広告主の担当者を招待してオーダーを閲覧可能にする

広告主を招待し、該当のキャンペーンについてオーダー、広告申込情報、クリエイティブ、レポートの画面を閲覧可能にできます。広告主はキャンペーンやレポートを閲覧できるだけで、編集はできません。また、共有されていないレポートを新しく作成することもできません。

連絡先とユーザーの違い

アド マネージャーでは、ユーザーと連絡先は別個の存在です。

ユーザーは、アド マネージャー アカウントにログインしてアプリケーションを使用できます。アカウントの管理者は、各ユーザーにアカウントを作成し、役割を割り当てる必要があります。すべてのアド マネージャー ユーザーは Google アカウントを所有している必要があります。

連絡先は、キャンペーンのオーダー、広告申込情報、クリエイティブ、レポートを閲覧できるよう招待した広告主です。広告主ごとに連絡先情報を含むプロフィールを作成できます。プロフィールを保存すると、連絡先に招待状が送信されます。連絡先は、それぞれのキャンペーンに関する情報のみを表示できます。連絡先に許可されるのは読み取りのみで、キャンペーンやレポートを編集することはできません。キャンペーン情報を閲覧できるよう招待された広告主は、オーダーを閲覧する際に Google アカウントへのログインが必要となります。

連絡先に複数の広告主のデータの閲覧を直接許可する方法はありませんが、会社を代理店として定義し、その連絡先を個々のオーダーに関連付けたうえで招待すると、関連付けられているすべてのオーダーが閲覧可能になります。

キャンペーン情報を表示できるよう広告主を招待する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者次に [アクセスと認証次に [連絡先] をクリックします。
  3. 広告主の連絡先をリストから選択するか、新たに作成します。
  4. [オーダーを表示できるよう連絡先を招待] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

オーダー閲覧の招待メールの送信が済んだら、アクセスを許可する各オーダーに、広告主の連絡先担当者を明示的に追加する必要があります。

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [配信] をクリックして、広告主の連絡先担当者に閲覧を許可するオーダーの詳細ビューに移動します。
  3. [広告主の担当者] をクリックします。
  4. 表示されたプルダウンから担当者を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
[オーダー] 詳細ビューから直接、新しい連絡先を追加できます。[広告主の担当者] を追加してから、そのフィールド内をクリックすると、[新しい連絡先を追加] オプションが表示されます。この方法で連絡先を追加した場合でも、上記のように [管理者] セクションで、その連絡先にオーダー閲覧の招待メールを送信する必要があります。

キャンペーンの情報閲覧の招待を受けた広告主は、ログインしてオーダーを表示するために Google アカウントが必要となります。招待メールの送信後、連絡先に 2 通のメールが届いた場合、その連絡先は Google アカウントを持っていない可能性が高いと考えられます。この場合、連絡先には Google アカウントの作成手順を記載したメールと、レポートへのアクセス方法を記載したメールが届きます。

連絡先の設定中に各段階で閲覧できるデータ

連絡先がアクセスできるデータは、共有設定の手順の進み具合に応じて異なります:

  • 新しい連絡先を設定すると、相手に招待メールが送信されます。連絡先が招待を承諾すると、アド マネージャー アカウントにリダイレクトされますが、オーダーが明示的に共有されるまで情報は表示されません。
  • 連絡先をレポートの受信者に追加してレポートを実行する際、連絡先がまだ招待を承諾していない場合は、レポートのリンクが送信されるだけでファイルは添付されません。連絡先がレポートを表示するには、リンクをクリックして招待を承諾する必要があります。
  • スケジュール設定済みのレポートの実行時に連絡先がまだ招待を承諾していない場合は、レポートへのリンクが記載されたメールが送信されるだけでファイルは添付されません。連絡先が招待を承諾すると、スケジュール設定済みのレポートが実行される際に、レポートの添付されたメールが連絡先に届くようになります。

招待した連絡先がアクセスできる情報

アド マネージャーに招待した連絡先は、次の機能に読み取り専用でアクセスできます。

  • オーダー
  • 広告申込情報(次の情報を含む)
    • 掲載期間
    • 課金タイプ
    • 費用
    • 費用総額
    • 予約された数量
    • 配信された数量
    • 配信インジケータ

招待された連絡先は、キャンペーンやレポートを編集したり、共有されていないレポートを新たに作成したりすることはできません。

広告主とレポートを共有しても、その広告主にオーダーや広告申込情報へのアクセスが自動的に許可されることはありません。広告主がキャンペーンの情報を閲覧できるのは、該当するオーダーをその広告主と明確に共有している場合に限られます。
アド マネージャーをご利用の一部のお客様は、環境でパートナー管理を有効にしています(動画ソリューションのお客様を含む)。パートナー管理を有効にしているアド マネージャー管理者の場合は、[ファイナンス] セクションが表示され、追加の会社タイプ(パートナー)をご利用いただけます。パートナーの連絡先に対しては、広告主の連絡先を招待してオーダーを閲覧できるようにするのと同様に、招待してパートナー ポータルを閲覧可能にできます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
リリースノート

アド マネージャーの最新の機能とヘルプセンターの更新情報を紹介しています。

最新情報をご覧ください

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー