広告コンテンツに不正なソフトウェアが含まれないようにする

Google では信頼の置ける広告主やパートナーと協力して、広告に潜む不正なソフトウェア(マルウェア)の阻止に積極的に取り組んでいます。サイト運営者(パブリッシャー)と広告ネットワークはすべて、https://anti-malvertising.withgoogle.com/ に記載されたセキュリティに関する勧告に従うことが義務付けられています。

Google では、独自に開発した技術とマルウェア検出ツールにより定期的にすべてのクリエイティブをスキャンしています。認定を受けていない広告主やベンダーへの第四者呼び出しや二次供給は禁止されています。不正なソフトウェアを配信している広告は排除され、ユーザーを保護します。クリエイティブに不正なソフトウェアが含まれていると認められた認定バイヤーは、3 か月以上の停止処分を受けるものとします。ポリシーに違反するクリエイティブがある場合は、問題の解決方法をご覧ください

自動リダイレクトやポップアップを引き起こすクリエイティブ

自動リダイレクトはマルバタイジングの一種で、表示されると自動的にクリックされ、ブラウザやモバイルアプリ内でユーザーを別のサイトを強制的に移動します。ポップアップも同様に、ウェブサイト上でシステム ダイアログ ボックスを表示してユーザーにクリックさせる、マルバタイジングの一つです。

Google ではこのような行為を禁止しており、サイト運営者の保護を常に強化しています。大多数の Ad Exchange および Google のデマンドでは、サンドボックスと呼ばれる技術インフラストラクチャを使用して、これらの悪質なクリエイティブを Chrome や他のプラットフォームで防いでいます。

ヘッダー入札や広告申込情報で取り引きされる他のエクスチェンジ、ネットワーク、パートナーには同じポリシーと保護が適用されない場合があります。ご自身のデマンドソースがこのような行為を禁止し、行為を防ぐための適切なポリシーを備えていることを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。