通知

在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

Apple iOS

iOS デバイスで Google Workspace を設定する

組織で許可されている場合は、iOS デバイスで Google Workspace を設定して職場や学校のアカウントにアクセスできます。個人のデバイスを使用することも、組織から支給されたデバイスを使用することもできます。

要件

  • iOS の最小バージョンは、管理者の設定によって異なります。
    • iOS 15.5 以降(管理者がデバイス上の仕事用データのみを管理している場合)
    • iOS 12 以降(管理者がデバイス全体を管理しており、Google Device Policy アプリをインストールする必要がある場合)
    • iOS 10 以降(管理者が Google Device Policy アプリをインストールする必要がない場合) 
  • Google Workspace アカウント
  • iTunes アカウント
  • Safari の現行バージョン
    (デバイス設定で Safari を有効にする: [設定] 次に[一般] 次に [機能制限])

設定するデバイスの種類

個人のデバイスを設定する

個人のデバイスを仕事で使用する場合、管理者がデバイス上の一部のデータや機能を管理できるようにします。デバイスを設定する手順は、管理者による iOS の登録方法によって異なります。

  • ユーザー登録(ベータ版) - 管理者がデバイス上の仕事用データと個人用データを分けられるようにします。管理者は仕事用のアプリとデータを完全に制御できます。また、管理者がアカウントに基づくユーザー登録を設定して、ユーザーが iOS 設定でアカウントを追加し、デバイスを自動的に登録できるようにすることも可能です。
  • デバイスの登録 - 仕事用と個人用のデータがデバイス上で分離されることはありません。管理者はデバイスをより詳細に管理できます。

始める前に

  • デバイスは複数の方法で設定できます。どの手順を行うべきか、管理者にお問い合わせください。
  • すでにデバイスを仕事で使用している場合は、Device Policy アプリからアカウントの登録を解除し、デバイスからアプリを削除します。詳しくは、Device Policy アプリを管理するをご覧ください。

手順 1: Google Workspace アカウントをデバイスに追加する

すべて開く  |  すべて閉じるすべて閉じる

ユーザー登録(ベータ版)

iOS の設定にアカウントを追加する(アカウントに基づく登録)
  1. iOS デバイスで、[設定] 次に [全般] 次に [VPN とデバイス管理] 次に [職場や学校のアカウントにログインする] をタップします。
  2. Google Workspace アカウントを使用してログインします。

Google Device Policy アプリと設定プロファイルがデバイスに自動的にインストールされます。設定が完了したら、Google Device Policy アイコン をタップして、管理者が仕事用に承認したアプリを取得します。詳しくは、iOS デバイスで承認済みの仕事用アプリを入手するをご覧ください。

Google アプリにアカウントを追加する(プロファイルに基づく登録)
  1. iOS デバイスで App Store を開き、Gmail などの Google アプリを検索します。
  2. 画面上の手順に沿ってアプリをダウンロードしてインストールします。
    Apple ID とパスワードの入力が必要になる場合があります。
  3. インストールが完了したら、Gmail を開きます。
  4. [ログイン] 次に [Google] 次に [続行] をタップします。
  5. Google Workspace アカウントを使用してログインします。
    Google Workspace アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  6. Gmail から通知を受け取る場合は、[許可] をタップします。
  7. 設定プロファイルのダウンロードを求められたら、[次へ] をタップするか、次のいずれかを行います。
    • 管理者がデバイス全体を管理できるようにするには、[デバイスの登録を続行] をタップします。
    • 管理者が仕事用のアプリとデータのみを管理できるようにするには、[ユーザー登録を続行] をタップします。
  8. 画面の指示に沿って設定プロファイルをダウンロードし、手順 3 に進みます。

デバイスの登録

アカウントの追加方法は、職場や学校で使用するアプリによって異なります。

Google のアプリ(Gmail など)を使用する
  1. iOS デバイスで App Store を開き、Gmail などの Google アプリを検索します。
  2. 画面の手順に沿ってアプリをダウンロードしてインストールします。
    Apple ID とパスワードの入力が必要になる場合があります。
  3. インストールが完了したら、Gmail を開きます。
  4. [ログイン] 次に [Google] 次に [続行] をタップします。
  5. Google Workspace アカウントを使用してログインします。
    Google Workspace アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  6. Gmail から通知を受け取る場合は、[許可] をタップします。

次のステップ

管理者によるデバイスの管理方法に応じて、次のように対応します。

  • Gmail を開いて仕事用のメールが表示された場合は、すぐにアプリを使用できます。
  • Google Device Policy アプリのインストールを求めるメッセージが表示された場合は、手順 2 に進みます。
  • 設定プロファイルのインストールを求められたら、以下のいずれかを選択して手順 3 に進みます。
    • [次へ] をタップします。
    • 管理者がデバイス全体を管理できるようにするには、[デバイスの登録を続行] をタップします。
    • 管理者が仕事用のアプリとデータのみを管理できるようにするには、[ユーザー登録を続行] をタップします。
iOS アプリを使用する

管理者が許可している場合は、Google Workspace のメール、カレンダー、連絡先を iOS デバイスの対応するアプリと同期させることができます。対応する iOS アプリで職場や学校のアカウントのメールを受信したり、Google カレンダーの予定を表示したり、Google コンタクトを表示したりできます。

Google Workspace アカウントをメールアプリに追加するには:

  1. iOS デバイスで設定を開きます。
  2. iOS のバージョンに応じて、次のいずれかを行います。
    • [メール] 次に [アカウント] 次に [アカウントを追加] をタップします。
    • [パスワードとアカウント] 次に [アカウントを追加] をタップします。
  3. [Google] をタップします。
  4. Google Workspace アカウントを使用してログインします。
    Google Workspace アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  5. 設定を閉じてメールアプリを開きます。

次のステップ

管理者によるデバイスの管理方法に応じて、次のように対応します。

  • メールアプリを開いて仕事用のメールが表示された場合は、すぐに iOS アプリを仕事に使用できます。
  • メールアプリに仕事用のメールが表示されない場合は、管理者が Google のアプリを利用するよう求めている可能性があります。管理者と確認し、Google のアプリを使用するの手順を試してみてください。

手順 2: Google Device Policy アプリをインストールする

組織のデータを安全に保つために、Google Device Policy アプリのインストールを求められることがあります。アプリのインストールを求められるのは、以下に該当する場合です。

  • 管理者が、モバイル デバイス向けに特定のセキュリティ ポリシーを適用している。詳細
  • 管理者が、ユーザーのデバイスにインストールされている業務用アプリを管理することを希望している。詳細
  • サードパーティ製アプリから仕事用アカウントにログインしようとしている。

Device Policy アプリをインストールする

  1. 次のいずれかを行います。
    • デバイスにアプリのインストールを求めるメッセージが表示されたら、[App Store] をタップします。
    • プロンプトが表示されない場合は、App Store を開いて Google Device Policy を検索します。
  2. 画面の手順に沿ってアプリをダウンロードしてインストールします。
    Apple ID とパスワードの入力が必要になる場合があります。
  3. Google Device Policy を開き、情報画面を読んでスワイプして [続行] をタップします。
  4. アプリから通知を受け取る(推奨)場合は、[許可] をタップします。
  5. [使ってみる] をタップし、Google Workspace アカウントを使用してログインします。
    Google Workspace アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  6. [同意する] をタップして利用規約に同意します。
  7. ダウンロード アイコン をタップ 次に 手順に沿って設定プロファイルをインストールします。

手順 3: 設定プロファイルをインストールする

セキュリティ プロファイルのインストールを求める Device Policy アラート メッセージが表示された場合は、次の手順を行います。

デバイスに Google モバイル デバイス管理の設定プロファイルをインストールするよう求められる場合があります。このプロファイルは、管理者がデバイス上の組織のデータを保護するのに役立ちます。詳細

設定プロファイルをインストールするには:

