監査と調査ツールについて

Google 管理コンソールでは、監査と調査ツールを使って組織のユーザーと管理者のアクティビティを確認できます。この情報は、ユーザーや管理者による操作の確認や、セキュリティ確保のために使用できます。

プレミアム機能とプレミアム以外の機能への影響

監査と調査ツールのプレミアム以外の機能

プレミアム以外の Google Workspace エディション(Business Starter、Business Standard、Business Plus、Education Fundamentals、Education Standard、Enterprise Essentials) をご利用の場合は、監査と調査ツールの基本機能にアクセスして、ログイベント データを確認できます。

たとえば、次のことを行えます。

  • 複数のフィルタを使用して検索する
  • AND 演算子や OR 演算子を使用する
  • 検索結果をダウンロードする(ダウンロード 1 回につき最大 100,000 行)
  • レポートルールを作成する

監査と調査ツールにアクセスするには、左側のナビゲーション メニューで [レポート] 次に [監査と調査] をクリックします。

注: Google Workspace のエディション、管理者権限、データソースによっては、監査と調査ツール、セキュリティ調査ツールの両方にアクセスできる場合があります。詳しくは、両方のツールにアクセスするをご確認ください。

セキュリティ調査ツールのプレミアム機能

Google Workspace のプレミアム エディション(Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus) をお持ちの場合は、セキュリティ調査ツールの高度な機能にアクセスできます。たとえば、次のことを行えます。

  • 調査を保存、共有、削除したり、調査のコピーを作成したりする
  • ネストされたクエリを作成する
  • 検索をカスタマイズするときに属性別に結果をグループ化する
  • アクティビティ ルールを作成する
  • セキュリティ ダッシュボードに表示される調査に関連するカスタムグラフを作成する
  • 検索結果から他の属性に変更する
  • 検索結果に基づいて対処する

左側のナビゲーション メニューで [セキュリティ] 次に [セキュリティ センター] 次に [調査ツール] をクリックすると、セキュリティ調査ツールにアクセスできます。詳しくは、セキュリティ調査ツールについてをご確認ください。

サービスのアップグレードについては Enterprise Plus エディションに切り替えるを、機能の違いについては Enterprise エディションの比較をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー