ウェブサイトへの広告ターゲティングの仕組み

ウェブサイトに表示される広告の決定方法
Google 広告は、サイトのコンテンツやユーザーをターゲットとして自動的に配信されます。ターゲットの方法には、次の種類があります。
  • コンテンツ ターゲット
    Google 独自の技術により、キーワード分析、単語の使用頻度、フォントサイズ、ウェブ上のリンク構造などの要素を分析して、ウェブページの内容を判別し、関連性の高い Google 広告を表示します。
  • プレースメント ターゲット
    広告主様が選択したプレースメント、つまりウェブサイトのセクションに広告を表示します。プレースメント ターゲット広告はページの内容と密接に関連しない場合もありますが、提供する商品やサービスとお客様のサイトのユーザーの興味や関心に関連性があると判断した広告主様が自ら手動で掲載先を指定します。
  • パーソナライズド広告
    パーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)は、特定の興味や関心を持つユーザー(「スポーツファン」など)に表示されます。この手法では、広告主様とユーザーの過去の接点(広告主様のアプリへのアクセスなど)に基づいて広告を表示します。パーソナライズド広告は、アプリやウェブサイトの効率的な収益化に役立ちます。また、広告主様にとっては広告の価値、ユーザーにとっては利便性の向上につながります。

Google の技術ではページの主要言語も判定されます。Ad Exchange でサポートされている言語で書かれたページであれば、その言語に適した広告が表示されます。さらに、ユーザーのいる地域もターゲット条件として使われます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false