モールス符号を使用する

モバイル端末でモールス符号を入力できます。

Tania’s Story: Morse code meets machine learning

: モールス符号は、Android 5.0 以降を搭載する端末で英語(米国)で利用できます。

手順 1: Gboard をダウンロードする

Android スマートフォンまたはタブレットで Gboard をインストールします。

手順 2: モールス符号キーボードを設定する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで設定アプリを開きます。
  2. [システム] 次に [言語と入力] をタップします。
  3. [仮想キーボード] 次に [Gboard] をタップします。
  4. [言語] 次に [英語(米国)] をタップします。
  5. オプションを右にスワイプし、[モールス符号] をタップします。
  6. [完了] をタップします。

手順 3: モールス符号を使用する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Gmail や Keep のような入力できるアプリを開きます。
  2. テキストを入力する場所をタップします。
  3. スペースバーを押し続けます。
  4. [モールス符号] をタップします。
  5. ドット(.)キーとダッシュ(-)キーを使用してテキストを入力します。

モールス符号のレイアウトは、TalkBack、スイッチ アクセス、「選択して読み上げ」のようなユーザー補助サービスに対応しています。

ヒント: ゲームをプレイしたり、他の学習ツールを見つけたりするには、g.co/morse にアクセスしてください。

外付けのスイッチを接続する

Android スイッチ アクセスを使用して、外付けのスイッチ デバイスでモールス符号を入力できます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで設定アプリを開きます。
  2. [システム] 次に [言語と入力] 次に [物理キーボード] をタップします。
  3. [仮想キーボードの表示] をオンにします。

Gboard では、スイッチ デバイスによってドット(.)とダッシュ(-)の文字が割り当てられたキーを自動的に認識します。

ヒント: スイッチが 3 つ以上ある場合、他のスイッチに追加の操作を割り当てることができます。

モールス符号のレイアウトの設定を変更する

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで設定アプリを開きます。
  2. [システム] 次に [言語と入力] をタップします。
  3. [仮想キーボード] 次に [Gboard] をタップします。
  4. [言語] 次に [モールス符号] をタップします。
  5. ここでは、[キー操作音]、[文字のタイムアウト]、[キーリピート] などの設定をオンにすることができます。

入力時に音を鳴らす

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、「モールス符号のレイアウトの設定を変更する」の手順 1~4 を実行します。
  2. [キー操作音] をオンにします。

文字のタイムアウトを変更する

モールス符号列が文字に変換されるまでの Gboard の待機時間を変更できます。手動で各文字を送信することもできます。

  • Gboard の待機時間を変更する: スペースバーを押し続け、[言語設定] 次に [モールス(米国)] 次に [文字のタイムアウト] をタップします。
  • 文字を手動でテキスト フィールド欄に送信する: [文字のタイムアウト] を [なし] に設定します。その後、モールス符号が表示される場所でスペースバーを押します。

単語のタイムアウトを設定する

この機能をオンにすると、入力した文字が単語に変換されるまでの時間を管理できます。

  • デフォルトでは、この設定はオフになっており、タイムアウトはありません。
  • タイムアウトを 1 秒に設定し、「こんにちは」と入力すると、キーボードによって 1 秒後に単語とスペースがテキスト欄に追加されます。

: 単語のタイムアウトを有効にすると、キーボードにより、オートコレクト、入力候補の提案や予測が通常どおり行われます。

キー入力の繰り返し

キー入力を繰り返すには: ドット(.)またはダッシュ(-)を押し続けます。

キーリピートをオンにすると、次のことができます。

  • 繰り返しをいつ開始するかを設定する
  • 繰り返しの速度を設定する
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
717068
false