コンバージョンとアクティビティ

アクティビティ タグを作成して送信する

アクティビティ タグは、HTML のイメージタグを含んだ JavaScript コードです。このイメージタグによってアド マネージャーにリクエストが送信され、そのリクエストによってアクティビティ イベントが記録されます。アクティビティ グループとアクティビティのコンバージョン指標は、アド マネージャーのレポートで確認できます。アクティビティ タグに渡される未加工の Key-Value は、データ転送機能を使って取得できます。

現在のところ、子供向け取り扱いのタグが設定されたサイトや広告リクエストでは、コンバージョン トラッキングを使用することはできません。

アクティビティ タグを生成する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次に [アクティビティ グループ] をクリックします。
  3. 目的のアクティビティを含むアクティビティ グループをクリックします。
  4. アクティビティを見つけて、[タグ] 列の [タグをコピー] をクリックします。

アクティビティをクリックして詳細を表示し、アクティビティ タグをコピーすることもできます。

アクティビティ タグの詳細

以下では、アクティビティ タグの構成について例を基に説明します。アクティビティのタイプによってタグは少しずつ異なります。

すべて展開  すべて折りたたむ

 

ページビュー数(カウンタ)

「ページビュー数(カウンタ)」アクティビティ タイプは、ウェブページの閲覧をコンバージョンとして追跡します。

例:

<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;xsp=1234;ord='+ a +'?" width=1 height=1 border=0/>

上記のタグを部分ごとに詳しく見てみましょう。

img src: HTML のイメージタグです。src パラメータにより、リクエストされた画像コンテンツの場所がブラウザに伝えられます。

pubads.g.doubleclick.net: コンバージョン トラッキング用のアド マネージャー サーバーのウェブアドレスです。

activity: タグをアクティビティ タグとして識別します。

xsp=1234: アクティビティを識別します。アクティビティにはそれぞれ固有の ID があります。

ord='+ a +': 乱数を生成するコードです。乱数によって配信のたびにタグが固有のものとなるため、ユーザーのブラウザではキャッシュからタグを配信できず、アド マネージャー サーバーに新しい呼び出しを行わなければならなくなります。これにより、アド マネージャーでページビューごとにコンバージョンを確認できます。

<noscript> タグで囲まれたイメージタグの場合、ord= の値は 1 に設定します。これは、値を動的に追加できないようにするためです。<noscript> で囲まれたアクティビティ タグは、ユーザーのブラウザが JavaScript に対応していない場合にのみ配信されます。こうしたユーザーの割合はごくわずかです。

width=1 height=1: 非表示の画像のサイズをピクセル単位で設定します。

border=0: 画像の枠線を 0 ピクセルに設定し、枠線が表示されないようにします。

日別の訪問数(カウンタ)

「日別の訪問数(カウンタ)」アクティビティ タイプは、ウェブページの訪問をコンバージョンとして追跡します。ただしこの場合、コンバージョンがカウントされるのは、同じユーザーが 1 日に何度訪問しても 1 人のユーザーにつき 1 日 1 回のみです。

例:

<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;xsp=1234;ord=1;num='+ a +'?" width=1 height=1 border=0/>

このタグは、2 つの Key-Value を除いて「ページ別の訪問数(カウンタ)」のタグと同じです。

ord=1: 乱数を生成するコードです。

num='+ a +': 乱数を生成するコードです。乱数によって配信のたびにタグが固有のものとなるため、ユーザーのブラウザではキャッシュからタグを配信できず、アド マネージャー サーバーに新しい呼び出しを行わなければならなくなります。これにより、アド マネージャーでページビューごとにコンバージョンを確認できます。

width=1 height=1: 非表示の画像のサイズをピクセル単位で設定します。

border=0: 画像の枠線を 0 ピクセルに設定し、枠線が表示されないようにします。

カスタム(カウンタ)

「カスタム(カウンタ)」アクティビティ タイプは、ウェブページへの訪問をコンバージョンとして追跡します。ただしこの場合、コンバージョンがカウントされるのは、1 人のユーザーにつき 1 回のユーザー セッションで 1 回のみです。セッションの長さは、広告主が ord= Key-Value の値を使用してセッション ID を挿入することにより設定します。広告主は、アクティビティ タグを含むウェブページが読み込まれる際に、設定したセッション ID を挿入する必要があります。なお、アド マネージャーでセッション ID が固有とみなされるのは 1 日間(米国東部標準時間の深夜 0 時からの 24 時間)のみです。それ以降の日について同じセッション ID を使用する場合でも、1 日ごとに新しいコンバージョンとしてカウントされます。

例:

