Google Workspace の今後のリリース

一般に公表されている Google Workspace のサービスや機能のリリース予定についてお知らせします。通常、四半期ごとに新しい項目が追加され、リリース済みの機能はその際にリストから削除されます。

次のことが可能です。

  • [絞り込む] のフィルタを使うと、サービスを指定して検索できます。
  • キーワードを使用してコンテンツをフィルタできます。

すでにリリースされているサービスや機能については、Google Workspace の最新情報をご覧ください。

: このリストは、リリースを公式にお約束するものではなく、変更される場合があります。リストに掲載されている機能やサービスは、必ずしも一般に公開されるとは限らず、現在の形から変更される可能性があります。この表は、英語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、フランス語でご覧いただけます。

サービス機能機能の説明ステータス
管理コンソールアラート センターと VirusTotal の統合VirusTotal が提供する脅威のコンテキストと評価データにアクセスできます。アラート センター内の通知でドメイン、添付ファイルのハッシュ、IP アドレスを特定できます。リリース済み。詳細
アサインメント独自性レポートでのスライドのサポートGoogle スライド形式の提出物を独自性レポートで扱えるようになります。生徒のスライド プレゼンテーションにオリジナルではないコンテンツが含まれているかどうかを確認できます。開発中
ChatChat のメッセージのアーカイブChat のメッセージをサードパーティのアーカイブ ソリューションにアーカイブできます。サードパーティのアーカイブ ソリューションを使用して、Chat のチャットルームやダイレクト メッセージのメッセージ、リアクションなどを保存できます。ドメイン全体でも組織部門レベルでも利用可能です。一部のお客様は、この機能の早期アクセスをご利用いただけます。開発中
Chatチャットを未読に変更Chat のメッセージを後で忘れず読むために、未読にします。開発中
Chatチャット相手の空き情報の事前確認Chat で相手が会議中かどうかを確認できます。相手のカレンダーのステータスから、会議中またはサイレント モード中であることがわかった場合は、Chat にその旨のメッセージが表示されます。相手がオンラインになるまで待って、メッセージを送信することができます。開発中
Chatチャットルームからスペースへの変更チャットルームは名称、ロゴ、エクスペリエンスを一新し、「スペース」になります。この変更は、スペースの役割の進化の象徴です。スペースは、人々が集まって物事を成し遂げることができる場所であり、Google Workspace の優れた機能を結集した場所です。開発中
Google ClassroomClassroom に関する BigQuery でのアクティビティ ログと Google データポータルでの使用状況分析Classroom のアクティビティ ログを自動的に BigQuery に書き出し、生徒と教師による Classroom の使用状況を独自に分析できます。また、データポータルのカスタマイズ可能な Classroom エンゲージメント レポート テンプレートを、アクティビティ ログ エクスポートに接続することも可能です。こうしたテンプレートを使用して、教師と生徒についてアクティブなクラス、機能の使用状況、課題のアクティビティを確認できます。開発中
Google Classroom管理コンソールでの Classroom の監査ログ監査ログを使用すると、ドメインで操作を行ったユーザーを確認して、Classroom に関する問題の根本原因をすばやく特定することができます(例: クラスから生徒を削除したユーザー、特定の日にクラスをアーカイブしたユーザー)。開発中
ClassroomClassroom のオフライン機能の改善(Android 版)家庭およびモバイルのインターネット接続は常に安定して利用できるわけではないため、接続が途切れる環境でも Classroom の Android アプリをより快適に利用できるようにします。生徒は課題にアクセスしたり、添付ファイルを開いたり、ドキュメントのファイルをオフラインで使用したりできます。開発中
Google ClassroomClassroom での生徒エンゲージメントのトラッキング指標とダッシュボードにより、教師は生徒エンゲージメントをより容易に把握、測定できます。示された統計情報から、生徒の Classroom の使用状況を日単位でチェックできるようになります。開発中
Classroom生徒情報システム(SIS)からのクラス名簿の読み込み学校のシステム全体にクラスをプロビジョニングする操作は、時間がかかることがあります(大規模な学校では特に)。SIS からクラス名簿を読み込むと、クラスを作成して、生徒名簿をまとめて追加できます。リリース済み。詳細
ClassroomSIS の成績の書き出し(Aspen 対応)教師は Aspen SIS と Google Classroom の間で課題および成績のデータを同期できるので、成績を 2 か所で保持する必要がありません。開発中
ClassroomClassroom アプリとサードパーティ EdTech ツールとの統合Classroom の UI からサードパーティのコンテンツやツールにアクセス可能になります。デベロッパーは Google Workspace Marketplace で Classroom のアドオンを公開して配布できます。管理者がこれらのツールのデプロイと管理を行うことで、教師や生徒はアカウントをいくつも使うことなく、1 つの場所でさまざまなコンテンツやツールにアクセスできます。開発中
ClassroomMeet と Classroom の強化Meet と Classroom の統合を強化し、クラス内の教師と副担任が簡単にビデオ会議のオーナーとなる(生徒は Meet の会議を開始したり、会議のオーナーになったりすることができない)ことや、クラス名簿にある生徒と教師はノックせずに会議に参加することなどが可能になります。開発中
Cloud SearchCloud Search と API でのユーザー検索同僚の検索や詳細情報の確認ができるほか、他のユーザーに連絡することが可能です。たとえば、同僚の業務内容を確認したり、特定の分野の専門家を検索したりできます。開発中
ドキュメントドメインのスペルドメイン固有のデータを利用することで、より適切なスペルの候補がドキュメントで表示されます。ユーザーはドキュメントをミスなくより速く作成できるようになります。開発中
ドキュメントGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライド内での Meet の使用ドキュメント内で、そのドキュメントの共同編集者間の会議ができるようになります。ドキュメント、スプレッドシート、スライドで共同編集を行う場合、ユーザーはそのドキュメントから会議に参加したり、会議を開始したりできます。会議中、ユーザーはドキュメントのサイドバーと Google Meet の全画面ウィンドウで通話を切り替えることも可能です。開発中
ドライブドキュメントの承認リクエストGoogle ドライブのファイルに対する承認をリクエストします。承認済みバージョンはロックされます。たとえば、マネージャー、同僚、またはレビュー担当者にドキュメントを送信して承認をリクエストします。承認者はフィードバックを追加できます。承認されたドキュメントには承認済みのマークが付き、内容を変更できないようロックされます。ベータ版。詳細
ドライブGoogle 以外の形式のファイルの利用(パソコン版 Google ドライブでのオフライン編集)ウェブ版のドライブ インターフェースとパソコン版ドライブの両方で、オフラインでもドキュメント、スプレッドシート、スライド以外の形式のファイルを利用できるようになりました。たとえば出張前に、ドライブに保存されていてオフラインで利用したい .docx ファイルにマークを付けておけば、ネットワーク接続がなくても仕事を進めることができます。ベータ版。詳細
ドライブ構造化されたラベルを使用したドライブ ファイルの分類と整理管理者が分類ラベルを作成、管理できます。ラベルはファイルに自動適用することも、権限のある管理者が適用することもできます。ラベルを使用することで、特別な対応が必要な機密性の高いファイルであることを示したり、ドキュメント セットを取得しやすいように整理したりできます。ベータ版。詳細
ドライブApple シリコン(M1)を搭載したデバイスのパソコン版 Google ドライブのサポートパソコン版ドライブが、Apple シリコン(M1)デバイスで動作します。開発中
ドライブパソコン版 Google ドライブ(バックアップと同期の機能を含む)ドライブ同期クライアントの操作がシンプルになります。主な新機能は、[ドキュメント] や [デスクトップ] などのシステム フォルダとドライブの同期、複数アカウントへのログインや同期、USB デバイスからのアップロードなどです。開発中
フォーム回答の下書きの自動保存(30 日間)フォームの回答の下書きが、30 日間またはフォームの入力を完了するまでクラウドに自動保存されます。これにより、回答者のブラウザやデバイスに問題が発生した場合や接続が失われた場合でも、回答が失われることはありません。開発中
フォームフォームの設定メニュー構成の改善フォームのメニュー項目が再構成され、見やすいデザインになります。これにより、フォームの設定と機能の分類が改善されます。開発中
Gmail検索結果表示順の最適化Gmail で、すべての検索結果が日付の新しい順に表示されることに加え、検索クエリとの一致度に基づき、関連性の高い検索結果がリストの上部に表示されるようになります。開発中
Gmail新しいフィルタによるメールの詳細検索Gmail で、プルダウン リストから選択できるフィルタ オプションがさらに増え、検索のさらなる絞り込みに活用できます。たとえば、送信者でメールを検索する場合、送信者候補のリストから選択したり、複数の送信者を指定したりすることができます。開発中
