モバイル広告 ID について

この記事は、Google アド マネージャー サービスのみを対象としています。他の Google サービスには適用されません。

モバイルアプリに Cookie はありません。アド マネージャーでは、代わりにモバイル デバイスのオペレーティング システムから取得できる識別子が使用されます。これはユーザーが再設定できる識別子です。主な広告 ID には、AdID(Android)と IDFA(Apple)があります。デベロッパーやマーケティング担当者は、モバイル広告 ID を使ってユーザー行動を追跡し、その情報を広告掲載に活用できます。モバイル広告 ID は、配信やターゲティングの対応性を高める目的でも活用できます。

モバイル広告 ID のメリット

これらの広告 ID により、購入者はユーザーに関するデータと、取引で発生したインプレッションの対象となったユーザーを一致させることができるようになります。その結果、Ad Exchange 広告枠において効果的なリマーケティング、フリークエンシー キャップ、コンバージョン トラッキングが促進されます。また、広告 ID を使用すると、広告主は、改善されたトラッキングとアトリビューションによりキャンペーンの掲載結果をより効果的に測定できるようになるため、新たな収益化のチャンスがサイト運営者(パブリッシャー)にもたらされます。

サイト運営者(パブリッシャー)の要件

ユーザーには、デバイスから取得した広告 ID がどのように利用されるかを明確に示す必要があります。そのため、モバイル広告 ID を使用するサイト運営者(パブリッシャー)には、Google アド マネージャー パートナー ガイドラインの「アプリ内広告のリマーケティング」の項にある開示要件への準拠が求められます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。