Windows® 向けの高度なデスクトップ セキュリティを有効にする

Windows® 向けの高度なデスクトップ セキュリティ サービスの機能を利用するには、最初にサービス自体を有効にする必要があります。このサービスはデフォルトで無効になっています。

: Windows 向けの高度なデスクトップ セキュリティは、現時点では G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Cloud Identity Premium のお客様のみご利用いただけます。

デスクトップ セキュリティを有効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左下の [デスクトップの設定] にある [Windows の設定] をクリックします。
  4. [デスクトップ セキュリティの設定] をクリックします。
  5. [有効にする] を選択します。

次のステップ

デスクトップ セキュリティを有効にしたら、Windows 向けの高度なデスクトップ セキュリティ サービスにユーザーのデバイスを登録する必要があります。

  • Windows 用 Google 認証情報プロバイダをインストールするユーザーのデバイスは、Windows 向けの高度なデスクトップ セキュリティ サービスに自動的に登録されます。概要: Windows 用 Google 認証情報プロバイダをご覧ください。
  • Windows 用 Google 認証情報プロバイダをインストールしないユーザーのデバイスは、サービスに手動で登録する必要があります。詳しくは、Windows 10 デバイスの登録に関する記事をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。