Ad Manager と Ad Exchange のプログラム ポリシー

インタースティシャル広告の実装ガイド

インタースティシャルは、モバイルアプリのユーザーに表示される情報豊かでインタラクティブな広告です。コンテンツ間に表示されるよう設計されており、アプリの画面が切り替わる際に配置すると効果的です。インタースティシャル広告を実装する際は、ユーザーの利便性を損なったり、誤ってクリックされたりすることのないよう配慮する必要があります。

Ad Exchange インタースティシャル広告を実装する際のガイドラインとヒントを以下にご紹介します。これらのガイドラインに沿っていない場合、無効な操作が発生し、その結果 Google によりアプリへの広告配信が停止されることがあります。詳しくは、広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

Google Developers サイトの情報

インタースティシャル広告の詳細については、Google Developers サイト(Android 向け、iOS 向け)をご覧ください。

最新の SDK を統合する

新しい広告フォーマットや機能にアクセスでき、バグが修正されている最新の SDK(Android 版、iOS 版)を常に使用するようにしてください。

インタースティシャル広告の表示に適したアプリ

インタースティシャル広告は、ユーザーの操作によって次の画面に進むアプリに最適です。こうしたアプリは、開始と終了の場面がはっきりしています。この条件に該当しないアプリ(懐中電灯アプリのようなユーティリティ アプリなど)の場合は、Ad Exchange の別の広告フォーマット(バナー広告など)を使用することをご検討ください。

ユーザーの操作を妨げない

モバイルアプリにインタースティシャル広告を実装する際は、ユーザー操作の自然な流れを妨げないように配慮します。予期しないタイミングで広告が表示されたり、表示される広告が多すぎたり、広告で操作が妨げられたりすると、全体的な利便性が低下し、意図しない広告のクリックが増加して、最終的にはユーザーや広告主がアプリから離れてしまいます。アプリで最も重要なのは広告ではありません。アプリにインタースティシャル広告を表示するために、ユーザーの利便性を犠牲にすることのないようにしてください。

動画対応のインタースティシャル広告の場合、一部の広告では「閉じる」オプションが表示されるまでに最大 5 秒かかることがあります。ポリシーでは、動画対応でないインタースティシャル広告にはすぐに「閉じる」オプションが表示されることが定められています。Google Mobile Ads SDK 7.21 以降(iOS)と 13 以降(Android)のリリースで、このポリシーの適用がさらに徹底される予定です。

無効な操作を防ぐ

モバイル端末でフルスクリーンのインタースティシャル広告を表示する際は、従来のデスクトップ パソコンやノートパソコンの画面と比べてモバイル画面のサイズが限られてしまう場合が多いことに留意します。インタースティシャル広告はフルスクリーン広告としてユーザーに表示されるため、不適切なタイミングで配置すると誤ってクリックされる可能性があります。

インタースティシャル広告を実装する際のガイドラインとヒント

インタースティシャル広告を実装する際は、次の点を考慮します。

  • 広告を表示する場面でユーザーはどのようにアプリを操作しているか?
  • ユーザーが予期しないタイミングでインタースティシャル広告が表示されないか?
  • インタースティシャル広告を表示するのに適したタイミングか?

以降のページで、アプリへのインタースティシャル広告の実装例として推奨されるものと許可されないものをご紹介します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。