する方法をご覧ください。

名前と表示名の違い

Key-Value の作成にあたっては、事前に「名前」と「表示名」の違いを理解しておく必要があります。Key-Value を作成する際は両方を入力する必要があります。

「名前」は、広告タグで使用されるテキストです。入力した名前は広告リクエスト URL に表示される場合があり、ウェブサイトまたはアプリにアクセスしたユーザーが広告リクエストの検証で確認できる可能性があります。「表示名」は、広告担当者がアド マネージャーでカスタム ターゲティング広告申込情報やプロポーザル広告申込情報などのアイテムを追加する際に、ターゲティング選択に表示されます。

Key-Value には短い名前を使用することをおすすめします。名前を短くすると、広告リクエストの処理バイト数が少なくなるため、広告配信のパフォーマンスが向上します。また、広告リクエストの文字数制限が設けられていることもあります。ターゲティング選択についても、Key-Value ターゲティングに関する制限が規定されています。

たとえば、キーの名前を次のように指定するとします。

a

このテキストは広告タグで使用され、広告リクエストで渡されます。この名前は、次のような表示名を表すものとして使用できます。

age

「age」という表示名は、ターゲティング選択に表示されます。値を追加する場合も同様に、値の名前を指定してから表示名を指定します。たとえば上記のキーの例で、値の名前を次のように指定するとします。

y
a
m
s

キーにこれらの値の名前を保存したら、次に表示名を定義します。この例では、上記のそれぞれの名前について、次のような表示名を指定します。

Young(18〜32 歳)
Adult(33〜42 歳)
Middle-aged(43〜55 歳)
Senior(56 歳以上)

表示名を使用すると、ターゲットの対象を簡単に把握できます。なお、広告リクエストでは、ウェブページにアクセスしたユーザーが広告リクエスト URL を検証した場合、お客様が定義した名前のみが表示されます。この例では、次のように表示されます。

a=m

レポートには、名前と表示名の両方が表示されます。

Key-Value の有効な指定方法

キーの名前と値の指定方法にはいくつか制限があります。

有効なキーの名前

  • 大文字と小文字は区別されません
  • 数字で始めることはできません
  • スペースを含めることはできません

パターン一致マクロ動画メタデータ マクロで使用するキーには、英数字とアンダースコア(_)のみを使用できます。

オーディエンス セグメントのカスタムキーには、英数字とアンダースコア(_)のみを使用できます。オーディエンス セグメントのカスタムキーの先頭文字には数字以外を指定する必要があります。たとえば、abc123 は有効ですが、123abc は無効です。オーディエンス セグメントについて

Google アド マネージャー 360 でのみご利用いただけます。

有効な値の名前

  • 大文字と小文字は区別されません
  • 数字で始めることができ、数字のみを含めることも、数字と文字の組み合わせにすることもできます
  • スペースを含めることができます

スペースは、値の名前に含めることはできますが、キーの名前には使用できません。たとえば、次の Key-Value ペアは、キーの名前にスペースを含んでいるので無効です。

sports car=aston-martin-db5

一方、次の Key-Value ペアは、値の名前にスペースを含んでいるので有効です。

car="aston martin db5"

スペースを含む値の名前は必ず二重引用符で囲みます

スペースを含む値の名前を広告タグに追加する場合や高度な式のターゲティング機能で使用する場合は、二重引用符で囲む必要があります。

値は数字で指定した場合でも文字列として扱われます。つまり、その数字の評価や計算はできません。たとえば、次の式は有効ではなく、18 歳以上 32 歳未満のユーザーの結果は生成されません。

age >= 18 AND age <= 32

代わりに、次のような 1 つの Key-Value ペアでこの年齢層を取得する必要があります。

age=18-32

キーと値に使用できない文字

次の文字は予約されており、キーの名前や値では使用できません。ただし、これらの文字のいくつかは、高度な式のターゲティング機能で使用できます。

文字 説明 文字 説明
" 二重引用符 ; セミコロン
' 一重引用符(アポストロフィ) ^ キャレット
= 等号 () 丸かっこ
! 感嘆符 < > 山かっこ
+ プラス記号 [ ] 角かっこ
# ポンド記号(ハッシュ記号) , カンマ
* アスタリスク & アンパサンド
~ チルダ    

キーと値を追加する方法

Key-Value を作成したら、Google サイト運営者タグ(GPT)に追加する必要があります。この作業は、ウェブページやアプリのタグ設定に精通している他のユーザーに依頼しても構いません。これで、広告申込情報やプロポーザル広告申込情報などのアイテムで Key-Value をターゲティングできるようになります。

キーを追加する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠次に [Key-Value] に移動します。
  3. [新しい Key-Value] をクリックします。
  4. [名前](広告リクエストで使用)と [表示名](広告担当者に表示)を入力します。詳しくは、名前と表示名の違いをご覧ください。
  5. [値のタイプ] を選択します。
    • 動的: 広告申込情報を作成するとき、または広告枠を確認するときにターゲティング値を入力します。
    • 事前定義: 事前定義のターゲティング値から選択します。

    詳しくは、事前定義の Key-Value と動的な Key-Value をご覧ください。

  6. [値のレポート] で、この Key-Value をレポートに表示するかどうか、表示する場合はその表示方法を選択します。
  7. 値を追加します。値を追加しなくても、キーは保存できます。値を追加する方法をご覧ください。
  8. [保存] をクリックします。

値を追加する

キーは値を追加しなくても保存できます。ただし、値を定義するまで使用できません。

表示名を入力するには、事前に値の名前(広告リクエスト URL に表示)を入力する必要があります。詳しくは、名前と表示名の違いをご覧ください。

  1. [広告枠次に [Key-Value] に移動します。
  2. 値を追加するキーを探し、その詳細ページに移動します。
  3. [新しい値] をクリックします。
  4. 1 つまたは複数の値を入力します。

値を入力する際に保存の必要はありません。表示名を編集する場合は、値のリストで鉛筆アイコンをクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。