ビデオ通話をオンまたはオフにする

Drive Enterprise エディションをご利用の場合、このサービスを利用するには G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。

G Suite を使用するすべての組織でビデオ会議はデフォルトで有効になっており、Meet や従来のハングアウトを使用できます。

ビデオ通話をオフにしても他のユーザーが作成した Meet のビデオ会議には参加できますが、Meet の会議を新しく作成することはできません。また、従来のハングアウトで、ビデオ通話に参加したり、ビデオ通話を作成したりすることもできません。
 

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google ハングアウト] にアクセスします。
  3. [Meet の設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [ビデオ通話] で、[ビデオ通話と音声通話の発信をユーザーに許可する] をオンまたはオフにします。
  6. [保存] をクリックします。
    組織部門またはグループを設定した場合は、組織の設定を継承またはオーバーライドしたり、グループを設定解除したりできる場合があります。
  7. また、電話による会議参加、会議の録画、大規模なグループへの会議のストリーミングなど、利用可能なビデオ通話の各種機能を管理することもできます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。