iOS デバイスで G Suite を設定する

オレンジ色の線

モバイル

組織で許可されている場合は、iOS デバイスで G Suite を設定して職場や学校のアカウントにアクセスできます。個人のデバイスを使用することも、組織から支給されたデバイスを使用することも可能です。IT 管理者による設定に応じて、G Suite アプリまたはデバイスの iOS アプリからアカウントにアクセスできます。

必要なもの:
スヌーズ中 10 分
電話 iOS 10 以降を搭載した個人のデバイスまたは iOS 11 以降を搭載した会社所有デバイス
アカウント G Suite アカウント(お持ちでない場合は、管理者にお問い合わせください)

設定するデバイスの種類オレンジ色の線

個人のデバイスを設定する

オレンジ色の線

手順 1: G Suite アカウントをデバイスに追加する

アカウントの追加方法は、職場や学校で使用するアプリによって異なります。

Google のアプリ(Gmail など)を使用する
  1. iOS デバイスで App Store を開き、Gmail などの Google アプリを検索します。
  2. 画面の手順に沿ってアプリをダウンロードしてインストールします。
    Apple ID とパスワードの入力が必要になる場合があります。
  3. インストールが完了したら、Gmail "" を開きます。
  4. [ログイン] 次に [Google] 次に [続行] をタップします。
  5. G Suite アカウントを使用してログインします。
    G Suite アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  6. Gmail から通知を受け取る場合は、[許可] をタップします。

次のステップ

管理者によるデバイスの管理方法に応じて、次のように対応します。

  • Gmail を開いて仕事用のメールが表示された場合は、すぐにアプリを使用できます。
  • Google Device Policy アプリのインストールを求めるメッセージが表示された場合は、以下の手順 2 に進みます。
  • セキュリティ プロファイルのインストールを求めるメッセージが表示された場合は、[次へ] をタップ 次に 以下の手順 3 に進みます。
iOS アプリを使用する

管理者が許可している場合は、G Suite のメール、カレンダー、連絡先を iOS デバイスの対応するアプリと同期させることができます。対応する iOS アプリで職場や学校のアカウントのメールを受信したり、Google カレンダーの予定を表示したり、Google コンタクトを表示したりできます。

G Suite アカウントをメールアプリに追加するには:

  1. iOS デバイスで設定を開きます。
  2. [パスワードとアカウント] 次に [アカウントを追加] をタップします。
    iOS 10.3.3 以前のデバイスをご利用の場合は、[メール] 次に [アカウント] 次に [アカウントを追加] をタップします。
  3. [Google] をタップします。
  4. G Suite アカウントを使用してログインします。
    G Suite アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  5. 設定を閉じてメールアプリを開きます。

次のステップ

管理者によるデバイスの管理方法に応じて、次のように対応します。

  • メールアプリを開いて仕事用のメールが表示された場合は、すぐに iOS アプリを仕事に使用できます。
  • メールアプリに仕事用のメールが表示されない場合は、管理者が Google Device Policy アプリのインストールを求めている可能性があります。以下の手順 2 をご覧ください。

手順 2: Google Device Policy アプリをインストールする

組織のデータを安全に保つために、Google Device Policy アプリのインストールを求められることがあります。アプリのインストールを求められるのは、以下に該当する場合です。

  • 管理者が、モバイル デバイス向けに特定のセキュリティ ポリシーを適用している。詳細
  • 管理者が、ユーザーのデバイスにインストールされている業務用アプリを管理することを希望している。詳細
  • サードパーティ製アプリから仕事用アカウントにログインしようとしている。

Device Policy アプリをインストールする

  1. 次のいずれかを行います。
    • デバイスにアプリのインストールを求めるメッセージが表示されたら、[App Store] をタップします。
    • プロンプトが表示されない場合は、App Store を開いて Google Device Policy を検索します。
  2. 画面の手順に沿ってアプリをダウンロードしてインストールします。
    Apple ID とパスワードの入力が必要になる場合があります。
  3. Google Device Policy Google Apps Device Policy を開き、情報画面を読んでスワイプして [続行] をタップします。
  4. アプリから通知を受け取る(推奨)場合は、[許可] をタップします。
  5. [使ってみる] をタップし、G Suite アカウントを使用してログインします。
    G Suite アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  6. [同意する] をタップして利用規約に同意します。
  7. ダウンロード アイコン をタップ 次に 手順に沿って設定プロファイルをインストールします。方法については、後述の手順 3 をご覧ください。

ステップ 3: 設定プロファイルをインストールする

セキュリティ プロファイルのインストールを求める Device Policy アラート メッセージが表示された場合は、次の手順を行います。

デバイスに Google モバイル デバイス管理の設定プロファイルをインストールするよう求められる場合があります。このプロファイルは、管理者がデバイス上の組織のデータを保護するのに役立ちます。詳細

設定プロファイルをインストールするには:

  1. [許可] をタップして設定プロファイルをダウンロードします。
  2. [閉じる] をタップ 次に 設定アプリを開きます。
  3. [プロファイルがダウンロードされました] をタップします。
  4. [インストール] をタップします。
  5. 必要に応じてデバイスのパスコードを入力し、[インストール] をタップします。
  6. [インストール] 次に [信頼する] をタップします。
  7. [完了] をタップします。管理者によるデバイスの承認が必要な場合は、職場や学校のメールアドレスにメールが届きます。
  8. 設定アプリを閉じます。

仕事用アプリを入手するには、Google Device Policy Google Apps Device Policy を開き 次に メニュー アイコン "" 次に [アプリ] をタップします。

 会社所有デバイスを設定する

オレンジ色の線

会社所有デバイスを仕事で使用する場合、そのデバイスは IT 管理者によって管理されます。デバイスには組織の優先設定が事前に適用されており、管理者がデバイスの機能を管理できます(ユーザーによる App Store へのアクセスや通知設定の変更の可否など)。

始める前に: 組織ですでに使用されていたデバイスを支給された場合は、デバイスを初期状態にリセットする必要があります。ご不明な点がありましたら、管理者にお問い合わせください。

デバイスを設定する

  1. デバイスの電源を入れます。
  2. 画面の指示に沿って言語を設定し、W-Fi ネットワークに接続して、デバイスのパスコードを作成します。
  3. [リモート マネージメント] 画面で [次へ] をタップします。
  4. ログイン メッセージが表示されたら、Apple ID でログインして Apple のセキュリティ設定を行います。
  5. Google Device Policy アプリがデバイスにインストールされるまで待ちます。
  6. Google Device Policy Google Apps Device Policy を開き、G Suite アカウントを使用してログインします。
    G Suite アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  7. [同意する] をタップして利用規約に同意します。
  8. 画面の指示に沿ってデバイスの設定を完了します。

仕事用アプリを入手するには、Google Device Policy Google Apps Device Policy を開き 次に メニュー アイコン "" 次に [アプリ] をタップします。

関連トピック

オレンジ色の線

Google、G Suite、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。