通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

Gmail の迷惑メールと認証

Gmail ユーザー: 迷惑メールの管理

Gmail では不審なメールは自動的に識別され、迷惑メールに分類されます。受信者または Gmail が迷惑メールに分類したメールは、[迷惑メール] から確認することができます。ときには迷惑メールが [迷惑メール] ではなく受信トレイに振り分けられることもありますが、そのようなメールは「迷惑メール」としてマークすれば、以降は同様のメールが自動的に迷惑メールに分類されるようになります。

SPF、DKIM、DMARC 認証 - Gmail では、送受信されるメールが認証済みであることを検証することによってメールを保護しているため、認証されていないメールは迷惑メールに分類されることがあります。メールの認証は、SPFDKIMDMARC を使って行われます。

詳しくは、迷惑メールのマーク付けとマークの解除をご覧ください。

Google Workspace 管理者: Workspace のメール認証

Google Workspace 管理者の方は、組織に対して SPF、DKIM、DMARC を設定することをおすすめします。これらのメール認証方法は、迷惑メール、なりすまし、フィッシングからユーザーとドメインを保護するのに役立ちます。

SPF、DKIM、DMARC について詳しくは、なりすまし、フィッシング、迷惑メールの防止を支援するをご覧ください。

メール送信者とマーケティング担当者: メール送信のベスト プラクティス

メールを Gmail ユーザーに送信する場合(特に、大量のメールを送信する場合)には、ベスト プラクティスに沿って、メールが Gmail の受信トレイに確実に配信されるようにすることをおすすめします。これらのベスト プラクティスに沿うことで、Gmail でメールがブロックされたり、迷惑メールに分類されたりするリスクを下げることができます。

Gmail ユーザーへのメールがブロックされたり迷惑メール扱いされたりしないようにする方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6379593555706727040
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010