Google Workspace の今後のリリース

一般に公表されている Google Workspace のサービスや機能のリリース予定についてお知らせします。通常、四半期ごとに新しい項目が追加され、リリース済みの機能はその際にリストから削除されます。

次のことが可能です。

  • [絞り込む] のフィルタを使うと、サービスを指定して検索できます。
  • キーワードを使用してコンテンツをフィルタできます。

すでにリリースされているサービスや機能については、Google Workspace の最新情報をご覧ください。

: このリストは、リリースを公式にお約束するものではなく、変更される場合があります。リストに掲載されている機能やサービスは、必ずしも一般に公開されるとは限らず、現在の形から変更される可能性があります。この表は、英語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、フランス語でご覧いただけます。

サービス機能機能の説明ステータス
管理コンソールGoogle Workspace の検索履歴ウェブとアプリのアクティビティの管理設定を廃止し、新たに Google Workspace の検索に特化したエンドユーザー コントロールをリリースします。この機能を有効にすると、ユーザーはより関連性の高い検索結果をより迅速に得ることができます。開発中
管理コンソールGoogle Workspace のカーボン フットプリントGoogle Workspace の Carbon Footprint では、Google Workspace 使用時の温室効果ガス総排出量が報告されるため、Meet、Gmail、ドキュメントなどのツールを使用した場合の排出量を全員が追跡できます。開発中
管理コンソール管理コンソールでヘルプを参照する管理コンソールを開いたまま、状況に合う記事をヘルプセンターで確認できます。特定の機能を調べたり、対処方法を確認したり、正しいプロセスに従っているかどうかを確認したりできるので、サポートに問い合わせることなく容易に問題を解決できます。開発中
管理コンソールリスクベースによる再認証管理コンソールにログインする際にリスクベースの再認証を定期的に行うことで、管理コンソールにログインしようとするハイジャッカーを阻止することができます。開発中
AppSheetメールアドレスのオートコンプリートメールアドレスを入力しているときに、連絡先のリストが表示されるようになります。この機能のご利用は Google Workspace ユーザーに限られます。開発中
AppSheetGoogle Directory のインテグレーションAppSheet が Google Directory API からプログラマティックにデータを取り込めるようになります。これによって、アプリエディタのメールアドレス オートコンプリートなどの機能を強化できるほか、独自のディレクトリをデータソースとして使用するアプリを作成できるようになります。開発中
アサインメント管理コンソールのアサインメント監査ログアサインメントの監査データを使用すると、ドメインのアクティビティを確認したり、アサインメントに関連する問題の原因を素早く特定したりできます。たとえば、クラスから生徒を削除したユーザーや、アサインメント ファイルがいつ作成、提出されたかなどを確認できます。開発中
カレンダー予約ページをウェブサイトに埋め込む予約の主催者は、埋め込み型の HTML を使用してスケジュールの予約ページを簡単にウェブサイトに追加できます。自動生成されたコードをページの HTML ソースに貼り付けることで、予約可能なスケジュールがカレンダー ビューに表示されます。ユーザーはそれをクリックし、予約できるようになります。リリース済み。詳細
カレンダースマートチップを使用してスプレッドシートにカレンダーの予定を挿入するカレンダーの予定をスプレッドシートにすばやく追加できる新しいスマートチップが導入されます。「@」と入力すると、カレンダーから予定を検索し、チップとして直接挿入できます。チップには予定の名前が表示され、操作可能なポップアップ カードが付いています。開発中
ChatChat と Meet に関するワーク インサイトのレポートワーク インサイトが Google Chat と Meet に対応します。ワーク インサイトでは、さまざまな Google Workspace アプリの使用状況、作業パターン、コラボレーションに関する指標を確認できます。リリース済み。詳細
Classroomリアルタイムのフィードバックと自動採点機能がついたインタラクティブな課題の作成教師は演習セットを使用して、教育コンテンツをインタラクティブかつ自動採点可能な課題に変換できます。生徒はフィードバックをリアルタイムに受けられます。たとえば、概念がわかりづらいときには視覚的な説明や動画によるヒントが提供されたり、正解したときには楽しいアニメーションが表示されたりします。手動での採点にかかっていた時間を節約できるほか、授業時間をさらに確保する必要があるコンテンツを特定するのに役立ちます。また、自主学習にも対応しています。開発中
