API アクセスを有効にする

アド マネージャーを使用して他のアプリケーションを統合する

Ad Manager API を使用すると、アド マネージャーと直接連動するアプリケーションを作成できます。サイト運営者(パブリッシャー)や第三者は、こうしたアプリケーションを使って、広告枠の管理、オーダーの作成、レポートの取得などを行うことができます。API を使って作成できるアプリケーションには次のようなものがあります。

  • セルフサービスで広告の出稿を申し込めるページをサイト上に用意し、オーダーの作成やクリエイティブのアップロードを広告主自身が行えるようにする。

  • コンテンツ管理システム(CMS)を広告枠と連携させ、アド マネージャーに更新内容を反映する。

  • 課金システムをレポートデータと連携させ、広告主への請求を自動化する。

API の使用方法の詳細 

API アクセスを有効にする

サイドバーに [管理者] が表示されない場合: この操作を行うには、管理者ユーザー役割の権限が必要です。
  1. Google アド マネージャーにログインします。

  2. [管理者] 右矢印 [全般設定] をクリックします。

  3. [API アクセス] の横にある赤い円 On/off switch - off をクリックします。

  4. [同意する] をクリックして API の利用規約に同意します。

  5. 緑色のチェックマーク On/off switch - on が表示され、API アクセスが有効になったことが示されます。
  6. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。