パスワード アラートでフィッシングを防止する

パスワード アラートを使用すると、Google アカウントの安全性を維持できるだけでなく、Gmail や YouTube に保存している情報も保護できます。

Chrome ブラウザにパスワード アラートを追加することにより、Google 以外のサイトへのログインに Google パスワードを使用すると自動的に警告が表示されるようになります。

パスワード アラートを有効にする
  1. Google Chrome で、Google アカウントにログインします。
  2. Chrome ウェブストアからパスワード アラートをダウンロードします。
  3. 画面の指示に沿って操作します。
  4. Google アカウントにログインし直します。

なお、パスワード アラートは Chrome ブラウザにのみ対応しています。

: G Suite 管理者の方は、こちらのヘルプ記事にある、組織内でパスワード アラートを使用する方法をご確認ください。

パスワード アラートを無効にする
  1. Google Chrome で、Google アカウントにログインします。
  2. 右上で、その他アイコン その他 を選択します。

  3. [その他のツール] をクリックします。
  4. [拡張機能] をクリックします。
  5. 拡張機能の一覧からパスワード アラートを見つけます。
  6. 削除アイコン 削除 を選択します。
パスワード アラートの活用方法

パスワード アラートを有効にすると、Google 以外のサイトへのログインに Google アカウントのパスワードを使用すると警告が表示されます。

この警告は無視しても構いませんが、必要に応じて対策を講じることもできます。たとえば、アカウント情報が第三者に漏れたことが疑われる場合はパスワードを変更できます。

なお、パスワード アラートがパスワードやキー操作を恒久的に保存したり、誰かに送信したりすることはありません。

Google アカウントの安全性の維持についてもご確認ください。

Google アカウントのパスワードを使用できる場合

Google アカウントのパスワードは、Gmail、YouTube、Chrome、Play など、Google 関連のアプリやサービスへのログインには引き続き使用できます。同じパスワードを Google 以外のサイトで使用した場合にのみパスワード アラートから警告が表示されます。

さまざまなアカウントで同じパスワードを使用している場合は、Google アカウントのパスワードを変更することをおすすめします。同じパスワードを使用していると、1 つのアカウントに不正にアクセスされた場合に、他のアカウントにも不正にアクセスされるおそれがあります。

パスワード アラートについてご不明な点がありましたら、パスワード アラートによるフィッシング防止に関するよくある質問をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。