別のメールアドレスで Google アカウントにログインする

Google アカウントを作成すると、自動的に Gmail アドレスも作成されます。ただし、ログインに別のメールアドレスを使用したい場合は、Gmail 以外のメールアドレスをアカウントに関連付けて、ログインやパスワードの再設定、通知の受信などの際にそのアドレスを使用できます。

メールアドレスの要件

  • Gmail アドレスは使用できません。
  • 別の Google アカウントに既に関連付けられているメールアドレスは使用できません。
  • このメールアドレスを使用してログインする際は Google アカウントのパスワードを使用してください。

予備のメールアドレスを追加する

  1. Google アカウントにログインします。
  2. [個人情報] ボックスで [メール] をクリックします。
  3. [その他のメールアドレス] の横にある [編集] をクリックします。
  4. 再設定用のメールアドレスを追加します。
  5. [保存] をクリックします。

予備のメールアドレスの確認用リンクを記載したメールが Google から届きます。このリンクをクリックしてから、追加した予備のメールアドレスでアカウントにログインしてください。

確認メッセージが見つからない場合は、問題解決の方法をご確認ください

予備のメールアドレスではなく Gmail アドレスが他のユーザーに表示される場合

他のユーザーがあなたの予備のメールアドレスと情報を共有すると、予備のメールアドレスではなく Google アカウントのメインのメールアドレス(Gmail)が表示される場合があります。

  • Google ドキュメント: 他のユーザーがドキュメントなどのコンテンツをあなたの予備のメールアドレスと共有すると、予備のメールアドレスではなく Gmail アドレスが表示されます。
  • Google サイト: 他のユーザーがサイトをあなたの予備のメールアドレスと共有すると、予備のメールアドレスではなく Gmail アドレスが表示されます。
  • カレンダー: 予備のメールアドレスから転送された招待状に返信すると、返信には Gmail アドレスが返信元として表示されます。

関連記事

予備のメールアドレスを削除する方法