アド マネージャーで ads.txt または app-ads.txt を作成する

近日提供予定: アド マネージャー管理画面で app-ads.txt 用のオプションが間もなく利用可能になります。

ネットワークの ads.txt または app-ads.txt ファイルをアド マネージャーで作成できます。アド マネージャーでは、ネットワークの販売者情報に基づきファイルのデータが生成され、ファイルの構文が正しいかどうかが検証されます。お客様はどの販売者が広告枠の販売を許可されているかを確認できます。

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次に [Ads.txt の管理] をクリックします。

    このページを表示するには、アド マネージャー ネットワークに Ad Exchange アカウントが少なくとも 1 つリンクされている必要があります。また、「Ads.txt の管理」権限を有効にした役割がユーザーに割り当てられている必要があります。

  3. ウェブ用またはアプリ用どちらのファイルを作成するか決定します。
    • ウェブ用 ads.txt ファイルを作成するには、[ウェブの ads.txt] タブをクリックして [ads.txt ファイルを作成] をクリックします。
    • app-ads.txt ファイルを作成するには、[app-ads.txt] タブをクリックして [app-ads ファイルを作成] をクリックします。
  4. ダイアログ ウィンドウで、自動生成されたテキストを確認します。
    各行は、広告枠の販売を許可できる個別の販売者アカウントに対応します。販売者を ads.txt ファイルに登録しない(許可しない)場合は、このダイアログ ウィンドウでその販売者の情報を含む行を削除します。ads.txt または app-ads.txt 構文の検証方法をご確認ください
    アド マネージャーの ads.txt または app-ads.txt 生成ツールで出力される情報は、Google 販売者アカウントの情報のみです。他の SSP やエクスチェンジを利用している場合は、各ドメインのクエリが許可されるように、お客様自身で該当エクスチェンジの販売者アカウント情報を追加してください。

    デフォルトで、自動生成される行の 3 番目のフィールドには「DIRECT」という値が入力されます。これは、その販売者アカウントと直接やり取りする関係にあることを示す値です。ドメインを所有、運営していない場合は、この値を「RESELLER」に変更してください。

    お客様自身の責任のもと、正確かつ最新の ads.txt または app-ads.txt ファイルを使用するようにしてください。DFP では構文の検証は行われますが、ファイルの書式が間違っていたりリンクされていないアカウントを指定していたりしても、アップロード処理が停止することはありません。

  5. ご自身で用意した ads.txt または app-ads.txt ファイルにテキストを貼り付けるか、新規のテキスト(.txt)ファイルとしてダウンロードします。
  6. ファイルをウェブマスターに送信し、ルートドメインへのアップロードを依頼します(例: https://example.com/ads.txt)。
  7. 24 時間後、ads.txt または app-ads.txt ファイルをクロールできるか確認します
  8. 定期的にドメインの承認ステータスを確認します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。