広告ユニットのフリークエンシー キャップを設定する

一定期間に広告ユニットにクリエイティブを配信する回数を制限します。広告ユニットのフリークエンシー キャップは、インタースティシャル広告やリワード広告などのフォーマット別に広告ユニットを作成していて、各フォーマットにフリークエンシー キャップを設定する場合に便利です。

フリークエンシー キャップは次のように適用できます。

  • 広告ユニット設定: フリークエンシー キャップは、その広告ユニットにのみ適用されます。
  • ネットワーク設定: フリークエンシー キャップは、独自のフリークエンシー キャップが設定されていない広告ユニットすべてに適用されます。
フリークエンシー キャップは、広告ユニットのすべてのクリエイティブに適用されます。誤って広告をブロックすることがないよう、慎重に設定してください。

広告ユニットのフリークエンシー キャップを設定する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. 広告ユニット単位またはネットワーク単位のどちらでフリークエンシー キャップを追加するか選択します。
    • 広告ユニット: [広告枠] 次に [広告ユニット] をクリックし、広告ユニットの名前をクリックして設定を開きます。
    • ネットワーク: [広告枠] 次に [ネットワーク設定] をクリックします。
  3. [広告ユニットのフリークエンシー キャップを設定する] の横のチェックボックスをオンにします。
  4. ユーザーあたりのインプレッションの上限数と対象期間を設定します。
    : 広告ユニットで 1 人のユーザーに 2 週間あたり 10 回を上限としてクリエイティブを配信するようフリークエンシー キャップを設定します。
  5. 必要に応じて、[広告ユニットのフリークエンシー キャップを追加] をクリックしてフリークエンシー キャップを追加します。フリークエンシー キャップを組み合わせて設定することで、広告ユニットに同じクリエイティブが頻繁に表示されるのを防ぐことができます。
    : 1 時間あたり 1 回、および 1 日あたり 3 回のインプレッションを上限とするフリークエンシー キャップをそれぞれ設定します。アド マネージャーでは両方のルールが適用され、広告ユニットで 1 人のユーザーにクリエイティブを配信できる回数が 1 時間あたり 1 回、1 日あたり 3 回までに制限されます。
  6. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。