TalkBack を使用してデバイスを操作する

TalkBack を有効にすると、タッチガイドを利用したり、直線的にスワイプして画面上の項目を音声による読み上げで順番に聞いたりすることができます。

タッチガイド

タッチガイドを利用する場合は、1 本の指を画面上でゆっくりとドラッグします。指をドラッグしてアイコン、ボタンなどの項目の上に置くと、その項目の内容が音声で通知されます。選択したい項目にフォーカスが移ったときに画面をダブルタップすると、その項目が選択されます。

直線的なナビゲーション

画面上の項目を 1 つずつ確認するには、左右にスワイプして項目間を順に移動します。いずれかの項目にフォーカスを置くと、その項目で実行できる操作のヒントが読み上げられます。

TalkBack のナビゲーション設定を順番に切り替えるには、上または下にスワイプして、使用する設定を決定します。その後、選択した設定を使用して、次に進むには右にスワイプし、戻るには左にスワイプします。

ナビゲーション設定には次のオプションがあります。

  • 見出し: 見出しを使ってナビゲートします。
  • リンク: 画面上のメールアドレス、電話番号、ウェブサイト、アドレスなどのリンクを使ってナビゲートします。
  • コントロール: チェックボックス、ラジオボタン、スイッチ、スライダー(シーク制御)、テキスト フィールド、ボタンを使ってナビゲートします。
  • デフォルト: ページ上のすべての要素に論理的な順序で移動します。

たとえば、リンクを使ってナビゲートするとします。左右にスワイプすると、TalkBack は各リンクにフォーカスを置いて、読み上げます。現在の画面にリンクがない場合、TalkBack は次または前の画面に移動します。次または前のリンクを探すには、もう一度スワイプします。最後または最初の画面でリンクが見つからない場合、TalkBack は直近のフォーカス可能なアイテムに移動した後、検索を停止します。

ヒント: TalkBack ジェスチャーには、デバイスをすばやく操作するための各種オプションが用意されています。詳しくは TalkBack ジェスチャーについての記事をご覧ください。

画面検索

  1. 画面検索を行うには、まず、以下のいずれかの手順を行います。
    • グローバル コンテキスト メニュー: 下にスワイプして右にスワイプすると、グローバルコン テキスト メニューが開きます(TalkBack の設定で異なるジェスチャーを割り当てることもできます)。[画面検索] が表示されるまで右にスワイプしてから、ダブルタップして選択します。
    • キーボード ショートカット: Alt + Control + /(スラッシュ)を押します。
    • ジェスチャー: 左にスワイプしてから下にスワイプします。
  2. 検索キーワードを入力します。
  3. 検索結果の一覧から選択します。
  4. 前後の画面で一致するものを検索するには、[前の画面] または [次の画面] を選択します。
  5. 検索した単語を削除するには、[入力内容を削除」を選択します。
  6. 画面検索を終了するには、[検索を閉じる] を選択します。

連続読み上げ

画面の連続読み上げを行う手順は、次のとおりです。

  1. 下にスワイプしてから右にスワイプして、グローバル コンテキスト メニューを開きます(TalkBack の設定で異なるジェスチャーを割り当てることもできます)。
  2. [最上部から読み上げる] または [次のアイテム以降を読み上げる] まで右にスワイプしてから、ダブルタップして選択します。
  3. 読み上げを中止するには、画面をタップします。
  4. 画面の一番最後まで到達すると、TalkBack は自動的に次の画面に進みます。

連続読み上げの最中に前後にスキップするには、次のようにします。

  • 画面上で右または左にスワイプします。
  • キーボードを使用している場合は、Alt + 右矢印または Alt + 左矢印を押します。

連続読み上げの際に、見出し、リンク、またはその他のナビゲーション設定だけを読み上げるよう画面をスキャンするには、次のようにします。

  1. TalkBack のナビゲーション設定を、見出しやリンクなど、使用したい設定になるまで上下にスワイプして切り替えます。
  2. グローバル コンテキスト メニューを開くには、下にスワイプしてから右にスワイプします(TalkBack の設定で異なるジェスチャーを割り当てることもできます)。
  3. [最上部から読み上げる] または [次のアイテム以降を読み上げる] まで右にスワイプしてから、ダブルタップして選択します。
  4. TalkBack は、手順 1 で選択したナビゲーション設定を使用して読み上げを開始します。たとえば、見出しを選択した場合、TalkBack は見出しのみを読み上げます。
  5. 読み上げを中止するには、画面をタップします。

テキストを編集する

テキストを編集する欄をフォーカスすると、画面の下部に仮想キーボードが表示されます。このキーボードでも、他の画面と同じようにタッチガイドを使用できますが、有効にする方法が異なります。

文字を入力するには:

  1. 入力する文字が読み上げられるまで、キーボード上で指をスライドさせます。
  2. 指を離すと、フォーカスしていたキーが入力されます。

入力欄に入力したテキストを 1 文字ずつ確認するには、音量大または音量小ボタンを押します。

注:

  • デフォルトの Android キーボード以外のキーボードをインストールしている場合は、操作方法が異なることがあります。
  • Android デバイスに物理キーボードを接続している場合は、TalkBack のキーボード ショートカットについての記事をご覧ください。