Postmaster Tools のセットアップ

Gmail アカウントへの送信メールを監視する

Postmaster Tools を使用して、個人用 Gmail アカウントへの送信メールに関する情報と、メールの送信に使用するドメインと IP アドレスに関する情報を監視できます。Postmaster Tools 内の情報は、メール送信者のガイドラインメール送信者のガイドラインに関するよくある質問に記載されている、個人用 Gmail アカウントにメールを送信するための Gmail の要件を満たすのに役立ちます。

Postmaster Tools ダッシュボードには、迷惑メール率、評価、メッセージ認証、配信エラーに関する詳細情報が表示されます。各ダッシュボードの詳細については、Postmaster Tools ダッシュボードをご覧ください。

Postmaster Tools を使用するには、Google アカウントまたは Google Workspace アカウントが必要です。Postmaster Tools のデータは、個人用 Gmail アカウントに送信されたメールにのみ適用されます。個人用 Gmail アカウントとは、末尾が @gmail.com または @googlemail.com のアカウントを指します。

Postmaster Tools のセットアップ

ドメインの Postmaster Tools をセットアップする手順は以下のとおりです。次の点に注意してください。

  • プライマリ ドメインとは別にサブドメインのダッシュボードを表示するには、プライマリ ドメインを Postmaster Tools に追加するのと同じ方法で、サブドメインを Postmaster Tools に追加します。プライマリ ドメインを追加して確認した後に、サブドメインを追加することをおすすめします。プライマリ ドメインが確認済みの場合、そのサブドメインの確認は不要です。
  • ドメインの複数のアカウントで Postmaster Tools にアクセスできるようセットアップするには、アカウントごとに個別の DNS 確認レコードをセットアップします。
  1. Postmaster Tools にログインします。
  2. 右下にある追加アイコン Add をクリックします。
  3. 認証ドメインを入力します。
    • ヒント: DomainKeys Identified Mail(DKIM)または Sender Policy Framework(SPF)に対応しているドメインのいずれかを追加できます。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. ドメインの所有権を証明します。
    • このドメインの所有権を証明するには、[所有権を証明] をクリックします。
      • ヒント: 操作後、ドメインの証明ステータスが [証明済み] に更新されるまでしばらく時間がかかることがあります。詳しくは、ドメイン所有権の証明手順をご覧ください。
    • この手順をスキップして証明せずに続行するには、[後で行う] をクリックします。ドメインに関連するデータを表示するには、ある時点でドメインの所有権を証明する必要があります。戻って証明するには、証明するドメインにカーソルを合わせます。その他アイコン 次に [ドメインの確認] をクリックします。

これで、Postmaster Tools ダッシュボードを使用して送信メールを監視する準備が整いました。

Postmaster Tools のセットアップに関するトラブルシューティング

ここでは、Postmaster Tools のセットアップ中に発生する可能性のある問題に対して推奨される対応を示します。

問題 考えられる原因 推奨される対応
ドメインを確認できない。

Postmaster Tools がドメインの DNS サーバーに接続できませんでした。

確認用の DNS CNAME レコードがドメインで見つかりませんでした。

CNAME レコードを変更した場合は、Google で変更が反映されるまで数分お待ちください。

ドメインの DNS レコードで、ドメイン所有権の確認文字列が正しいことを確認します。

新しい文字列でドメインの所有権の確認をもう一度試します。

ドメインへのアクセス権を他のユーザーに付与できない。 対象のユーザーが Google アカウントを持っていません。 追加しようとしているユーザーが Google アカウントを持っていること、そのアカウントに関連付けられたメールアドレスを使用していることを確認します。
1 つ以上のダッシュボードに、ドメインの想定されるデータが表示されない。 1 日のメールの総数が少なすぎる場合、データが欠落している可能性があります。これは、ユーザーのプライバシーを保護するためです。

メールの送信量が増えてダッシュボードに投入されるようになったら、ダッシュボードを再度確認します。

メールを送信する際のベスト プラクティスを以下に示します。

  • あなたからのメールの受け取りを承諾している受信者にのみメールを送信します。
  • 受信者がメールの配信を許可していることを確認します。
  • 受信者の登録を行う前に、各受信者のメールアドレスを確認します。
  • 定期的にメールを送信して、受信者が登録の継続を希望するかどうかを確認します。
  • あなたからのメールを開封していない、あるいは読んでいないユーザーについては、配信登録を解除することを検討します。
  • 簡単に登録解除できるようにします。
  • フィードバック ID を使用すると、受信者によって迷惑メールに分類されることが多いメールの種類を特定できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー