特権管理者にパスワードの再設定を許可する

組織の特権管理者は、特権管理者がパスワードを忘れた場合にどのような方法でアカウントを復元できるようにするかを設定できます。

  • アカウントを自分で復元する機能を有効にする: 自分のアカウントに再設定オプションを追加しておいた特権管理者は、ログインページで [パスワードをお忘れの場合] をクリックすることができます。確認コードがテキスト メッセージ、電話、メールでのいずれかで届き、自分のパスワードを再設定する手順を実施できます。
  • アカウントを自分で復元する機能を無効にする: パスワードを忘れた特権管理者は、パスワードを再設定するために別の特権管理者または Google サポートに連絡する必要があります。

特権管理者アカウントを復元する機能は、既存の大部分のお客様および新規のすべてのお客様に対してデフォルトで無効になっています。特権管理者が 3 人未満またはユーザーが 500 人未満の既存のお客様に対しては、従来の設定に合わせてデフォルトで有効になっています。

特権管理者アカウントを自分で復元する機能を有効または無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [セキュリティ次に [アカウント復元] に移動します。
  3. [特権管理者アカウントの復元] をクリックします。
  4. すべての特権管理者に設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。一部の特権管理者にのみ設定を適用する場合は、目的の下位組織部門または設定グループを選択します。
  5. [特権管理者にアカウントの復元を許可する] チェックボックスをオンまたはオフにします。
  6. [保存] をクリックします。
  7. パスワードを再設定するための手順を実施できるように、特権管理者に再設定用の電話番号またはメールアドレスを設定するよう依頼します。
特権管理者アカウントへの不正アクセスを防止する

次の状況が発生した場合は、特権管理者の再設定情報を直ちに削除してください。

  • 特権管理者ではなくなった、または特権管理者が退職した。こうすることで、パスワードを再設定して古いアカウントにアクセスすることができなくなります。
  • アカウントが不正使用され、特権管理者の再設定情報が改ざんされているおそれがある。

特権管理者の再設定情報を削除する場合、あるいは再設定情報がハッキングされていないかを確認する場合は、その特権管理者としてアカウントにログインし、再設定用の電話番号またはメールアドレスを設定するに記載された手順に沿って操作します。

特権管理者アカウントの復元がオフになっている場合

特権管理者のパスワード再設定がオフになっている場合、特権管理者がログインページのパスワードをお忘れの場合をクリックすると、管理者に問い合わせるよう指示するメッセージが表示されます。自分のアカウントにログインできない場合に、特権管理者が別の特権管理者に連絡するための方法が提供されていることを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。