Meet をセットアップして組織でリモートワークを行う


すべて開く | すべて閉じる

Meet の利点

ビデオ会議の開始、スケジュール設定、ライブ ストリーム、録画が可能

Google Meet を有効にすると、組織内のユーザーは、ブラウザ、スマートフォン、またはビデオ会議のリンクが含まれている Google カレンダーの予定から会議を開始できます。また、パソコンの Gmail からワンクリックでビデオ会議を開始したり、会議に参加したりすることもできます。

Gmail での利用が可能
Google Meet が有効になっている場合、組織内のユーザーは統合型 Gmail から Meet を利用することができます。統合型 Gmail の設定方法に関する記事をご確認ください。
教育機関での利用が可能
Google Workspace for Education Fundamentals または Google Workspace for Education Plus の管理者の方は、Meet を設定して遠隔学習を行えるようにするをご覧ください。

Meet を有効にして機能を設定する

注: すべてのユーザーに変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。それまでは、一部のユーザーがビデオ通話にアクセスできない可能性があります。

手順 1: Meet のビデオ通話を有効にする

Meet はすべての組織でデフォルトで有効になっています。

Google Meet サービスを有効にすると、ユーザーは組織内でビデオ会議を作成したり、ビデオ会議に参加したりできるようになります。組織で Gmail を使用している場合、ユーザーは統合型 Gmail 環境で Meet を使用することもできます。詳しくは、統合型 Gmail についてのページをご覧ください。

: Meet が有効になっている場合でも、別のビデオ会議サービスを使用することは可能です。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  3. [サービスのステータス] で下矢印アイコン "" をクリックします。
  4. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  5. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

  6. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。
手順 2: ライブ ストリーミングを有効にする
  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  2. [Meet の動画設定] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  4. [ストリーム] をクリックします。
  5. [ユーザーに会議のストリーミングを許可します] チェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

手順 3: 会議の録画を有効にする
  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  2. [Meet の動画設定] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  4. [録画] をクリックします。
  5. [ユーザーに会議の録画を許可します] チェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

手順 4: 電話から参加できるようにする

ユーザーに電話からの会議参加を許可できます。ゲストが電話で会議に参加できるよう、予定と招待状に電話番号が記載されます。ビデオ会議の音声用に電話を使うこともできます。

通話可能なその他の国 / 地域の番号を使った有料通話によるダイヤルインとダイヤルアウトを会議で許可することもできます。詳しくは、Meet グローバル ダイヤルを設定するをご覧ください。

(おすすめ)Meet 用の通話設定を管理される際は、クラウド電話システムとして Google Voice をお試しいただくことをおすすめします。詳しくは、管理コンソールで Google Voice を管理するをご覧ください。

組織で利用可能な Meet の機能を確認する

ユーザーとグループの Meet 設定を確認する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Google Meet] にアクセスします。
  3. [Meet の動画設定] をクリックして展開します。
    Meet の設定のページには、特定のユーザー、グループ、組織部門に対してオンまたはオフになっている機能が表示されます。
  4. 左側でオプションを選択します。
    • ユーザー名で検索するには、[ユーザー] をクリックしてユーザー名を検索します。Meet の設定はユーザーごとに変えられないため、適切な Meet 設定を持つ組織部門またはグループにユーザーを追加します。
    • グループで検索するには、[グループ] をクリックしてグループ名またはメールアドレスを検索します。特定のグループの Meet 機能をオンまたはオフにするには、設定名をクリックして設定を変更し、[保存] をクリックします。
    • 組織部門で検索するには、[組織部門] をクリックし、組織部門を選択または検索します。特定の組織部門の Meet 機能をオンまたはオフにするには、設定名をクリックし、設定を変更して [保存] をクリックします。

注: 通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映ご覧ください。

関連トピック

ビデオ会議の通信品質を維持する

デフォルトの動画品質を設定する
組織部門内のユーザーが使用できる Meet の帯域幅を限定するには、Google 管理コンソールでデフォルトの動画品質を設定します。​
Meet の使用状況と問題を確認する
Meet の使用状況および Meet と関連していると思われる問題の把握には、Meet 品質管理ツールと Google Meet のアクティビティ ログを使用します。

Meet の使用に関するユーザー トレーニング

ユーザーとトレーニング リソースを共有する

組織で Meet を設定したら、ユーザーが Meet を最大限に活用できるように、次のトレーニング リソースを共有します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false