検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

iPhone でカレンダー、Gmail などの G Suite を同期する

iPhone®、iPad®、その他の iOS 端末(iPod Touch® など)で Gmail、カレンダー、コンタクトなどの G Suite を同期するには、個々の端末で Google Sync を設定する必要があります。

この記事は G Suite、G Suite for Education、G Suite for Government をご使用の方を対象としています。その他のユーザーは、iOS 端末の手順について、Gmail、カレンダー、連絡先の同期についてのページをご覧ください。詳細

現在 Google では、iOS 端末に対するネイティブの端末管理をサポートしています。詳しくは、iOS 端末の管理をご覧ください。

Google Sync を使用する前に
  • iTunes® を同期して、iOS 端末の連絡先やカレンダーをパソコンにバックアップします。詳細をご覧ください。
  • Safari® の Cookie の設定([Safari] > [設定] > [プライバシー])を調べて、[訪問先のみ] または [常に] に設定されていることを確認します。[しない] に設定されていると、画像に表示されている文字の入力を求められる可能性が高くなります。
  • 端末の言語を [English (US)] に設定して m.google.com サーバーへのアクセスを許可します。
注: Google Sync を設定すると、管理者は新たな端末管理機能(リモートワイプやパスワードの要件など)を利用できるようになる場合があります。詳細については、管理者にお問い合わせください。
Google Sync を使用する

  1. iOS 端末で [設定] をタップします。
  2. [メール / 連絡先 / カレンダー] をタップします。
  3. [アカウントを追加] をタップします。
  4. [Exchange] をタップします。

    : iOS 4.0 以降では複数の Exchange™ アカウントを設定できます。ただし、ご使用の端末で 2 つ目のアカウントを追加できない場合は、Gmail の同期には IMAP を、Google カレンダーの同期には CalDAV を、連絡先の同期には CardDAV を使用できます。

  5. G Suite の完全なメールアドレスとパスワードを入力し、[次へ] をタップします。
  6. [サーバー] 欄に「m.google.com」と入力します。
  7. [ドメイン] 欄は空欄のままにします。
  8. [ユーザー名] 欄に G Suite の完全なメールアドレスを入力します。
  9. [パスワード] 欄には既にパスワードが入力されています。入力されていない場合はもう一度入力し、[次へ] をタップします。

    パスワードについての注意事項:

  10. 同期する Google サービス([メール]、[連絡先]、[カレンダー] など)を選択し、[保存] をタップします。端末で会議の出席依頼を受信して返信するには、ここで [メール] と [カレンダー] を有効にし、Google カレンダーの設定で [新しい予定] を有効にする必要があります。詳しくは、メール、カレンダー、連絡先の設定のカスタマイズをご覧ください。
同期の開始: 端末でプッシュ機能を有効にしている場合は自動的に同期が始まります。また、[メール / カレンダー / 連絡先] アプリを開いて数秒待つと同期が始まります。G Suite、G Suite for Education、G Suite for Government に最近お申し込みされた場合は、同期が開始されるまで最大で 24 時間ほどかかることがあります。
メール、カレンダー、連絡先の設定のカスタマイズ

iOS 端末で [新しい予定] を有効にするには:

  1. iOS 端末でウェブブラウザを使用して Google カレンダーにログインします。
  2. [カレンダー設定] > [カレンダー] にアクセスします。
  3. 同期するカレンダーの [通知] をクリックします。
  4. [メール] の [新しい予定] チェックボックス(および有効にするその他の通知設定)をオンにし、[保存] をクリックします。

[名前] 機能を有効にする:

Gmail と G Suite をご使用の場合は、iOS 端末でウェブブラウザを使用して、独自のアドレスからメールを送信することができます。

  1. iOS 端末でウェブブラウザを使用して Gmail にログインします。
  2. [アカウント] タブで [メールアドレスを追加] をクリックします。
  3. 予備のメールアドレスを入力します。このアドレスをデフォルトにする場合は、[エイリアスとして扱います] チェックボックスをオフにします。
  4. [次のステップ] をクリックします。
  5. [確認メールの送信] をクリックします。そのメールアドレスを所有していることを確認するため、Gmail からそのアドレスに確認メールが送信されます。
  6. アドレスを確認するには、次のいずれかを行います。
    • 確認メールに記載されているリンクをクリックします。
    • Gmail の設定の [アカウント] セクションに確認コードを入力します。

これらの変更を行った後でも、iOS メールアプリで依然としてこの新しいアドレスではなくメイン アカウントからメールを送信しているように表示される場合があります。一方、受信者がそのメールを受け取るときには、差出人アドレスには「名前」で設定した新しいアドレスが表示されます。端末からテストメールを送信して、メールアドレスが希望どおりに表示されていることをご確認ください。

詳しくは、別のアドレスまたはエイリアスからメールを送信するをご覧ください。

Gmail と G Suite をご使用の場合は、iOS メールアプリを使用して、独自のアドレスからメールを送信することができます。この機能を有効にする方法は次のとおりです。

  1. iOS 端末で http://m.google.com/sync/settings にアクセスします。
  2. ご使用の端末を選択し、[Enable "Send Mail As" for this device] チェックボックスをオンにします。

iOS 端末の [Enable Delete Email As Trash]:

iOS メールアプリでメールを削除した場合、Gmail ではメールを削除せずにアーカイブするのが Google Sync のデフォルトの設定です。[Enable "Delete Email As Trash" for this device] チェックボックスをオンにすると、削除したメールは Gmail のゴミ箱に送信されます。

この設定を有効にするには、端末のブラウザで http://m.google.com/sync/settings にアクセスします。このページは、言語に「English(U.S.)」を選択している場合にのみご利用いただけます。

誤って削除してしまったメールは、ウェブブラウザで Gmail の受信トレイにログインして、[ゴミ箱] にアクセスすると見つかります。デフォルトでは、Gmail のゴミ箱は 30 日ごとに空になります。

iOS での暗号化

[端末でデータを暗号化] 設定により、Microsoft® Exchange ActiveSync® ポリシーが端末に送信されます。以下をご覧のうえ、この設定を有効にした場合、ユーザーの端末が G Suite と同期されるかどうかをご確認ください。

設定を有効にすると同期される端末:

  • iPhone(3GS 以降)
  • iPad(全モデル)
  • iPod touch(第 3 世代以降)

設定を有効にしても同期されない端末:

  • iPhone 3G 以前のモデル
  • iPod touch(第 1 世代と第 2 世代)
: [ユーザー向けに Google Sync を有効にする] を選択した場合は、どのバージョンの iOS を実行している端末も G Suite と同期されます。また、[Google Sync 端末でポリシーを適用する] および [端末でデータを暗号化] を選択した場合は、次のようになります。
  • iOS 3.1 以降を実行している端末は、G Suite と同期されません。
  • 3.1 より前の iOS を実行している端末には暗号化設定は適用されず、引き続き G Suite と同期されます。
設定や同期に問題がある場合は、 Google Sync の報告されている問題についてのページをご覧ください。