<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;xsp=1234;ord=[セッション ID]?" width=1 height=1 border=0/>

このタグは、「ord=」Key-Value を除いて「ページ別の訪問数(カウンタ)」のタグと同じです。

購入アイテム(販売)

「購入アイテム(販売)」アクティビティ タイプは、ユーザーのアイテム購入をコンバージョンとして追跡します。具体的には、各購入の金額に加え、購入されたアイテムの数とオーダー ID をトラッキングします。広告主は、アクティビティ タグを含むウェブページが読み込まれる際に、これらの値を動的に挿入する必要があります。

このタグに渡される数量、費用、オーダー ID の値は、データ転送機能を使って取得可能です。各アクティビティの収益の合計は、アド マネージャー レポートのコンバージョン指標を使って確認できます。

例:

<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;xsp=9659;qty=[購入されたアイテムの数量];cost=[収益];ord=[オーダー ID]?" width=1 height=1 border=0/>

「購入アイテム(販売)」アクティビティでのみ指定する要素は次のとおりです。

qty=[購入されたアイテムの数量]: それぞれのオーダーで購入されたアイテムの数です。たとえば、ユーザーが 1 回の購入で本を 3 冊買った場合、3 という値を動的に挿入できます。

cost=[収益]: トランザクション全体で発生した収益額です。広告主は、それぞれの購入の値を動的に挿入する必要があります。この値には、カンマや通貨記号を使用せずに、数値のみを挿入します。

費用パラメータの値はアド マネージャー ネットワークと同じ通貨で認識されます。

 

ord=[オーダー ID]: 広告主が、各トランザクションに固有の識別子を挿入する必要があります。

トランザクション(販売)

「トランザクション(販売)」アクティビティ タイプは、ユーザーのアイテム購入をコンバージョンとして追跡します。具体的には、各購入の金額とオーダー ID をトラッキングします。広告主は、アクティビティ タグを含むウェブページが読み込まれる際に、これらの値を動的に挿入する必要があります。

このタグに渡される数量、費用、オーダー ID の値は、データ転送機能を使って取得可能です。各アクティビティの収益の合計は、アド マネージャー レポートのコンバージョン指標を使って確認できます。

例:

<img src="https://pubads.g.doubleclick.net/activity;xsp=10139;qty=1;cost=[収益];ord=[オーダー ID]?" width=1 height=1 border=0/>

「トランザクション(販売)」のアクティビティ タグは「購入アイテム(販売)」のアクティビティ タグとほぼ同じですが、次の 1 点のみ異なります。

qty=1: この値は、トランザクション数をカウントするため 1 に設定されます。「トランザクション(販売)」アクティビティのトランザクション数は、コンバージョン数と同じになります。

アプリケーションのダウンロード(カウンタ)

アプリケーションのダウンロード(カウンタ)」アクティビティ タイプ(iOS 向け、Android 向け)は、モバイルアプリの初回起動をコンバージョンとして追跡します。広告主はアプリに小さなコードを追加して、アプリの初回起動時にこのコードからアド マネージャーに ping が送信されるようにします。ユーザーがアド マネージャーのパブリッシャーのアプリでその広告主の広告を最近表示またはクリックしていた場合は、起動操作がアプリ ダウンロードのコンバージョンとしてカウントされます。

この機能はアプリ内広告でのみ使用できます。広告が最初にパソコンまたはモバイルのウェブで表示された後にアプリケーションがダウンロードされた場合、コンバージョンはカウントされません。

iOS と Android それぞれのコンバージョンをトラッキングするには、個別のアクティビティ グループとコードを作成する必要があります。アプリの場合、Conversion Tracking SDK を Android または iOS に組み込む必要もあります。この SDK について詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

コンバージョン コードの例を次に紹介します。

  • iOS の場合(アプリケーション デリゲートの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドに追加):
    [DCTConversionReporter reportWithConversionID:@"<activity id>"
                            value:nil / *または必要に応じてアプリの価格* /
                            isRepeatable:NO];
  • Android の場合(アプリケーションのメイン アクティビティに追加):
    DoubleClickConversionReporter.reportWithConversionId(
       this.getApplicationContext(), "<activity id>",
       null, null / *または必要に応じてアプリの価格* /, false);

アクティビティ タグとページの読み込み時間

アクティビティ タグ自体は、ウェブページのレイアウトやページの表示速度にはほとんど影響しません。また、ユーザーのブラウザがアクティビティ タグ コンテンツをダウンロードできない場合でも、アクティビティ タグを含むウェブページは適切に読み込まれます。

pubads.g.doubleclick.net 呼び出しの標準的な応答時間は 150~300 ミリ秒程度ですが、この時間は保証されません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。