  1. [許可] をタップして設定プロファイルをダウンロードします。
  2. [閉じる] をタップ 次に 設定アプリを開きます。
  3. 上記の手順でプロフィールに基づく登録を行った場合は、 [全般] 次に [VPN とデバイス管理] をタップします。
  4. 管理者の設定に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [一般] 次に [プロファイル] 次に [Google Apps Device Policy プロファイル] をタップします。
    • [プロファイルがダウンロードされました] をタップします。
  5. [インストール] をタップします。
  6. 必要に応じてデバイスのパスコードを入力し、[インストール] をタップします。
  7. 管理者の設定に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [インストール] 次に [信頼する] をタップします。
    • [続行] をタップ 次に 仕事用アカウントでログインします。
  8. [完了] または [続行] をタップします。管理者によるデバイスの承認が必要な場合は、職場や学校のメールアドレスにメールが届きます。
  9. Google Device Policy アプリのインストールを求めるメッセージが表示されたら、[インストール] をタップし、画面の指示に沿って操作します。詳しくは、ステップ 2 をご覧ください。
  10. 設定アプリを閉じます。

仕事用アプリを入手するには、Google Device Policy を開き 次に メニュー アイコン 次に [アプリ] をタップします。

 会社所有デバイスを設定する

会社所有デバイスを仕事で使用する場合、そのデバイスは IT 管理者によって管理されます。デバイスには組織の優先設定が事前に適用されており、管理者がデバイスの機能を管理できます(ユーザーによる Apple App Store へのアクセスや通知設定の変更の可否など)。

始める前に: 組織ですでに使用されていたデバイスを支給された場合は、デバイスを初期状態にリセットする必要があります。ご不明な点がありましたら、管理者にお問い合わせください。

デバイスを設定する

  1. デバイスの電源を入れます。
  2. 画面の指示に沿って言語を設定し、Wi-Fi ネットワークに接続して、デバイスのパスコードを作成します。
  3. [リモート マネージメント] 画面で [次へ] をタップします。
  4. ログイン メッセージが表示されたら、個人の Apple ID でログインして Apple のセキュリティ設定を行います。

    その Apple ID を別のモバイル管理ソリューションで使用していた場合は、Google Device Policy アプリはインストールされません。別の Apple ID を使用する必要があります。セットアップを開始したまま完了していない場合は、デバイスを初期状態にリセットしてから新しい ID を使用してセットアップをやり直します。

    新しい Apple ID を使用している場合は、iTunes Store で新しい ID のセットアップを完了します。

    1. 端末を再起動します。Device Policy アプリのインストールを求めるメッセージが表示されたら、[インストール] をクリックし、お使いの Apple ID とパスワードでログインします。
    2. iTunes Store で初めて Apple ID を使用するときにエラーが発生した場合は、[キャンセル] または [確認] をクリックします。
    3. iTunes Store アプリを開きます。
    4. Apple ID 次に [Apple ID を表示] をタップします。
    5. お使いの Apple ID とパスワードでログインし、請求先住所を指定してセットアップを完了します。
    6. デバイスを初期状態にリセットし、同じ Apple ID を使用してデバイスを再度セットアップします。Google Device Policy アプリはセットアップ中にインストールされます。

    セットアップ時に iCloud バックアップから復元しようとすると、デバイスでアプリを使用できないことがあります。復元オプションは使用しないことをおすすめします。個人用アプリは自動的にはデバイスにセットアップされません。ただし、個人用アプリのアカウントを追加すると、セットアップが完了した時点で個人データが同期されます。

    セットアップが完了しない場合は、デバイスを初期状態にリセットし、セットアップをやり直してください。

  5. Google Device Policy アプリがデバイスにインストールされるまで待ちます。
  6. Google Device Policy を開き、Google Workspace アカウントを使用してログインします。
    Google Workspace アカウントは、職場や学校で使用するアカウントです。
  7. [同意する] をタップして利用規約に同意します。
  8. 画面の指示に沿ってデバイスの設定を完了します。

仕事用アプリを入手するには、Google Device Policy を開き 次に メニュー アイコン 次に [アプリ] をタップします。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1417384276475812476
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true