Classroom生徒情報システム(SIS)からのデータ同期による名簿インポート機能を強化(全世界)管理者がクラスの作成と学生名簿の追加を大規模に行えるようになります。日本、カナダ、英国/アイルランド、イタリア、スウェーデン、スペイン、オーストラリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクで、ベータ版で利用可能開発中
Classroom通知エクスペリエンスの改善Classroom の通知機能が更新され、Classroom からの更新をいつどのように受け取るかを設定できるようになります。この設定を行うことで、クラスからの情報やアラートを教師や生徒が管理できるようになります。リリース済み。詳細
Directory Sync更新されたグループの自動更新Directory Sync 構成のユーザー同期スコープに含まれるいずれかのグループの名前が Active Directory で変更された場合、その変更は構成に自動的に反映されます。Active Directory でグループが削除されると、それらのグループの名前が構成内で赤色にハイライト表示されます。開発中
Directory Sync同期済みユーザーを選択した組織部門に配置Directory Sync の管理者は同期済みのユーザーを Google Cloud ディレクトリの既存の組織部門に配置できるため、管理者は Google Workspace または Chrome Enterprise の組織部門に基づいてポリシーを管理できます。同期後にユーザーが他の組織部門に移動した場合は、ID 同期設定でマッピングを適用し、以降の同期で移動を元に戻すことができます。開発中
Directory Sync最大 50 個の Active Directory フォレストまたはドメインから同期最大 50 個の Active Directory フォレストまたはドメインからの同期を設定できます。開発中
Directory Syncクラウドベースの Directory Sync による併用と Active Directory からのシームレスな同期の強化Cloud VPN または Cloud Interconnect 接続を使用して複数の Active Directory ドメインとの同期を可能にするエージェントレス ソリューションを導入しました。複雑な AD 構成(複数の AD フォレスト構成など)でユーザーとグループを同期できます。ベータ版。詳細
Directory Sync検証済みの GroupID に基づく Active Directory グループからのシームレスなユーザー同期ユーザーは、名前ではなく GroupID に基づいて Active Directory グループから同期されます。これにより、特に Active Directory でユーザー グループの名前が変更された場合に、シームレスで信頼性の高い同期を行えるようになります。また、同期にあたってのユーザー スコープの定義中に、グループ名を確認し、入力ミスを修正することもできます。開発中
ドキュメントOffice ファイルの編集の警告の改善ユーザーが Microsoft Office 形式のファイルを Office ファイルの編集モードで開くと、新しい通知と警告が表示されます。この通知によりユーザーはこれまでとの違いを把握し、コンテンツをスムーズに編集または復元できます。リリース済み。詳細
ドキュメントスポイトツールによる色の選択ユーザーは、カラーパレットの新しいスポイト ツールを使用して任意の色を選択できます。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで使用できます。開発中
ドキュメントドキュメントからのタスクの割り当てドキュメントの編集権限を持つユーザーがチェックリスト項目を割り当てて、その項目が割り当てた相手の個人的な ToDo リストに表示されるようにすることができます。開発中
ドキュメントドキュメントのコンテンツを開く / 閉じるユーザーはドキュメント内のセクションを開いたり閉じたりできます。これにより、コンテンツの一部を非表示にしてドキュメントを見やすくできます。開発中
ドキュメントドキュメント内のコードのフォーマットと表示ユーザーは、ドキュメント内のコードを簡単にフォーマットして表示できます。現在、ドキュメントの共同編集者がコードを表示したい場合、ドキュメントにコードを貼り付けてから、構文、インデント、改行、スペースをハイライト表示して、手動でスタイルを適用する必要があります。ドキュメントは、コードブロックのレンダリングに関する業界基準に従います。開発中
ドキュメントAndroid アプリでのマウスの完全サポートAndroid 版ドキュメントでマウスが完全にサポートされます。開発中
ドキュメントドイツ語の文法の訂正案の表示ドキュメントの言語をドイツ語に設定しているユーザーに文法の訂正案が表示されます。開発中
ドキュメントAndroid で複数のインスタンスを開く操作のサポートを改善ドキュメント、スプレッドシート、スライドのユーザーに対するサポートが改善され、デバイスでモバイルアプリの 2 つのインスタンスを並行して実行できます。2 つのインスタンスはそれぞれ独立して操作でき、ユーザーはアプリのそれぞれのインスタンスを同時に表示できます。リリース済み。詳細
ドキュメントドキュメントへのマップのチップの挿入Google は昨年、ユーザー向けに、リンクを貼り付けて Google マップのチップを挿入する機能を追加しました。そしてこのたび、@ メニューを使用してマップのチップをドキュメントに挿入できるようになります。リリース済み。詳細
ドライブ組織全体での監査機能の改善ユーザーが外部の共有ドライブにファイルをコピーしたときに、監査を行うことができます。監査ログはコピー元とコピー先の両方の組織の管理者に送信されます。たとえば、ユーザーが会社 A から会社 B の共有ドライブにドキュメントをコピーした場合、両方のアカウントの管理者が、このアクティビティの監査ログにアクセスできます。リリース済み。詳細
ドライブドライブの DLP のための IRMドライブ ファイルのデータ損失防止(DLP)対策として、IRM(Information Rights Management。コピー、ダウンロード、印刷の無効化)の適用を有効にできます。DLP ポリシーに一致するすべてのドキュメントに IRM 設定を適用できます。開発中
ドライブドライブの信頼ルールを使用した柔軟な共有境界の作成内部共有と外部共有の両方を制御できる、より柔軟で詳細な共有ポリシーを設定できます。たとえば、組織内のエンジニアが部門外部と情報を共有できないようにします。特定の組織部門または外部ユーザーのグループとのみ共有できるようにすることもできます。ベータ版。詳 細
ドライブドライブの承認 - Androidユーザーが、1 人以上のユーザーにドライブ アイテムの承認をリクエストできます。承認者は、リクエストに対してコメントしたり、リクエストを承認または拒否したりできます。この機能はウェブ版ドライブではすでに利用可能ですが、Android 版ドライブ アプリでも利用できるようになります。開発中
ドライブドライブの承認 - iOSユーザーが、1 人以上のユーザーにドライブ アイテムの承認をリクエストできます。承認者は、リクエストに対してコメントしたり、リクエストを承認または拒否したりできます。この機能はウェブ版ドライブではすでに利用可能ですが、iOS 版ドライブ アプリでも利用できるようになります。開発中
ドライブ有効期限付きアクセス制御の強化ユーザーが一時的な編集者をさらに簡単にファイルに追加できるようになりました。この機能により、既存の有効期限付きアクセス権の機能が強化され、ユーザーは共有時に有効期限付きアクセス権を設定して、有効期限の適用対象の編集者をファイルに追加できるようになります。開発中
ドライブウェブ版ドライブのフィルタラベルユーザーが類似ツールを使用して検索したいファイルを簡単にフィルタして、絞り込めるようにします。フィルタラベルは、フォルダ、マイドライブ、最近使用したアイテム、スター付きのビューで表示されます。開発中
ドライブAndroid 版ドライブのファイル選択ツールAndroid 版ドライブ アプリでユーザーがファイルまたはフォルダを選択する必要がある場合に、ドライブのファイル選択ツールが表示されます。たとえば、ユーザーがドライブのファイルをメールに挿入する場合や、あるフォルダから別のフォルダにファイルを移動する場合にこのツールが表示されます。最近表示したドライブ アイテムを簡単に見つけたり、利用可能な他のストレージの場所を確認したりできます。開発中
ドライブフリーハンドのアノテーションAndroid 版ドライブのファイル プレビュー画面に表示されたファイルに、指またはタッチペンでアノテーションを自由に書き込める機能を追加しました。アノテーションをファイルに保存したり(PDF 形式の場合)、アノテーション付き PDF 形式のコピーを作成したりできます。開発中
ドライブAndroid 版ドライブアプリのファイル スキャナにおけるタイトル候補の表示ドライブの機械学習機能により、ドライブでは、ユーザーがスキャンしようとしているドキュメントの種類が判別され、ユーザーの入力を必要とすることなくドキュメントに適したタイトルが提案されます。開発中
ドライブAndroid 版ドライブアプリでのドラッグ&ドロップ サポートの改善ユーザーは、デバイスで並べて表示している Android 版ドライブアプリの 2 つのインスタンス間でドラッグ&ドロップできます(両方のインスタンスが同じアカウントにログインしている場合)。開発中
ドライブiOS 版 Google ドライブで重要な通知を確認するiOS のユーザーは、最も重要な通知とタスクをドライブでまとめて表示できます(Android ではすでに利用可能)。この通知センターにより、ユーザーは重要な通知を見つけやすくなり、メール通知に基づいてタスクを管理するのではなく、ドライブ内でアイテムを簡単に管理できます。開発中
ドライブAndroid 版ドライブアプリを折りたたみ式モバイル デバイスの形状に合わせて最適化折りたたみ式モバイル デバイスの普及に伴い、Google では、ドライブでも折りたたみ式デバイスの独自の機能を活用できるようにしたいと考えています。ドライブは折りたたみ式デバイスの向きをインテリジェントに検知し、その向きで最も適切なフォーマットを表示します。開発中
ドライブAndroid 版ドライブアプリをタブレット表示に最適化Android タブレット版ドライブのモバイル エクスペリエンスが改善します。タブレットで提供される追加の画面スペースをドライブアプリで最大限に活用できるよう、変更や修正を導入しました。開発中
ドライブiOS 版ドライブアプリでのダークモードの使用iOS 版ドライブのユーザーがダークモードに切り替えられるようになりました。これにより、暗い場所でもアプリが見やすくなります。開発中
ドライブAndroid 版ドライブアプリの異なるインスタンスを使用した複数アカウントの管理ドライブのマルチアカウント サポートのご紹介。ドライブ モバイルアプリの 2 つのインスタンスを 1 つのデバイスで並べて実行し、それぞれのインスタンスで異なる Google アカウントのコンテンツを表示できます。2 つのインスタンスは別々に操作できます。ユーザーは、アプリの 1 つのインスタンスでファイルをプレビューしながら、もう 1 つのインスタンスではフォルダ階層間を移動できます。開発中
フォームスポイトツールによる色の選択ユーザーは、カラーパレットで新しいスポイト ツールを使用して任意の色を選択できます。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで使用できます。開発中
Gmail受信トレイの新しいフィルタを使用したメール検索Gmail の受信トレイで、フィルタチップ(新機能)を使用して、送信者や日付などでメールをすばやくフィルタできます。開発中
Gmail結果が 0 件の検索クエリに対する関連結果の表示Gmail ユーザーは、結果が 0 件だった検索キーワードについて関連結果を確認したり、検索キーワードに欠けていた用語や候補を確認して検索を改善したりできます。開発中
Gmailパーソナライズされた検索候補の表示Gmail の ML モデルにより、パーソナライズされた精度の高い検索候補が表示されます。開発中
GmailGmail の統合ビューへの完全移行ユーザーは新しい Gmail ビューに移行され、メール、Chat、ビデオ会議に効率的にアクセスでき、気が散る要因が少なくなります。開発中
Gmailモバイルでのラベル内の検索Gmail モバイルアプリでは、ラベル内のメールを検索して、そのラベルが付いた結果を返すことができます。検索チップを使用してラベル検索を絞り込むこともできます。開発中
MeetMeet でのリアクション(非言語コミュニケーション)ユーザーは言葉を使わないリアクションで会議中にリアルタイムでコミュニケーションをとることができます。言葉を使わない基本的なコミュニケーションをサポートするため、リアクションに含まれる絵文字には制限があり、ユーザーは会議の邪魔にならない程度に自己表現できます。開発中
Meet会議での組織用カスタム背景の追加Meet の背景変更機能で使用するためのデフォルトの画像背景セットをアップロードできます。開発中
MeetMeet のパフォーマンスの向上Chrome OS、macOS、Windows の電力要件を低減するために、Chrome における Meet のパフォーマンスを全面的に改善しています。より大規模な会議や低消費電力のデバイスに対応できるようになります。開発中
Meetクライアントサイド暗号化(顧客鍵管理を使用)会議の主催者が有効にできるクライアントサイド暗号化(E2EE とも呼ばれます)をリリースします。セッションキーは鍵管理サーバーによって提供され(別個のサードパーティ ソフトウェアが必要です)、Google と共有されることはありません。Google のデータセンター サービスは、会議メディアで行われているサーバー側の処理を読み取ったり実行したりすることはできません。開発中
MeetMeet からのスライドのプレゼンテーションMeet でスライドを使用してプレゼンテーションを行う際に、コンテンツ、コントロール、オーディエンスを 1 か所で確認できます。スライドの [Meet] メニューからプレゼンテーションのセッションを開始すると、ユーザーは [Meet] タブで直接そのプレゼンテーションを管理できるようになります。開発中
MeetGoogle Meet ライブ共有 Android ソフトウェア開発キット(SDK)ユーザーは、Google Meet の機能を使用してライブアプリのコンテンツを相互に共有できます。デベロッパーは Android でこの機能を有効にするために、この SDK と統合できます。開発中
Meet控え室での簡単なセルフチェック - ウェブ版Google Meet の使用時に控え室を使用しているユーザーは、接続されており利用可能な周辺機器をすぐに確認できます。問題がある場合、ユーザーは参加する前にその内容を確認し、他の周辺機器に簡単に切り替えることができます。開発中
MeetMeet の音声文字変換Meet ユーザーは、会議中に音声文字変換を確認できます。音声文字変換は、いつでも一時停止または停止できます。会議の終了後、音声文字変換は会議主催者のドライブに保存され、そこで共有、確認し、コメントを追加できます。開発中
MeetMeet で発言するために一時的にミュートを解除し、すぐにミュートに戻すビデオ会議でスペースバーを長押しすると、ミュートを解除して発言できます。スペースバーを離すと、再度ミュートされます。この機能はユーザーに対しデフォルトで無効になっています。リリース済み。詳細
MeetミラーモードDesk 27 と Board 65 のディスプレイを外部 HDMI デバイスに拡張します。開発中
MeetChat と Meet に関するワーク インサイトのレポートワーク インサイトが Google Chat と Meet に対応します。ワーク インサイトでは、さまざまな Google Workspace アプリの使用状況、作業パターン、コラボレーションに関する指標を確認できます。リリース済み。詳細
セキュリティドライブの DLP のための IRMドライブ ファイルのデータ損失防止(DLP)対策として、IRM(Information Rights Management。コピー、ダウンロード、印刷の無効化)の適用を有効にできます。DLP ポリシーに一致するすべてのドキュメントに IRM 設定を適用できます。ベータ版
セキュリティドライブの信頼ルールを使用した柔軟な共有境界の作成内部共有と外部共有の両方を制御できる、より柔軟で詳細な共有ポリシーを設定できます。たとえば、組織内のエンジニアが部門外部と情報を共有できないようにします。あるいは、特定の組織部門のみと共有したり、外部ユーザーとグループ共有したりします。ベータ版。詳 細
セキュリティ管理コンソールでのリスクベースの再認証管理コンソールにログインする際にリスクベースの再認証を定期的に行うことで、管理コンソールにログインしようとするハイジャッカーを阻止することができます。開発中
セキュリティ確認プロンプトによるリスクベースの再認証ユーザーはアカウント内で機密性の高い操作をするハイジャッカーから保護されています。アカウントの名前変更や保存されたパスワードの表示といったリスク評価された操作は、再認証を必須とすることで保護されます。開発中
スプレッドシートコネクテッド シートを使用した Looker データの探索慣れ親しんだスプレッドシートのインターフェースを使用して、LookML のモデルを通してインタラクティブにデータを探索できるようになります。ユーザーは、Looker がサポートする 50 を超えるデータベースからの統制されたデータにアクセスできます。データ探索は直感的で、ビュー、フィールド、メジャーは同じ Looker を提供します。コネクテッド シートのピボット テーブル、グラフ、数式などを通じて、Looker のデータを使用できます。開発中
スプレッドシートタイムライン ビューでのチーム作業の管理スプレッドシートで、新しいインタラクティブなタイムライン オプションを使用してプロジェクトを追跡、視覚化できるようになります。新しいビジュアル レイヤでは、スプレッドシートに保存されたプロジェクトの情報がタイムラインとともに表示されます。これによりマーケティング キャンペーン、プロジェクトのマイルストーン、チーム間のコラボレーションといったプロジェクトとタスクを管理しやすくなります。開発中
スプレッドシートスマートチップを使用してスプレッドシートにカレンダーの予定を挿入するカレンダーの予定をスプレッドシートにすばやく追加できる新しいスマートチップが導入されます。「@」と入力すると、カレンダーから予定を検索し、チップとして直接挿入できます。チップには予定の名前が表示され、操作可能なポップアップ カードが付いています。開発中
スプレッドシートスプレッドシートでのファイルチップの追加スマートチップを使用して、スプレッドシートにファイルを簡単に追加できます。Google ドライブからファイルを検索し、(ファイル名が表示される)チップと実行可能なポップアップ カードとして直接挿入できます。既存のドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイル URL をリンク プレビューから変換することもできます。開発中
スプレッドシートスプレッドシートのリンクのプレビューAndroid 版のスプレッドシート アプリで、ドライブと公開リンクのプレビューを確認できるようになります。ユーザーはリンクをクリックしたときに、より多くの情報に基づいて決定を下せるようになりました。この機能はウェブ版ではすでに提供されています。開発中
スプレッドシートスポイトツールによる色の選択ユーザーは、カラーパレットで新しいスポイト ツールを使用して任意の色を選択できます。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで使用できます。開発中
スプレッドシートAndroid で複数のインスタンスを開くためのサポートを改善ドキュメント、スプレッドシート、スライドのユーザーに対するサポートが改善され、デバイスでモバイルアプリの 2 つのインスタンスを並行して実行できます。この 2 つのインスタンスはそれぞれ独立して動作できるため、ユーザーはアプリに異なるビューを同時に表示できます。リリース済み。詳細
スライドMeet からのスライド画面の共有Meet でスライドのプレゼンテーションを行っているときに、そのコンテンツや管理機能、オーディエンスを 1 か所で確認できます。スライドの [Meet] メニューからプレゼンテーションのセッションを開始すると、ユーザーは [Meet] タブで直接そのプレゼンテーションを管理できるようになります。また、Meet の通話画面から直接スライドの画面を共有したり、[Meet] タブからプレゼンテーションを制御したりすることもできます。開発中
スライドOffice ファイルの編集モードが、サイズの大きな PowerPoint ファイルに対応Office ファイルの編集モードで最大 300 MB の PowerPoint ファイルを開き、編集できるようになります。編集したファイルはドライブに保存されます。開発中
スライドスライド ライブラリからレイアウトを挿入する+ をクリックすることで、新しいスライド ライブラリ ビューからレイアウトを挿入できます。開発中
スライドドメインのスライド ライブラリを使用してブランドのテーマに沿ったプレゼンテーションを作成ユーザーは、ブランドのテーマに沿った高品質のスライド コンテンツをより簡単かつ効率的に作成できます。管理者は、組織全体のユーザーにブランドのテーマに沿ったスライド コンテンツを管理コンソールから配布することで、ブランドの統一性を保てるほか、ユーザーに効率よくスライドを作成してもらうことができます。開発中
スライドスポイトツールによる色の選択ユーザーは、カラーパレットで新しいスポイト ツールを使用して任意の色を選択できます。ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで使用できます。開発中
スライドAndroid の他のアプリからコンテンツをスライドにドロップするテキスト コンテンツと画像コンテンツを他のアプリから Google スライドに簡単にドラッグ&ドロップできます。開発中
スライドAndroid で複数のインスタンスを開くためのサポートを改善しましたドキュメント、スプレッドシート、スライドのユーザーに対するサポートが改善され、デバイスでモバイルアプリの 2 つのインスタンスを並行して実行できます。この 2 つのインスタンスはそれぞれ独立して動作できるため、ユーザーは同時にアプリに異なるビューを表示できます。リリース済み。詳細
タスクドキュメントからのタスクの割り当てドキュメントの編集権限を持つユーザーはチェックリスト項目を割り当てて、その項目が割当先の個人的な ToDo リストに表示されるようにすることができます。開発中
ワーク インサイトChat と Meet のワーク インサイト レポートワーク インサイトが Google Chat と Meet に対応します。ワーク インサイトでは、さまざまな Google Workspace アプリの使用状況、作業パターン、コラボレーションに関する指標を確認できます。リリース済み。詳細
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false