アド マネージャーと AdSense の違い

ビジネスに最適なソリューションを選択する

アド マネージャーと AdSense は広告枠の販売に役立つ便利なツールです。

最適なソリューションの選択

どちらのサービスも大勢の購入者にリーチできますが、アド マネージャーは直接販売に支障が出ないよう細かい調整が必要なパブリッシャー様向けに設計されています。

ビジネスにおいて直接販売の占める割合が高くない場合や、チャネルの競合が大きな問題でない場合は、AdSense の方が適している可能性があります。

概要

アド マネージャーと AdSense には以下のような機能の違いがあります。

機能 アド マネージャー AdSense
優先取引 取引の管理画面で、購入者との固定 CPM での優先取引、または複数の購入者との最低料金を指定したプライベート オークションを設定できます。 優先取引の設定を行うことはできません。
フィルタとブロック アカウント単位のフィルタ:
  • Google 認定ベンダーのブロック機能
  • URL のブロック機能
  • 一般カテゴリのブロック機能(対象の言語で利用可能な場合)
  • デリケートなカテゴリのブロック機能
  • 広告レビュー センター: さまざまな広告主の広告を審査して承認または不承認を決定
  • 広告主のブロック機能
  • 広告技術のブロック機能
  • Cookie およびデータ使用のブロック機能
ブロックルールによるフィルタ:
  • Google 認定ベンダーのブロック機能
  • URL のブロック機能
  • 一般カテゴリのブロック機能(対象の言語で利用可能な場合)
  • デリケートなカテゴリのブロック機能
  • 広告主のブロック機能
  • Cookie とデータの使用(Google デマンド以外)のブロック機能
  • ユーザーデータ(Google デマンドソース)のブロック機能

許可設定:

  • デリケートなカテゴリ
  • 広告技術

保護機能について

アカウント単位のフィルタ:
  • Google 認定ベンダーのブロック機能
  • URL のブロック機能
  • 一般カテゴリのブロック機能(対象の言語で利用可能な場合)
  • デリケートなカテゴリのブロック機能
  • 広告レビュー センター: さまざまな広告主の広告を審査して承認または不承認を決定
レポート 柔軟性の高いレポート機能。パブリッシャー様指定の条件に基づいてレポートを作成したり、テンプレートを使用したりすることができます。 標準のレポート機能。「サイト」、「広告ユニット」、「広告サイズ」などを指定できます。
購入者 / 広告主 同一の購入者 / 広告主へのアクセス:
  • Google 広告の広告主
  • アド マネージャーの購入者(Google 認定ベンダー)。購入者が Google 認定ベンダー以外のベンダーを利用している場合(非推奨)は、アド マネージャーのパブリッシャー様のみがこの広告枠にアクセスできます。
同一の購入者 / 広告主へのアクセス:
  • Google 広告の広告主
技術ベンダーのアクセス権限 アド マネージャーでは、すべてのベンダーにアクセスが許可されます。パブリッシャー様は任意のベンダーをブロックできます。 ほとんどのベンダーにアクセスが許可されます。パブリッシャー様はベンダーをブロックできません。
ダイナミック アロケーション Google アド マネージャーのダイナミック アロケーション Google アド マネージャーのダイナミック アロケーション
収益のお支払い Google からのお支払い。差引残高がお支払い基準額に達すると、翌月末にお支払いが行われます。 Google からのお支払い。月末の時点で差引残高がお支払い基準額に達していればお支払い手続きが開始され、21 日後の手続き完了の時点でお支払いが行われます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
148
false
false