ユーザーによる Google アシスタントから Google Workspace へのアクセスを許可する

管理対象の Chromebook では Google アシスタントをご利用いただけません。

組織の管理者は、組織内のユーザーが Google アシスタントを使用して Google カレンダー、Meet、Gmail などのサービスにアクセスすることを許可するかどうかを管理します。ユーザーは、アシスタント デバイスに複数のアカウントをまとめて設定することもできます。詳しくは、Google アシスタント デバイスで複数のアカウントを同時に使用するをご覧ください。

アシスタントは、外出先や在宅勤務で業務に関連する作業を行う際に役立ちます。たとえば、アシスタントは次のような質問やコマンドに対応できます。

  • 現在のミーティングに参加またはダイヤルして
  • 今日のスケジュールを教えて
  • 金曜日の午後 1 時に イベントを作成して
  • 次のミーティングの場所を教えて
  • 明日の最初のミーティングを教えて
  • 午後 1 時のミーティングをキャンセルし、参加者にその旨をメールして
  • 次のミーティングが明日に変更になったことを参加者に伝えて
  • 次のミーティングにメールして、遅刻することを伝えて

Google Workspace へのアクセスを有効にする

Google アシスタントから Google Workspace へのアクセスを有効にするには、管理コンソールで、組織向けに [検索とアシスタント] と [Google Workspace のデータとサービスへの、Google アシスタントを介したユーザー アクセス] が有効になっていることを確認します。詳しくは、検索とアシスタントを有効または無効にするをご覧ください。

Google Workspace で Nest スマートディスプレイとスピーカーへのアクセスを設定する

管理者が特定のサービスを制限すると、ユーザーが使用するアシスタントのスマート ディスプレイやスピーカー(Google Nest Hub、Google Nest Hub Max など)で問題が発生することがあります。この問題を解決するには、Google 管理コンソールで Nest Hub のアクセスを「信頼できる」に設定します。詳しくは、アプリへのアクセスを管理する方法をご覧ください。

該当するサービスのアプリが管理コンソールのリストに表示されている場合:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[セキュリティ] 次に [API の制御] に移動します。
  3. [アプリのアクセス制御] ペインで [サードパーティ製アプリのアクセスを管理] をクリックします。
  4. 管理するアプリの横にあるチェックボックスをオン 次に [アクセス権を変更] をクリックします。
  5. [信頼できる] 次に [変更] を選択します。

アプリが管理コンソールのリストに表示されていない場合:

  1. [アプリのアクセス制御] ペインで [サードパーティ製アプリのアクセスを管理] をクリックします。
  2. [新しいアプリを設定] 次に [OAuth アプリ名またはクライアント ID] をクリックします。
  3. Google Nest Hub」または「Google Nest Hub Max」と入力 次に [検索] をクリックします。
  4. 検索結果のリストで、管理するアプリにカーソルを合わせる 次に [選択] をクリックします。
    : [OAuth アプリ名またはクライアント ID] で設定する場合は、設定するクライアント ID のチェックボックスをオンにしてから [選択] をクリックします。
  5. [信頼できる] 次に [設定] を選択します。

設定は数時間以内またはユーザーがデバイスを再起動した後に自動的に適用されます。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false