サイトに GPT のタグを設定してメッセージを表示する

IMA HTML5 SDK でファンディング チョイスを使用します。

Google パブリッシャー タグ(GPT)をは、広告在庫の定義、広告リクエストの作成とバンドル、リクエストに一致した広告の表示に使用できます。GPT では、広告ユニット コード、広告サイズ、Key-Value といった主要な情報の取得、リクエストの作成、ウェブページへの広告表示などの処理が行われます。

GPT タグが次のようになっていることを確認します。

  • サイトのコードに追加されている。
  • async 属性が含まれている。

GPT タグに async 属性が含まれている場合、サイトの訪問者にメッセージが表示されます。アド マネージャーの「プライバシーとメッセージ」で作成したメッセージが、対象のユーザーに自動的に表示されます。

GPT タグの追加と更新については、次の関連資料をご覧ください。

 ファンディング チョイスのタグを GPT タグに更新する

ファンディング チョイスのメッセージは、これまでファンディング チョイスのタグを使用して公開されていました。今後は [プライバシーとメッセージ] で効率的に設定できるよう、公開済みのメッセージを更新して、代わりに Google パブリッシャー タグ(GPT)を使用することをおすすめします。

更新する公開済みのメッセージごとに、次の手順を行ってください。

  1.  Google アド マネージャーにログインします。
  2. [プライバシーとメッセージ] をクリックします。
  3. [プライバシーとメッセージ] ページで、[GDPR] または [CCPA] カードをクリックします。
  4. [公開] をオフにしてからもう一度オンにします。メッセージが更新され、ファンディング チョイスのタグの代わりに GPT タグが使用されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー