Google サービス用の対象グループを設定する

Google サービスに対して対象グループを適用、削除する

サポート対象エディション: Business Standard および Plus、Enterprise、Education Standard と Plus、G Suite Business。 エディションの比較

管理者ができること

  • 対象グループを Google サービスに適用して、ユーザー全員または一部のユーザーに共有先の候補として推奨する。
  • ユーザーのデフォルトの対象グループを設定する。
  • 対象グループを削除して、ユーザーへの推奨を停止する。

詳しくは、対象グループに関する記事をご覧ください。

注: Google サービスには少なくとも 1 つの対象グループを適用する必要があります。デフォルトでは、対象グループを設定できるすべてのサービスに対して、組織内のすべてのユーザーを含む定義済みの対象グループが適用されます。定義済みの対象グループを使用することも、管理者が作成した別の対象グループに置き換えることもできます。

対象グループを Google サービスに適用する前に

  • ユーザー全員または一部のユーザーのために、最大 5 つの対象グループを Google サービスに適用できます。
  • 対象グループをサービスに適用するには、組織部門または設定グループのポリシーを作成する必要があります。ユーザーのアカウントに対象グループを直接適用することはできません。
  • デフォルト(メイン)の対象グループを設定することができ、そのグループはユーザーに推奨する共有先候補リストの先頭に表示されます。リスト内での他の対象グループの表示順を設定することもできます。
  • 対象グループをサービスに適用すると、ユーザーがそのサービスで共有設定を行うときにその対象グループが表示されます。

Google サービスに適用する対象グループをまだ作成していない場合は、対象グループを作成するをご覧ください。

Google サービスから対象グループを削除する前に

対象グループを削除した場合:

  • 現在その対象グループと共有されているアイテムを除き、アイテム(ドキュメントなど)のサービスの共有設定では使用できなくなります。
  • すでにその対象グループと共有されているアイテムには、引き続きアクセスできます。アクセスを防ぐには、対象グループからメンバーを削除するか、対象グループを削除する必要があります。

サービスから対象グループの適用を取り消した後は、その対象グループを完全に削除することができます。

ドライブとドキュメント用の対象グループを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールの左側から [ディレクトリ] "" 次に [対象グループ] に移動します。
  3. [対象グループ] リストで、ドライブとドキュメントに適用するグループ名、またはドライブとドキュメントから削除するグループ名をクリックします。
  4. ページの右上にある [Google サービスに適用] をクリックします。サービスの共有設定が表示されます。

    アクセスするにはサービス設定の管理者権限が必要です。

  5. 対象グループを設定するには、ドライブ ユーザーの共有設定を設定するの手順に沿って操作します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false