Gmail検索チップによるモバイルでの検索結果の絞り込みモバイル デバイスでも、ウェブ版で導入済みの検索チップを使用して、検索結果をフィルタできるようになります。たとえば、クエリを入力してから検索チップ(同僚の名前や特定の期間など)を選択することで、検索結果を絞り込むことができます。開発中
Gmail検索結果内のキーワードをハイライト表示するGmail の検索結果で検索キーワードがハイライト表示され、探している情報が簡単に見つかります。開発中
Gmail検索クエリ作成のサポートGmail でコンテンツ、情報、特定のメールを探す際に、検索チップ(新機能)が表示され、フィルタ(添付ファイルの有無、送信日など)を簡単に適用できるようになります。使用できるフィルタが検索チップに表示されるので、より効果的なクエリを作成できるようになります。開発中
Gmailラベル内のフィルタあるラベルが付いたメールを表示すると、検索チップ(新機能)が表示され、そのラベル内に結果を絞り込むことができます。これは、ユーザーが作成したカスタムラベルや、[送信済み] や [下書き] などのシステムラベルなどで使用できます。こうしたフィルタは、結果を絞り込むための新たな手段です。開発中
Gmail受信トレイの新しいフィルタを使用したメール検索Gmail の受信トレイで、フィルタチップ(新機能)を使用して、送信者や日付などでメールをすばやくフィルタできます。開発中
Gmailモバイルでのラベル内の検索モバイル デバイスで、ラベル内のメッセージを検索し、そのラベル内の結果を取得できるようになります。検索チップを使用して、ラベル内の検索結果をさらに絞り込むことも可能です。開発中
GmailAndroid 版モバイル Gmail でのユーザー検索の強化 Android モバイルでのユーザー検索をサポートします。ユーザーを検索しようとすると、ユーザー名がオートコンプリートされ、そのユーザーとの共有ファイルといった便利な情報が表示されます。特定のユーザーに関連するメールやコンテンツをすばやく見つけることができます。開発中
Gmail結果のないクエリの改善 Gmail のスペル候補と類義語が改善され、以前は結果なしとされたクエリにも、より適切な検索結果が表示されるようになります。開発中
Google WorkspaceCloud Search と API でのユーザー検索同僚の検索や詳細情報の確認ができるほか、お互いにつながることが可能です。開発中
Google Workspace Migrate共有ドライブのサブフォルダ共有の移行サポートサブフォルダを共有ドライブに移行するときに、追加のユーザーの共有権限を保持できるようになります。ベータ版。詳細
ID組織部門単位での SSO ID プロバイダの設定ID プロバイダ(IdP)として、一部のユーザーには Google Workspace または Cloud Identity、残りのユーザーにはサードパーティの IdP を設定できます。この機能により、サードパーティの IdP を使用していないユーザーに対して、Google を IdP として使用できます。ベータ版。詳細
Meetローライト モード(Android 版)暗い場所で Android デバイスの動画を自動的に調整します。ローライト モードではビデオの画質がインテリジェントに調整されるため、どこでも安心して Android デバイスから会議に参加できます。開発中
Meet管理者が複数いるビデオ会議の開催会議の主催者は他の参加者を共同主催者にすることで、その参加者と主催権限を共有できます。主催者と共同主催者は、会議のあらゆる側面を効果的かつ統制のとれた状態で管理できます。リリース済み。詳細
MeetGoogle Meet での絵文字によるリアクションMeet の絵文字リアクション使って、手軽に気持ちを表現できます。自分に合った肌の色の絵文字を選択できるほか、会議の進行を邪魔することなく簡潔にリアクションを示すことができます。開発中
MeetGoogle Meet のクライアントサイド暗号化Meet でクライアントサイド暗号化(CSE)を使用します。CSE の暗号化鍵はサードパーティの鍵サービスを使用して管理されるため、Google からは解読不能になります。これは、組織がプライバシー目標を達成し、規制要件を満たすうえで役立ちます。開発中
Meet会議を安全に運営するための企業向け管理機能ビデオ会議の参加者を管理するための新しい管理機能です。画面共有できるユーザー、チャットできるユーザー、会議に参加できるユーザーなどを指定できます。これらの機能により、大規模グループでも会議中にやり取りがしやすくなります。リリース済み。詳細
Meetノイズ キャンセルのデフォルトでの有効化(Enterprise Plus ユーザー向け)Google Meet では、会議の邪魔にならないように周囲の雑音を除去できます。ノイズ キャンセルは Google Workspace Enterprise Plus をご利用のお客様にウェブでご利用いただけます。これまでは、デフォルトで無効になっていましたが、この機能を手動で無効にしたことがないユーザーには、デフォルトで有効になります。Google Workspace Business Standard、Business Plus、Enterprise Essentials、Enterprise Standard の各エディションでは、すでに提供されており、デフォルトで有効になっています。リリース済み。詳細
MeetGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライド内での Meet の使用ドキュメント内で、そのドキュメントの共同編集者間の会議ができるようになります。ドキュメント、スプレッドシート、スライドで共同編集を行う場合、ユーザーはそのドキュメントから会議に参加したり、会議を開始したりできます。会議中、ユーザーはドキュメントのサイドバーと Google Meet の全画面ウィンドウで通話を切り替えることも可能です。開発中
セキュリティドライブの DLP のための IRMドライブ ファイルの DLP(データ損失防止)対策として IRM(Information Rights Management)の適用を有効にできます。DLP ポリシーに一致するドキュメントに IRM 設定を適用することができます。ベータ版。詳細
セキュリティドライブの DLP による自動分類DLP で検査されたコンテンツに基づいてドライブのファイルが自動的に分類されます。ベータ版。詳細
セキュリティDLP 条件としてのドライブラベルドライブで手動分類されたファイルに基づいて DLP ポリシーを設定します。ベータ版
セキュリティアラート センターと VirusTotal の統合VirusTotal が提供する脅威のコンテキストと評価データにアクセスできます。アラート センター内の通知でドメイン、添付ファイルのハッシュ、IP アドレスを特定できます。リリース済み。詳細
スプレッドシートGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライド内での Meet の使用ドキュメント内で、そのドキュメントの共同編集者間の会議ができるようになります。ドキュメント、スプレッドシート、スライドで共同編集を行う場合、ユーザーはそのドキュメントから会議に参加したり、会議を開始したりできます。会議中、ユーザーはドキュメントのサイドバーと Google Meet の全画面ウィンドウで通話を切り替えることも可能です。開発中
スプレッドシートユーザーチップチームメンバーをスプレッドシートに直接挿入できます。詳しい連絡先情報が表示されたチップにカーソルを合わせるとチャット、メール、またはビデオ通話のクイックリンクが表示されます。こうしたチップを挿入するには、メニューを使用するか、任意のセルに「@」と入力します。チームのプロジェクト管理を強化して、オーナー権限について詳しく確認したり、同僚に関する信頼できる情報を記載してチーム名簿を充実させたりできます。開発中
スプレッドシートGoogle スプレッドシートのメニュー構成の改善スプレッドシートのメニューの表示と構成が新しくなります。小さい画面でもスプレッドシートを使いやすくなり、スプレッドシートのツールと機能はより適切に分類されます。開発中
スプレッドシート複数タブ選択による大規模スプレッドシートの管理Google スプレッドシートで複数のタブを選択し、基本的な操作(複数タブの一括移動、削除、複製、コピー、色付け、非表示など)を行うことができます。開発中
Google サイトドメインのテンプレート作成ユーザーがテンプレートを使用してサイトを開始できるようにします。時間を節約し、ドメイン内のサイトに統一感を持たせることができます。リリース済み。詳細
サイト以前の Google サイトから新しい Google サイトへの一括変換(旧 Google サイト管理ツールを使用)ドメイン管理者、代理管理者、エンドユーザーは、旧 Google サイト管理ツールを使用して、以前の Google サイトを新しい Google サイトに一括変換できます。この新ツールを使用すると、組織はよりすばやく効率的に新しい Google サイトに移行できます。開発中
スライドスライドの新しい UI(iOS 版)モバイル デバイスでは、プレゼンテーションがスライド単位で表示されていましたが、新しい UI ではスクロールできるようになり、レビューやコメントを入力するのも簡単になります。開発中
スライドGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライド内での Meet の使用ドキュメント内で、そのドキュメントの共同編集者間の会議ができるようになります。ドキュメント、スプレッドシート、スライドで共同編集を行う場合、ユーザーはそのドキュメントから会議に参加したり、会議を開始したりできます。会議中、ユーザーはドキュメントのサイドバーと Google Meet の全画面ウィンドウで通話を切り替えることも可能です。開発中
スライドテーマのメニュー(フォントと色)現在、テーマのスタイル設定では色を選択できますが、フォントも指定できるようになります。フォント メニューの上部に、現在のスライドのテーマに関連付けられているフォントが表示されるので、アクセスしやすく効率的に書式を設定できます。開発中
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false