アカウントに保存するアクティビティの管理

アクティビティ管理では、Google アカウントに保存するアクティビティの種類を選択できます。こうした設定は、アカウントにログインしているすべてのデバイスで適用されます。

設定の変更と、保存されたアクティビティの表示や削除はいつでも行うことができます。

保存されるアクティビティ

アクティビティ管理では、次の種類のアクティビティを保存するかどうかを指定できます。

  • ウェブとアプリのアクティビティには、検索内容や Google サービスでの他のアクティビティが保存され、検索の手間を短縮できるようになったり、検索やマップなどの Google サービスでよりカスタマイズされた情報が表示されるようになったりします。また、Chrome の閲覧履歴や、Google サービスを使用するサイト、アプリ、デバイスでのアクティビティも保存できます。
  • ロケーション履歴では、地図の検索、通勤ルートなどで提供する情報の改善を目的として、ログイン状態のデバイスを持って訪れた場所を記録した非公開の地図が作成されます。
  • デバイス情報には、Google 全体での利便性を向上させることを目的に、連絡先、カレンダー、アプリなどのデバイスデータが保存されます。
  • 音声アクティビティには、音声入力(「OK Google」コマンドなど)が保存され、音声の認識精度の向上や音声認識機能の改善につながります。
  • YouTube の検索履歴では、次回以降の検索の手間を短縮し、表示するおすすめの精度を向上させられるよう、YouTube での検索内容が保存されます。
  • YouTube の再生履歴を有効にすると、YouTube で最近再生した動画が探しやすくなるほか、表示されるおすすめの精度が向上します。

保存するアクティビティの変更

アカウントに保存されるアクティビティのほとんどは、以下の設定を変更することで管理できます。

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ Gmail を開きます。メニュー アイコン メニュー 次に [設定] 次に お使いのアカウント 次に [Google アカウントの管理] をタップします。Gmail を使用していない場合は、myaccount.google.com にアクセスしてください。
  2. 上部の [データとカスタマイズ] をタップします。
  3. [アクティビティ管理] でアクティビティ管理設定の 1 つをタップします。
  4. そのアクティビティ管理設定をオンまたはオフにします。

アクティビティの表示または削除

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ Gmail を開きます。メニュー アイコン メニュー 次に [設定] 次に お使いのアカウント 次に [Google アカウントの管理] をタップします。Gmail を使用していない場合は、myaccount.google.com にアクセスしてください。
  2. 上部の [データとカスタマイズ] をタップします。
  3. [アクティビティ管理] でアクティビティ管理設定の 1 つ 次に [履歴を管理] をタップします。
  4. ツールを使用して、アクティビティを表示します。タイムラインからロケーション履歴を削除する方法、または [マイ アクティビティ] からデータを削除する方法をご確認ください。

 

どのような場合にアクティビティが保存されるか

アクティビティは、デバイスで Google アカウントにログインしている場合に保存されます。アクティビティ管理が有効になっていると、この設定に基づいて Google に情報が保存されます。

注: 複数のアカウントを同時に使用している場合、アクティビティはデフォルトのアカウントに保存されます。

詳しくは、Google が収集する情報と、その情報が Google サービスの利便性向上のためにどう使われるかについての説明をご覧ください。

サービスの使用に関するデータ

Google サービスを使用すると、一部のデータが Google アカウントに保存されます。たとえば、特定の機能をいつどのように使用したかといった情報が保存されます。

アクティビティの詳細やその他の項目を削除しても、サービスの使用に関するデータは保存されたままになります。たとえば、[マイ アクティビティ] で検索情報を削除した場合、検索内容は削除されますが、検索したという情報は保存されたままになります。

サービスの使用に関するデータが Google でどのように利用されているかについては、Google プライバシー ポリシーをご覧ください。Google ではこれらのデータを以下の目的のために利用しています。

  • スパムや不正行為の防止
  • サービスの改善、新しいサービスの開発
  • 別個のサービスが相互にどのような影響を与えるかを把握
  • ビジネス インサイトの取得(特定のサービスや機能がどれほどのユーザーに、どれほどの期間使用されたかなど)

上記のような目的に合致する場合に限り、データが保存されます。アカウントを削除すると、これらのデータも削除されます。

詳しくは、Google が収集するデータとその理由についての説明をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。